気軽に作れる!レタスと豚肉のおもてなし料理5選

ホームパティーや、ママ友の集まりなど、おもてなし料理を出すときに毎回何を作ろうか悩んだりすることありますよね。 そこで今回は、レタスと豚肉という日常的な食材を少しアレンジした、程よいおもてなし感のあるレシピをご紹介します。

油揚げと豚肉が北京ダック風に変身「ピタパンサンド」

高級中華料理としておなじみの北京ダックをご自宅で作るのはちょっとハードルが高いですが、北京ダック風のアレンジなら簡単に作ることができますよ。
カリカリになるまで焼いた油揚げと薄切りの豚肉を合わせると、食感はまるで北京ダック。砂糖、醤油、甜麺醤を合わせて作る甘辛ダレときゅうりを合わせたら、味わいも北京ダックにそっくりです。
油揚げの中に甘辛タレ、炒めた豚肉、きゅうりを詰めたら、レタスとともにパンにはさみましょう。見た目も楽しいパーティーサンドの出来上がりです。
ホームパーティーにもぴったりですよ。

ぽん酢ジュレがオシャレ「豚肉のしゃぶしゃぶサラダ」

おなじみの食材も、アイデア次第で簡単におもてなし料理に早変わりしますよ。使うのは、豚肉、きゅうり、レタス、パプリカ、ミニトマトと、ぽん酢に粉ゼラチン。手軽に手に入るものばかりです。
だし汁にぽん酢と粉ゼラチンを加えたら電子レンジで加熱し、よく混ぜます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めてジュレを作りましょう。
茹でた豚肉は冷水で冷まし、野菜はそれぞれカットします。器に冷しゃぶと野菜を盛りつけ、崩したぽん酢ジュレをかけましょう。
彩りの綺麗な野菜とジュレで、オシャレなサラダの出来上がりです。

まぶした千切りレタスで見た目アップ「豆腐シュウマイ」

ご自宅での手作りシュウマイはそれだけでご馳走ですが、千切りにしたレタスをまぶすと見た目の良さがアップ。おもてなしにピッタリですよ。このレシピでは、豚挽き肉の他に、豆腐、たまねぎも加えてタネを作ります。
美味しくボリュームアップできるのが、嬉しいですよね。豆腐はキッチンペーパーで巻いてから重しをのせ、しっかり水切りしてから使ってください。タネを作ったらレタスをまぶし、耐熱容器に入れて電子レンジで加熱します。
余った千切りレタスも一緒に加熱すると、無駄なく盛りつけに使えますよ。

豚肉とレタスで沖縄風「炒めタコライス」

沖縄名物タコライスをアレンジした「炒めタコライス」は、ケチャップライスに目玉焼きという、お子さまにも人気の味付けです。お子さま連れのお客さまのおもてなしにもピッタリですね。豚挽き肉とたまねぎを炒め、ケチャップ、ウスターソース、カレー粉、塩胡椒で味付けてから、温かいご飯を加えてよく混ぜます。
冷ごはんしかないときは、電子レンジで温めてから使ってください。お皿に盛り、千切りにしたレタスとカットしたトマトを添え、最後に目玉焼きをのせたら完成です。
色の取り合わせが綺麗なので、食卓も華やかになりますよ。

レタスがたっぷり食べられる「ジャージャー麺風パスタ」

ちょっと変わったパスタで、ユニークなおもてなしはいかがですか。このレシピでは、ジャージャー麺をパスタでアレンジします。豚挽き肉としょうが、味噌、醤油、砂糖で作った肉味噌が麺に絡み合って美味しいですよ。
細切りにしたレタスの上に茹でたパスタをのせ、肉味噌をかけてお出しします。
肉味噌が熱いうちによく混ぜて召し上がってください。肉味噌には火を止めてからカットしたニラを混ぜて、彩りよく仕上げるのがポイントです。
レタスがたっぷり食べられるので、野菜不足が気になるときにもオススメのレシピです。

程よいおもてなし感のある、レタスと豚肉のレシピを5つご紹介しました。
今回紹介したレシピは、すぐに手に入る食材を使っているので、急にいらっしゃることが決まったときでも安心ですね。程よいおもてなし感のレシピで、素敵な時間をお過ごしください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1コトコト煮込む!簡単に作れる鶏肉の煮込みレシピ14選Kai
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部