食卓をカラフルに!パプリカと卵を使ったごはんものレシピ5選

手に入りやすく何にでも合わせやすい卵と、色彩豊かなパプリカ。今回は、パプリカと卵を使った、ごはんもののレシピを集めてみました。彩りもボリュームもまさに主役級。今日の献立のメインにいかがですか。

パプリカと卵でイタリア風「ライスサラダ」

米を使うことでボリューム満点に仕上げたライスサラダは、パーティーメニューとしても、簡単に食事を済ませたい時の献立としてもおすすめ。
カラフルな見た目が食卓を彩ってくれます。具材はパプリカ、グリーンピース、米、ゆで卵、イタリアンパセリ、ツナ。味付けはオリーブオイルと塩胡椒、レモン汁でシンプルに。材料をよく混ぜたら、冷蔵庫で冷やしましょう。野菜がしっかり摂れるのが嬉しいですよね。レモン汁の代わりにマヨネーズを使うと、ツナマヨ風味にアレンジできます。

パプリカと卵が彩り鮮やか「基本の中華風チャーハン」

人気メニューのチャーハンも、パプリカを入れることでグッと彩り豊かになります。ここではベーシックな味付けのレシピをご紹介します。
ウインナーとパプリカを炒めた後、溶き卵を加え、半熟になったらご飯を入れましょう。鶏ガラスープの素、塩胡椒、マヨネーズ、醤油を加えながら炒め、最後にレタスを投入。レタスが少ししんなりしたら完成です。
全体をマヨネーズでコーティングするイメージで、まんべんなく混ぜ合わせながら炒めるのがコツですよ。シンプルなチャーハンとパプリカの相性は抜群。
見た目や食感を楽しみながら味わってみてくださいね。

洋風リッチな味付けが美味しい じわシャキ「豚バラ肉のコンソメチャーハン」

続いてはコンソメで味付けをする洋風のチャーハンです。温めたフライパンでバターを溶かし、ニンニクを炒めて香りが立ったら、豚バラ肉と赤パプリカを加えます。
フライパンにスペースを作って溶き卵を流し入れ、炒り卵を作ったら温かいご飯を加えて切るように混ぜます。
ご飯と具が馴染んだら、ここでコンソメを加えます。最後にレタスを投入し、鍋肌に醤油を回しかけ、ざっと和えたら完成です。バターとコンソメが効いたコクのある味わいになりますよ。

定番に飽きたら「パプリカと卵の和風ガパオライス」

タイ料理の定番のガパオライスですが、実は和風にアレンジしても美味しいです。
使う調味料は砂糖、胡椒、オイスターソース、ナンプラー。にんにく、玉ねぎ、パプリカ、たけのこ、ぶなしめじを炒め、玉ねぎが透き通ってきたら、鶏ひき肉を加えて炒めます。調味料を入れて水分をとばし、青じそを加えます。味の調整には塩を使いましょう。
白ごはん、目玉焼きと一緒に器に盛り付け、仕上げに千切りにした青じそを。鶏ひき肉を炒める時は、ポロポロになるよう意識してください。
たけのこをはじめとした和の野菜が、エスニック風味と絶妙にマッチします。

ゆで卵がアクセント「パプリカ入りそぼろごはん」

ふわふわのそぼろがおいしい、そぼろごはん。お子さまにも大人気ですよね。ごはんが進むエスニック風のピリ辛アレンジはいかがでしょうか。
にんにく、にんじん、鷹の爪、豚ひき肉を炒め、ひき肉の色が変わったら、玉ねぎ、パプリカ、アスパラガスを加え、さらに炒めます。料理酒、ナンプラー、オイスターソース、砂糖、バジルを入れて混ぜ合わせ、ごはんにかけたら出来上がり。最後にゆで卵をのせると、彩りの良い本格的な見た目になりますよ。
おいしく作るポイントは、バジルに火を通しすぎないこと。最後にバジルを加えて、風味が損なわれるのを防ぎましょう。具材たっぷりのレシピでボリューム感も満点。しっかり食べたい時におすすめです。

パプリカと卵を使った、ごはんもののレシピをご紹介しました。パプリカも卵も栄養価に優れ、健康や美容に気を遣う人にとって嬉しい食材。ぜひ普段の食卓に取り入れてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部