簡単で美味しい!ブロッコリーとベーコンのやみつきレシピ5選

ブロッコリーといえば、野菜の中でも人気の食材ですよね。そんなブロッコリーのやみつきレシピをご紹介します。今回はブロッコリーの相方としてベーコンをチョイスして、5つのレシピをピックアップしました。 どれも簡単にできるので、どんどん作ってみてくださいね!

朝食の付け合せにもおすすめ「ブロッコリーのにんにくベーコン炒め」

まずはブロッコリーとベーコンの定番料理、にんにく炒めのご紹介です。
作り方もシンプルです。ブロッコリーは事前に電子レンジで加熱して火を通しておきましょう。フライパンでバターとにんにくを弱火にかけ、香りがたったらベーコンとブロッコリーを炒めて醤油、塩、胡椒で味をつければ完成です。
にんにくの旨みがベーコンとブロッコリーに絡み、美味しく仕上がっています。
朝食にも良いですが、夜のおつまみにもぴったりですよ!ぜひお試しください。

ガラベースで旨みをプラス「海老とブロッコリーのマヨソース仕立て」

続いては、海老と組み合わせたマヨソース仕立てのご紹介です。海老、ブロッコリー、ベーコン、マヨネーズと聞いただけで美味しい料理が想像できますよね。
事前に火を通しておいたブロッコリーとベーコンと海老をフライパンで炒め、水と鶏がらスープを加えます。スープが煮立ってきたら、マヨネーズと塩胡椒を加えて最後に片栗粉でとろみづけをすれば完成です!
ブロッコリーは芯まで一緒に料理することをおすすめします。小さくカットすればお子さんでも食べやすいですよ!

とろーりチーズでアレンジ簡単 ほかほか!「チーズポテトのカレー焼き」

続いては、お子さまの好きなカレー味に仕上げたレシピのご紹介です。具材はパプリカ、ブロッコリー、じゃがいも、ベーコンです。
ブロッコリーとじゃがいもはあらかじめレンジで加熱して火を通しておきましょう。これらの具材をカレー粉と醤油で炒め合わせ、最後にチーズをのせてトースターでチーズが溶けるまで加熱すれば完成です。
カレーの味付けにチーズをプラスすることで、ますます食欲がそそる一品ですね!ベーコンとブロッコリーはもちろん、他の具材でもマッチしやすい味付けなので、冷蔵庫に残っている食材からアレンジできる主婦の味方レシピです!

ペペロンチーノの変化球 「ブロッコリーとベーコンのゆず胡椒風味ペペロンチーノ」

続いては、ブロッコリーとベーコンを使ったパスタのご紹介です。ブロッコリーとベーコンはどんなパスタソースにも合いますが、今回はゆず胡椒を使ったペペロンチーノです。
にんにくとオリーブオイルで香りをだしてベーコンを炒め、鶏がらスープの素とゆず胡椒、そしてパスタの茹で汁を加えて乳化させます。ブロッコリーはみじん切りにして、パスタの茹で上がり直前に加えて火を通します。
茹で上がったらフライパンにパスタとブロッコリーを加え、最後に醤油、塩、胡椒で味を調えれば完成です。
ブロッコリーはみじん切りにすることでソースとよく絡み、美味しくいただけます。ゆず胡椒がペペロンチーノのアクセントになりますよ!ぜひ、試してみてください。

醤油とベーコンの塩味がベストマッチ 「アスパラベーコンのクリームスパ」

次はブロッコリーとベーコンに良く合うクリームスパです。ブロッコリーとアスパラは先に茹でておきましょう。
にんにくをオリーブオイルで炒め、しっかりと香りを出してからベーコンを炒めます。脂がでてきたら薄力粉を加えて粉っぽさをとり、牛乳を加えてなじませます。
パスタが茹であがったらコンソメと塩で味を整え、パスタ、アスパラ、ブロッコリーを加えて全体になじませたら完成です。
クリームとベーコンはお子さんが大好きな組み合わせですので、ぜひお子さまのランチにどうぞ。

ブロッコリーとベーコンのレシピはいかがでしたでしょうか。ベーコンの旨みがどんな味付けにもマッチして、やみつきになるレシピばかりでしたね。
ブロッコリーは使い勝手もいい野菜なので、普段の料理にどんどん取り入れたいですね!ベーコンもブロッコリーも冷凍して保存がきくため、いざという時に使えて便利!ぜひ参考になさってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部