じっくり煮込んで染み出す味を堪能!大根と豚肉の煮物レシピ5選

あっさり味からこってり味まで、煮汁と大根に旨みをたっぷりと染み込ませた煮込みメニューで体ポカポカ、お腹も大満足! ボリューミーでご飯にも合う、絶品レシピを5つピックアップしてみました。

ご飯がすすむピリ辛の味付け『豚肉と大根のオイスターソース煮』

中華風の味付けでご飯がすすむオイスターソース煮は、お酒のおつまみにもぴったりです。ポイントは落し蓋をしてしっかりと味をしみこませること。
落し蓋がない場合はアルミホイルで代用してくださいね。
ピリ辛味の決め手となるのは、にんにく、しょうが、唐辛子のトリオ!
みじん切りにして炒めて香りを出すことで、旨みとコクが格段にアップしますよ。大根は10分間下茹ですることで苦味やアクを取り、味がしみ込みやすくなるので忘れずに。
にんにく、しょうが、唐辛子、豚肉を炒めたら味付けは醤油、砂糖、水、料理酒、オイスターソース、顆粒鶏がらスープの素で。煮立たせたら最後に大根を加えて、どうぞめしあがれ。

たっぷり具材の食べるスープ『とろとろ大根の豆乳スープ』

具材たっぷりで食べ応えのあるスープをご紹介します。
食欲がないときにもオススメですよ。長時間煮込むレシピではないので、大根はなるべく薄切りに。火が通りやすくなるうえ、あっさり仕上がります。豚肉はごま油で炒めることで香ばしさがアップします。豚肉の色が変わったところで大根を加え、透き通るまで炒めましょう。水、調整豆乳、めんつゆ、顆粒和風だしを中火にかけて煮立たせ、豚肉に火が通ったら完成。小ねぎを散らしていただきましょう。きのこやお好きな野菜を加えてよりボリューミーにアレンジしてもおいしくいただけます!

肌寒い時に♪体ぽかぽか『ふわふわ肉だんご』

大根をつなぎに使ったふわふわの肉団子レシピをご紹介します。
ふわふわ肉だんごは鍋の具材にしてみたり、焼いてみたり、中華風やトマトソースに入れたりと、味をアレンジしやすい万能レシピです。大根は皮をむいてすりおろし、ザルにあげて5分ほど水切りをしましょう。この時切った水分は、味噌汁のだしに加えるなど捨てずに活用することもできますよ。
水切り後の大根の目安は200g程度です。塩と酢を加えて大根おろし酢を作ったら、1/4量を肉団子にします。豚ひき肉、卵、薄力粉、味噌と混ぜて良く練り混ぜましょう。鍋に調味料を合わせて中火で煮立て、肉団子はスプーンで丸めて落とし入れましょう。
10分煮たら、残りの大根おろし酢をのせて絡めていただきます!

みずみずしい大根と豚肉のコクに大満足『大根と春菊の豚バラクッパ』

汗をかきながら熱々のうちにいただきたい、韓国料理クッパをご自宅で作ってみましょう。
春菊の苦味がアクセントになって美味しさアップ!味付けのポイントはマヨネーズを入れること。
コクがプラスされて辛味が少しだけまろやかになりますよ。調味料を鍋に入れて中火にかけたら、豚肉と大根を煮てから白飯と春菊、小ねぎを加えてひと煮立ちさせます。春菊はあまり煮込まないようにすることで、彩りもあざやかなままキープできますよ。ご飯は入れずにスープとしていただいたり、麺と合わせるのもオススメです。
辛さ控えめでいただきたい場合は、春菊、白飯を加えるタイミングで生卵を落としてもおいしいですよ。

彩りが美しいかさましレシピ『キャベツ巻き』

カラフルな具材をキャベツでくるりと包んだ、おもてなしにもぴったりの一品。
さまざまな野菜と豚肉、昆布の歯ごたえも楽しめます。細切りにしたにんじん、大根、豚肉は強火で1分半下茹で、キャベツは巻きやすい柔らかさにないるよう1分半下茹でします。キャベツはできるだけ破れないようにむいて、大きめの鍋で均一に火が通るように茹でてくださいね。
キャベツを広げたうえに具材をのせて、端から巻いていきます。崩れないように煮るためのポイントはクッキングペーパーを巻いてからタコ糸で結ぶこと!
味がしみやすくなるようクッキングペーパーの横に切り込みを入れると、美味しく仕上がりますよ。

スープから副菜、主食メニューに至るまで、味付けもさまざまなレシピを集めてみました。
安価でいつでも手に入る大根と豚肉のレパートリーを増やしておけば、献立に困ることも減るのではないでしょうか。
お好みのアレンジも加えて、マイレシピを作ってみるのも楽しそうです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部