春雨サラダがデパ地下惣菜に! 豪華見えレシピ5選

常温保存ができ、必要な時に必要なだけ水で戻しして使える春雨は、家計の味方です。きゅうりやハムを細切りにして和えたシンプルな春雨サラダもおいしいですが、デパ地下惣菜にも引けを取らないレシピをご紹介しますので、ぜひお試しください。

カニカマと錦糸卵で鮮やかに「春雨のさっぱりサラダ」

まずは、いつもよりほんの少しだけ豪華にしたレシピをご紹介します。
ゆでた春雨・細切りのきゅうり・裂いたカニカマ・錦糸卵をボウルで合わせ、酢・醤油・砂糖・ごま油・鶏ガラスープの素を混ぜた合わせだれで和えます。全体が混ざったら白ごまをふって完成です。
カニカマをカニ缶に変え、きくらげを加えれば、さらにグレードアップ!さながら本格中華の前菜です。
彩りがきれいなのでお弁当にもぴったり。春雨は少しかためにゆでると、汁が出にくくなります。

ピリ辛お手軽エスニック「えびと春雨のサラダ」

春雨はエスニック料理でも良く使われる食材です。プリプリのえびと合わせれば、食感のコントラストも楽しめる、エスニック風サラダが簡単に作れます。
えびは下処理をしてお湯でゆで、ざるに上げて水けを切り半分に切ります。えびをゆでたお湯で、続けて春雨をゆでます。固めにゆでたらざるにとり、流水で洗って水けを切り、食べやすい長さに切ります。ボウルにケチャップ・レモン汁・豆板醤などの調味料とみじん切りにしたたまねぎを混ぜ合わせ、ゆでた海老と春雨を加えて和え、器に盛って小ねぎを散らせば完成です。

レモンの香りが爽やか「シーフードと春雨のタイ風サラダ」

タイの春雨サラダ「ヤムウンセン」。暑い国ならではのカラフルな色合いと酸味と甘みのあるピリ辛味は、見ても食べても元気が出てきます。
フライパンにお湯を沸かす、シーフードミックスをゆで、続けて同じお湯で春雨もゆでて、食べやすい長さに切ります。ボウルにスイートチリソース・砂糖・鷹の爪・レモン果汁・ナンプラーを混ぜ合わせ、ゆでたシーフードミックスと春雨、カットしたにんじん・紫たまねぎ・小ねぎ・パクチーを混ぜ合わせたら出来上がりです。

おかずにもなるガッツリサラダ「春雨入りエスニックサラダ」

がっつり食べたい育ち盛りのお子さまに作ってあげるならこちらのレシピがおすすめ!豪華な見た目でパーティーにもおすすめです。
牛肉はにんにくを効かせたピリ辛だれに漬け込んで、フライパンで炒めます。牛肉に火が通ったらゆでた春雨を入れて、汁気が飛ぶまで炒めます。たまねぎ・かいわれ・サニーレタス・トマトとともに、お皿に彩り良く盛りつけたら、砕いたピーナッツを散らしていただきます。
牛肉の旨味とエスニックな漬けだれが春雨にしっかりしみ込み、箸が止まらなくなるおいしさです。

パリパリ食感が楽しいワンハンドサラダ「鶏ひき肉と揚げ春雨のレタス包み」

最後にご紹介するのは、豪快に手に持って食べられる新感覚のサラダです。
フライパンに油を熱し、みじん切りにしたたまねぎとにんにくを炒めます。しんなりしたら鶏挽き肉を加え、色が変わったらピーマンを加えて炒め合わせます。カレー粉を加え香りが立つまで炒めたら、水を加えて煮立て塩胡椒で味を調えます。水溶き片栗粉でとろみをつけたら、揚げた春雨とともにしっかり水をきったレタスで包んでいただきます。
おもてなしなら、一人分ずつカラフルなクッキングシートでハンバーガーのように包むと、さらに楽しく、食べやすくなります。

エスニックやワンハンドサラダなど、春雨を使ったサラダレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。ご紹介したレシピを参考に、普段の献立やおもてなし・記念日等のメニューなどにお役立ていただければ嬉しいです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部