豪華見えして簡単に作れる!魚料理5選

豪華な魚料理で思い出されるのは、日本では寿司や刺身でしょうか。それ以外にもパーティーやおもてなしにぴったりな魚料理はたくさんありますね。ここではその中から、簡単に作れるものを選んでご紹介します。

切って混ぜるだけで簡単&豪華「ピリ辛まぐろユッケ」

まずは、まぐろの刺身を韓国風にアレンジしたメニューをご紹介します。
まぐろは一口大に切り、にんにくやコチュジャンを効かせた甘めのピリ辛だれに漬け込みます。
食べる直前に一口大に切ったアボカドとプチトマトと絡め、器に盛りつけて中央に卵黄を落とし、貝割れ大根といりごまを散らして完成です。
しっかり味の付いたまぐろを卵黄に絡めていただけば、うま味とコクたっぷり。
赤身のほうが味がよくなじむので、お手頃価格のまぐろでも十分おいしく作れます。

デパ地下風魚料理「レモン香るサーモンのカルパッチョ」

カラフルで彩りが美しいデパ地下のお惣菜。おうちでも作れたらうれしいですね。このレシピならお料理は苦手という方でも、簡単に作れます。
玉ねぎは薄くスライスし、水にさらした後水けをしっかり切ってお皿に盛りつけます。玉ねぎの上に薄く切ったサーモンを並べ、レモン汁、塩、オリーブオイル、パセリのみじん切りを混ぜたソースをかけます。黒胡椒ふり、くし切りのレモンを添えれば出来上がりです。
うま味たっぷりのサーモンを、レモンの香りと酸味がさっぱりとさせるため、ついつい箸がすすみますよ。

洋風アレンジで豪華な一皿「ぶりのステーキオニオンソース」

冬の味覚ぶりは、刺身や照り焼き、ぶり大根と和食のイメージが強い魚。しかし、脂が乗って引き締まったその身は、和食だけでなく洋風のステーキにしてもおいしくいただけます。
ぶりは塩胡椒で下味を付け、薄力粉を薄くまぶします。フライパンにオリーブオイルを熱し、ぶりと輪切りの玉ねぎをソテーします。
ぶりに火が通ったら、ぺーパータオルで余分な油を拭き取ります。ケチャップとウスターソースなどの調味料を混ぜた合わせだれを加えて味をなじませたら、器に盛りつけてゆでたアスパラガスをのせ、完成です。
ソースをからませるときは、ぶりの身が崩れないよう優しく扱ってください。

切り身を使って簡単キレイ!「かれいのアクアパッツア」

魚介の旨味を存分に味わえるアクアパッツアは、豪華に見えるのに作るのは意外なほどに簡単です。
フライパンにオリーブオイルを熱し、しょうがとにんにくを香りが立つまで炒めます。かれいを並べ、水と砂抜きしたあさりを入れてふたをし、あさりの殻が開くまで蒸し焼きにします。塩・胡椒で味を調え、オリーブとミニトマトを加えてパセリを散らせば出来上がりです。
具を食べ終わった後はご飯を加えてリゾットに、ゆでたパスタを入れてスープパスタにと2度楽しめるのも魅力的なメニューです。

テーブルに豪華な華を添える「ちらし寿司ケーキ」

日本では、古くからハレの日のごちそうとして親しまれてきたちらし寿司。おもてなし料理としても定番です。そのちらし寿司を豪華にアレンジ!パーティーの〆にふさわしい華やかなレシピをご紹介します。
細かく切ったサーモンと甘えびをわさび醤油に漬け込んで、セルクルに詰めたご飯の上に敷き、さらに上にご飯を詰め込みセルクルを外します。上に錦糸卵を乗せ、いくらを散らして絹さや、バラの形に整えたサーモンを飾れば完成です!
大きなものを作って、切り分けていただくのも楽しいですね。

和食・洋食・韓国風と簡単で豪華な魚料理をご紹介しましたがいかがでしたか。いずれも見た目が華やかでおもてなしや記念日のメニューにぴったりです。参考にしていただき、豪華な食卓づくりのお役に立てればうれしいです。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部