レタスと鶏肉で今すぐ作れる!簡単レシピ5選

クセがなく、比較的食べやすい野菜、レタス。パリパリ、シャキシャキの食感とみずみずしい味で、野菜があまり好きではない、というお子さまや旦那さまでも、「レタスなら苦手意識が少ない」という方が多いのではないでしょうか。 よく合う鶏肉と組み合わせて、たれやドレッシングをかけて食べれば、逆にレタスがないと物足りない、と感じてしまうこともありますよね。 今回は、そんなレタスと鶏肉を相性抜群に食べられる、簡単レシピを選んでご紹介します。

特製味噌だれがレタスと相性抜群「鶏肉入り野菜サラダ」

家族の健康を考える主婦としては、色々な野菜が一度に食べられるサラダは、重宝するメニューですよね。
レタスをベースに、もやし、トマト、鶏肉をたっぷり使ったこのサラダ、決め手は味噌を使った胡麻ドレッシング。もやし、レタス、鶏肉と相性抜群で、どんどん箸が進みますよ。
ワカメやアスパラガスなど、お好みの野菜を追加してもおいしくいただけます。レタスをたっぷり食べたい、という時におすすめのレシピです。

たっぷりレタスと簡単鶏肉ミートソース「サラダうどん」

手軽に済ませたいランチや、夜食にピッタリの「サラダうどん」はいかがですか。
うどんだけだと、なんとなく物足りないですが、サラダとミートソースをのせれば、お腹も満足な一品に。ミートソースは手軽に、材料を耐熱ボウルにいれたら、あとは電子レンジにおまかせで簡単に作れますよ。
うどんの上に、刻んだレタス、ミートソース、チーズ、ザク切りトマトをのせれば、できあがり。ボリュームは、うどんの量で調節するといいですね。
冷蔵庫の中にある材料ですぐに作れるので、お子さまの突然のリクエストでも気軽に作ってあげられますね。

きんぴらにレタスと鶏肉を混ぜて作る「きんぴら風アレンジサラダ」

あともう一品が決まらない、そんな時は「きんぴら風サラダ」を作ってみませんか。ごぼうとにんじんのきんぴらは、副菜の定番のひとつですが、そこにレタスと鶏肉を混ぜてサラダに。
いつもとちょっと違う、サラダのようなきんぴら、きんぴらのようなサラダです。
根菜が軽い風合いになり、たくさん食べられますよ。
コツは、いつものきんぴらを作る時に、胡麻油に刻んだにんにくを加えて根菜を炒め、にんにくの風味をつけること。
このレシピは胡麻油と塩胡椒、七味唐辛子で味付けしていますが、味を変えて楽しみたい時や、お子さま向けには、マヨネーズと酢を少し加えて和えてもいいですね。
レタスがほんの少し残っている、という時に使い切るためにも、おすすめです。

鶏とレタスで簡単「シンプル茹で鶏」

次はシンプルに、鶏肉とレタスだけで満足な、メインにピッタリの簡単レシピをご紹介します。
手順は至って簡単、鶏肉を湯がいて、合わせ調味料で味をつけ、レタスの上に盛り付けるだけ。この単純に見える料理のポイントは、鶏肉をおいしく茹で上げることと、合わせ調味料です。鶏肉は茹でるとパサパサしてしまう、というお悩みをお持ちの方も多いかと思いますが、片栗粉をふって、サッと湯がいたら火を止めて、そのまま約3分ほど余熱で火を通すのが、しっとりプリプリに茹で上げるポイント。
合わせ調味料には、台所にある普通の調味料ながら鶏とレタスによく合う、ポン酢と胡麻油を使います。
晩ごはんの食卓にも、おつまみにもぴったりの一品ですね。

つまんで食べる「鶏ひき肉と揚げ春雨のレタス包み」

最後は、持ち寄りパーティーの一品やおもてなしにも活用できる、「鶏ひき肉と揚げ春雨のレタス包み」をご紹介します。
レタスをペリッとはがすと、丸いお皿のような形状になりますよね。ここに、炒めた鶏ひき肉と、素揚げにした春雨をのせれば、できあがりです。
レタスのお皿は手でつまめますし、そのまま食べられるので、オードブルやおつまみにぴったり。
見た目をきれいに仕上げるコツは、春雨を白く揚げること。まっすぐで透明な春雨が、油に入れるとクニャクニャッと曲がりながら太く白くなりますが、色づかないうちにサッと取り出して、油を切るのがポイントです。
このパリパリ、サクサク感が、レタスと鶏ひき肉の組み合わせに、いいアクセントを添えてくれますよ。

レタスと鶏肉、どちらもあっさりした味の手軽に手に入る食材ですが、味付けやドレッシング次第で色々なテイストが楽しめますね。ぜひ、試してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部