豪華なのに簡単なきゃべつレシピ5選

きゃべつは安売りの時や、野菜不足の時に購入しやすい野菜です。しかし、丸ごと買って、余らせてしまった!という方も多いのではないでしょうか。きゃべつは千切りや炒めるだけでは飽きてしまいますが、一手間加えるだけで、豪華なメニューに変わります。今回はそんなきゃべつを美味しく沢山頂ける簡単レシピをご紹介します。

簡単なきゃべつの千切りが豪華なおかずに大変身!『キャベツの肉巻き』

食べてる内に飽きてしまって、余りがちなきゃべつの千切りは、塩もみで一工夫!
水気を切った千切りきゃべつを豚肉ロースの薄切りにくるくる巻いて焼くだけでできあがり。味付けも醤油とみりんで絡めるだけなのでとても簡単です。
夕飯のおかずとしては勿論、おつまみや、お弁当の一品に使ってもGOODです。きゃべつの千切りが余ってしまった時にぜひ作ってみてくださいね。

レッドきゃべつで食卓が彩を彩り豊かに。簡単に作れる『レッドキャベツのピッツア』

レッドきゃべつは脇役として使われることが多いですが、主役にする事で食卓に華を添えてみませんか。
強力粉と薄力粉をボウルの中でこねて30分寝かせ、生地を作ります。その間に材料を和えるだけなので意外と簡単に作ることができますよ。
チーズやブラックオリーブが味をまとめてくれるだけでなく、紫玉ねぎと、レモンスライスが味をさっぱりと整えてくれます。最後に残り半分のきゃべつを乗せる事で、きゃべつのシャキシャキ感も楽しめます。あぶった赤唐辛子を添えることで、仕上がりがより本格的になります。
ホームパーティーでも食卓を豪華に演出できそうですね。何より、大人からお子さままでサラダ感覚でパクパク頂けるところが嬉しい一品です。

煮込んでおいしいミルク味のスープ 『キャベツたっぷりクラムチャウダー』

煮込み料理は、きゃべつをたくさん消費できる王道の調理法ですよね。しかし、同じ味になりがちなきゃべつの煮込み。そこで、バターで炒めたあさりの旨味で、きゃべつの甘味をさらに引き立て、見た目も味も豪華に仕上げてみませんか。
きゃべつとあさりをたった2分炒めるだけなので簡単です。繋ぎに薄力粉を使って、ミルクを加えて出来上がり。
コクがあるのに、きゃべつが入っているのであっさりと仕上がります。こんな優しい味のクラムチャウダーが朝ご飯に出てきたら、朝から幸せな気持ちになれそうですね。

少しの手間で簡単にプロの味?!『香ばしいキャベツと豚肉の焼きソバ』

市販の麺を使い、少し手を加えるだけで、本格的なきゃべつ焼きそばが出来ます。
コツは豚肉に下味をつける事と、調味料を合わせておく事。豚肉は、酒と醤油で味を付けておき、片栗粉で下味を閉じ込めておきます。全ての材料を炒めたら、最後に合わせ調味料を回し入れるだけ。
フライパンからたち込める香りが、まるでお店で食べる焼きそばのようです。時には一手間をかけて豪華な焼きそばを作ってみませんか。

定番!丸ごと煮込んで豪華で簡単!『 まるごとロールキャベツ』

1枚づつ剥がしてタネを巻いて…と大変な手間をかけずに作れる豪華で簡単なロールキャベツです。
きゃべつの芯から中身をくり抜きます。タネはみじん切りの玉ねぎと合挽き肉をまぜるだけ。片栗粉は生地の繋ぎとして使います。味付けもニンニク、生姜、塩、胡椒とシンプルなので簡単。ナツメグは肉の臭みを消してくれます。タネをきゃべつに詰め込んで、レンジで火を通しておいた玉ねぎで蓋をします。にんじんと合わせて鶏ガラの素で煮込むこと30分。
切り口も豪華なロールきゃべつの出来上がりです。

つい、余らせてしまいがちなきゃべつですが、簡単に手を加えるだけで豪華な一皿に仕上がります。ほんの一手間で、美味しくたくさん食べられるので、野菜嫌いのお子さまや、野菜不足な旦那さまがいるご家庭にもおすすめです!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部