女子ウケ抜群!「アボカド×チーズ」のおもてなし料理5選

ホームパーティーや持ち寄りランチなど「何を作ろうか」と悩みますよね。家族以外の人にふるまう料理は少し緊張するものです。 そんなとき、料理に使っただけで、おしゃれな雰囲気が漂う「アボカド」はとても便利な食材。今回は「チーズ」と組み合わせて、さらに華やかな料理に仕上げます。女子ウケ抜群のレシピをどうぞ。

アボカドとチーズでカニクリームコロッケ風「アボカドチーズコロッケ」

まず最初に紹介するのは、アボカドとチーズの相性の良さを感じられる一品です。「意外性がある料理」というのは、おもてなし料理にはぴったりです。
今回のレシピは、ただのポテトコロッケかと思いきや、一口かじるとクリーミーで濃厚なアボカドの美味しさが味わえ、さらに中からチーズがとろけだすという2つの楽しいサプライズが隠されてます。
楽しい演出のあるレシピですが、作り方はとても簡単。
電子レンジで加熱したじゃがいもをマッシュして、アボカド、カニカマと混ぜ合わせるだけでコロッケのベースは完成。
コクのあるアボカドを入れることで、ホワイトソースを作らずにカニクリームコロッケのような濃厚なコロッケに仕上げます。丸く一口サイズに成型して、ピックを刺してお皿に盛っても食べやすくて好評です。

フライパンで焼き上げた生地も絶品「サーモンとアボカドのサラダピザ」

次に紹介するのは、サーモンとアボカドの色味が鮮やかなサラダピザ。
「生地から作った」と伝えたら、かなり手が込んだものをイメージするかと思いますが、実はフライパンで焼き上げる画期的なレシピです。
ピザ生地をフライパンで焼いたら、マスタードソースを塗り、くし形に切ったアボカドとサーモンを交互に円形に並べます。上にたっぷりたまねぎをのせたら、チーズを効かせたお手製ドレッシングをたっぷりと。お好みでさらにチーズとこしょうを振りかけたら完成です。
チーズドレッシングとアボカドの組み合わせは抜群なので、具材をアレンジして、サラダピザをおもてなし料理の定番にしてはいかがでしょうか。

女子ウケ抜群のキッシュにアボカドを活用!「ワカモレキッシュ」

次に紹介するのは、アボカド入りのキッシュです。
アボカドを2個丸々入れることでコクあって濃厚な生地になるので、とろけるチーズを合わせて焼くだけでしっかりと味が決まります。
パクチーとトマトを入れたアジアンテイストも意外性があって◎。
サクサクのパイ生地と濃厚でクリーミーな生地は食べた人を虜にする美味しさです。
家族みんな、きっとやみつきなってしまう一品です。

生クリームを使わずカルボナーラ風「アボカドチーズパスタ」

次に紹介するのも、意外性のあるおもてなし向きのレシピ。
アボカドとチーズを使ってカルボナーラ風の濃厚なパスタに仕上げます。
アボカドソースの決め手はパルメザンチーズととろけるチーズの2種のチーズを加えること。特徴が異なるチーズを2種類を入れることで、香り高く伸びの良いソースになるのです。
ベーコンの塩気と粗挽きこしょうのピリッとした辛みもよいアクセントになり、食欲を刺激してくれます。
濃厚なソースなので、パスタはフェットチーネやタリアテッレなど太めなものを使うのがおすすめです。

ヨーグルト使用でさっぱり後味の「ささみアボカドグラタン」

最後に紹介するのは、見た目も可愛らしいアボカドカップのグラタンです。
アボカドとチーズのコクのあるソースはささみと絶妙にマッチし、ヨーグルトのほどよい酸味でさわやかな後味が生まれます。
アボカドは切り方次第で食感が変わるので、つぶしてなめらかにしても、ゴロゴロとした食べ応えのある大きさに残してもOK。お好みに合わせて調整ください。
大勢で召し上がる場合は、アボカドカップではなく、大きめの耐熱皿で作っても構いません。ささみをゆで海老に変えても美味しいです。
ぜひお試しください。

アボカドとチーズを使ったおもてなし料理をご紹介してきましたが、いかがでしたか。
普段のご飯とはちょっと違う特別感と華やかさがおもてなし料理のポイントです。
アボカドとチーズは、組み合わせることで華やかさが増す、まさに「おもてなし料理向き」の食材です。
食べ応えもあって、お酒にも合う極上レシピで食卓を華やかに演出しましょう。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部