ぷちぷち食感に夢中♪明太子&たらこの変わり種レシピ5選

ぷちぷちの食感に独特の塩味がくせになる明太子は生でも、加熱しても、そしてそのままほぐして食べても美味い食材ですよね。 そんな明太子やたらこを使ったいつもとはひと味違う変わり種のレシピを探しました。

熱々ジューシーにいただきます!『チンゲン菜とたらこの厚揚げだしスープ』

チンゲン菜は根元を切り落とし、食べやすい大きさに切り、厚揚げはお好みの大きさに、たらこは薄皮を取っておきます。
鍋にだし、醤油を入れ中火で沸騰させたら、具材を入れて、3分ほど煮ます。たらこがほぐれるようによく混ぜあわせて、水溶き片栗粉を鍋に入れます。
この時、片栗粉はすぐに固まってしまうので回し入れるようにしてくださいね。少しとろみがついたら盛り付けて完成です。
とろみがあることで、ほっこり、体の芯から温まるスープ。
お好みで刻んだ青ねぎなどをちらしても美味しく召し上がっていただけます。

お手軽にヘルシーおつまみが完成『大根と明太子のサンド』

野菜を使ってなにかパンチのあるレシピをもう一品。そんなときにオススメのレシピがこちらです。
おつまみにもぴったりの和風サンドは明太子のしょっぱさと大葉のさわやかな香りがぴったりです。大根は薄切りにし、大葉は粗めのみじん切りにしておきます。明太子の中身を取り出して、大葉とあえます。
しっかりと混ざったら、大根に塗ってもう1枚の大根でサンドしましょう。器に盛り付けたら、かつお節をのせるだけで出来上がりです。とても簡単なのに、シャキシャキの大根とぷちぷち明太子の食感もくせになるレシピ。
完成後にカットすると、より食べやすくなりますが明太子がはみ出さないよう要注意!

鶏肉で上品さがアップ!『明太子を使った和風麻婆豆腐』

麻婆豆腐が食べたいけど、いつもと同じレシピだと変わり映えしないとお悩みの方は鶏肉と明太子で作る新しい麻婆豆腐はいかがでしょう。
絹ごし豆腐を耐熱容器に入れて、500Wのレンジで1分30秒加熱します。明太子は薄皮を取って身を出しておき、鶏ひき肉は小さめのボウルに入れ、料理酒をふり下味をつけたら下ごしらえが完了です。
フライパンにサラダ油、しょうがを入れて熱したら材料を入れていき、最後に調味料を入れて大きくまぜてとろみをつけます。
だまにならないよう、水溶き片栗粉を入れてからはスピード勝負ですよ!
仕上げに万能ネギを散らして和風麻婆豆腐の完成です。

ナッツがアクセント!『いんげんとアーモンドのめんたいマヨ和え』

相性の良い明太子とマヨネーズに変わり種のアーモンドをプラスしたのがこちらのレシピです。アーモンドをいれることで歯ごたえもパワーアップします。
火を使わなくてもさっと作ることができるので、忙しい時に便利な一品ですね。まずはアーモンドを袋に入れ、綿棒で細かく砕きます。いんげんは端をとり、斜め切りにしたら耐熱ボウルに入れ、ラップをして600Wのレンジで1分加熱します。
混ぜておいたマヨネーズ、牛乳、薄皮を取った明太子といんげんをよくあえたら、アーモンドを入れて出来上がり。
マヨネーズからさらに牛乳を入れることでマイルドな味わいに仕上がっています。

ひんやり麺にぷちぷち食感をプラス♪『トマトタラコだれそうめん』

さっぱりしたそうめんのつゆに野菜をどっさり入れるので、夏に食べたくなる簡単レシピです。
たらこは1cm幅に、トマトは1cm角に切ります。かいわれ菜はシャキシャキとした食感が失われないように、沸騰したお湯でさっと30秒ほど茹でて冷水にとり、水気を絞って2cm長さにカットします。器にたらこ、トマト、かいわれ菜を入れてめんつゆを注いで混ぜましょう。

たらこの食感を大事に残すために、そっと混ぜるのがポイントです。そうめんとタラコの組み合わせは変わり種ですが、絶妙に美味しくなります。袋の表示通りの時間で茹でたそうめんは、もみ洗いして水気をきります。
具材と一緒にそうめんを食べると、食感や味の違いを楽しむことができますね。

明太子の塩みがあるから、意外と味付けの調味料が少なくすむのもこの変わり種レシピの特徴ですね。
おつまみから主食までこんなところに明太子が!という嬉しい驚きにあふれたレシピを試して、あなただけの美味しい明太子の味を見つけてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部