パプリカと卵のおつまみレシピ5選

一年を通してスーパーなどのお店で手に入れることができるパプリカ。赤や黄色、橙色と鮮やかな色を持つパプリカは、料理に加えることで、完成したものの見た目が華やかになりますよね。同じくお店で常に手に入れることができる卵。この2つを組み合わせることで、様々なバリエーションの料理を楽しめますよ。今回はその中でも、おつまみにぴったりなレシピを5つ紹介します。

パプリカと卵のおつまみレシピ1「酸味の効いた香味だれの和風ピカタ」

イタリアの肉料理であるピカタを、にんにくやしょうが、酢を使った酸味の効いた和風香味だれにして楽しめるこちらのレシピ。香味だれが食欲を刺激してくれるので、ご飯やお酒のおつまみにもピッタリです。
卵やパプリカ、豚肉など、バランス良く食材が組み合わされているレシピなので、育ち盛りのお子さまに食べてもらいたい一品としておすすめ。
綺麗に作るポイントは、卵が焼き固まる前に触ってしまうとボロボロになるので、固まるまでじっくりと待つようにする事です。
温かいうちにお召し上がりください!

パプリカと卵のおつまみレシピ2「冷凍ポテトでボリューム満点トルティージャ」

スペインのバルなどでよく口にされている、スペイン風オムレツのトルティージャ。おつまみとして大人気です。
こちらのトルティージャは、冷凍のフライドポテトを使用しているので、下準備の手間が少なく、気軽に作ることができそうです。
じゃがいもをたっぷりと使っているので、お腹も大満足な一品。お子さまも喜んで食べてくれそうですね。卵に少量の生クリームを加えると、コクが出てリッチな味わいに仕上がります。
フワフワとした食感に野菜と卵の旨みが溢れていてGOOD!

パプリカと卵のおつまみレシピ3「ディル香るはんぺんフライ」

あまりメインとならないことの多いはんぺんですが、こちらのレシピではサクッと、そしてフワッとした食感が堪らないフライにする事で、はんぺんをメインの料理として楽しめる一品です。
ディル、タイム、パセリをパン粉と混ぜ、香草パン粉を作ります。溶き卵と薄力粉、香草パン粉をまぶして揚げれば、野菜と共にお皿に盛り付けて完成です。
パン粉は生パン粉を使うとサクサク食感に仕上がり、より食感を楽しめるようになりそうですよ。

パプリカと卵のおつまみレシピ4「肉団子の甘酢あんかけ酢豚風」

おつまみにピッタリな味わいの甘酢あんかけ。このあんかけを肉団子にかけて酢豚風に仕上げました。
トロッとした口あたりと、甘味のある味わいでお子さまも美味しく食べてくれそうです。肉団子は食べやすいように小さめに丸めて揚げます。その後、野菜と揚げた肉団子、調味料をフライパンで炒めてとろみをつければ完成。
彩りが綺麗で、見た目も素敵!お好みで、しいたけ、たけのこ、うずらの卵を入れても美味しく食べることができそうですね。

パプリカと卵のおつまみレシピ5「具だくさん海鮮チヂミ」

あさりや野菜でボリューム満点。外はカリッと中はモッチモチ!おつまみにも、おかずにもなる具だくさんの海鮮チヂミ。海鮮は、いか、えび、あさり。野菜は、にら、パプリカ…と、たくさんの食材が入っていて、様々な味を楽しめそうですね。
綺麗に焼き上げるポイントは、具を混ぜた生地をフライパンに流し入れる際、具を均一にならすように気をつけることです。
チヂミは一度に多くの量を作ることができるので、大人数でも楽しめそうですね。
熱々の美味しいうちにお召し上がりください

いかがでしたでしょうか。
今回は、パプリカと卵を使ったおつまみレシピをご紹介しました。どちらも多くの食材との組み合わせがしやすく、調味料や他の具材との組み合わせで、仕上がりが大きく異なってきます。様々な使い方ができるパプリカと卵の組み合わせで、得意料理を見つけてみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部