スピーディーに作れるじゃがいもと牛肉の簡単レシピ5選

じゃがいもと牛肉といえばまず「肉じゃが」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 しかし、じゃがいもと牛肉の絶品コンビには実に幅広いレパートリーがあるのです。 今回はなるべく手間の掛からない、ササッと簡単に作れる、じゃがいもと牛肉を使ったお手軽レシピをご紹介します。

ご飯が進む!『お手軽 牛肉とじゃがいもの甘だれ炒め』

にんにくの香りと甘辛い味が食欲をそそるので、ガツンと食べたいときにおすすめのレシピです。
まず、一口大に切ったじゃがいもを電子レンジに入れて加熱しておきましょう。牛肉をごま油でサッと炒め、砂糖を絡めます。そこに柔らかくなったじゃがいもを加え、醤油・料理酒・みりん・すりおろしたにんにくで味を付けます。
汁気が飛ぶまで炒めたら塩こしょうで味をととのえ、皿に盛り付けて白ごまと青ねぎをかけて完成。
じゃがいもの硬さををつねに確かめながら調理するのが、おいしく作るコツです。

醤油が隠し味に!『簡単!ビーフシチュー』

炒めて煮るだけのシンプルな、手作りソースのビーフシチューです。じゃがいも・にんじん・たまねぎを切って、柔らかくなるまで鍋で煮こみます。フライパンにバターを溶かし、薄力粉とケチャップを入れて炒めましょう。
赤ワインと、鍋の野菜の煮汁を加えて、だまにならないようにのばしたらソースが完成。
そのソースと、ケチャップを揉み込んだ牛もも肉の薄切りを加え、牛肉に火が通るまで煮ます。
最後に醤油を隠し味として加え、胡椒をふれば出来上がりです。

電子レンジでおいしい時短おかず『塩麹肉じゃが』

電子レンジを使った下処理によって煮込む手間を省いた、調理時間わずか20分というスピード・レシピです。
まずは牛肉の細切れと塩麹を混ぜてよくなじませます。その間に、じゃがいも・にんじん・糸こんにゃく・しめじを切って耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて加熱します。
大きめの鍋に加熱した具材、すりおろしたしょうが、牛肉の順に入れ、牛肉の色が変わるまで煮たら、最後に醤油と砂糖で味を調えたら完成。
塩麹・醤油・砂糖の割合を1:1:1に揃えるのがコツです。

炊飯器マジックのスピードシチュー『時短ビーフシチュー』

炊飯器におまかせで、手軽に作れてしまう、忙しい主婦のためのビーフシチューをご紹介します。
調理後そのまま保温をしておくことも可能なので、家族の食事する時間がバラバラになりがちなご家庭に重宝しそうなレシピですね。
皮付きのじゃがいも・にんじん・たまねぎを切って、牛肉の細切れと水を一緒に炊飯器に入れ、早炊きモード(約45分)で炊きます。その後、にんじんに竹串を刺してまだ固ければ、再度早炊きで10分ほど炊いてください。炊き上がったら炊飯器を保温にし、ビーフシチューのルーを割り入れましょう。
ルーをよく混ぜて蓋をし、10分ほど保温のまま蒸らして完成。ご飯がない場合は、バゲットなどと一緒にどうぞ!

染み出る牛肉のうまみ!『ほくほく 具だくさん肉じゃが』

最後にご紹介するのは、30分で簡単にできる、おいしい肉じゃが。
牛肉の薄切り・じゃがいも・たまねぎ・にんじん・しらたきを、それぞれ食べやすい大きさに切ります。鍋にごま油をひいて牛肉以外の具材を中火で炒めましょう。
軽く火が通ったら具材がかぶるくらいの水と牛肉を入れて、醤油・料理酒・みりん・はちみつで味を付け、蓋をして15分ほど煮ます。水気が無くなったら、ゆでたさやえんどうをのせて出来上がり。
じゃがいもに甘辛い味がギュッと染みて、ご飯が欲しくなる和風の定番おかずです。

牛肉とじゃがいもは火加減が難しいケースもありますが、電子レンジや、炊飯器を使えば、アイディア次第で簡単に美味しく仕上がりますよ。
忙しい時も、短時間で、ワンランク上のおいしい料理を作ってみませんか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部