パパッとできるのにどれも絶品!大根と豚肉の簡単レシピ5選

豚肉のジューシーな美味しさを大根と合わせてシンプルに、かつ極上の味に仕上げたレシピを5つピックアップしてみました。 毎日の食卓やお弁当、おもてなしやおつまみにと、あらゆるシーンにもマッチするものばかりですよ。

大根の葉も使って栄養たっぷり『豚挽き肉のレタス包み』

大根は葉が落としてあるものをついつい買ってしまうという方も、多いのではないでしょうか。このレシピを知ってしまったら、今度からスーパーで葉つきの大根を探してしまうかもしれませんよ。
油を使わないレシピで、レタスにのせていただくので、野菜もたっぷり食べられます。女性に喜ばれるポイントが詰まったレシピですよね。
醤油と料理酒でシンプルに味付けしていますが、赤唐辛子をプラスすると一気にお酒に合うおつまみに変身しますよ。ぜひお試しください。

彩が美しいかさましレシピ『キャベツ巻き』

肉だけを野菜で巻いてがっつりしたメニューも良いですが、こちらは見た目の美しさにもこだわっています。
にんじん、大根、豚肉、昆布と色鮮やかな具材をキャベツにのせる時は、カットした面を想像しながら美しく重ねてみましょう。
また、味をしっかりと染み込ませるために、キャベツに巻いたクッキングペーパーは横に切れ目を入れることをおすすめします。
だしと豚肉の味が中までしっかりとしみた和風ロールキャベツ、おもてなしの一品のしても活躍します。

ピリ辛肉味噌でコクうまおかず『大根ステーキの坦々みそがけ』

こちらも大根を葉までフル活用した一品です。一度茹でた大根は、両面をこんがり焼くことでこれまでにない新鮮な食感になります。
下茹でした後しっかりと水気を切ることで、坦々みそとの味なじみも良くなります。豚挽き肉を炒めるときは酒炒りにすることで、油を使わずにすむのが嬉しいですね。
できあがった坦々みそは、大根のほか、焼いたなすや豆腐の上にかけるのもおすすめです。
もちろん、うどんやご飯にかけてもお箸が止まらなくなりますよ。

パパっとできるボリュームおかず『大根の豚肉巻き甘辛煮』

甘辛の調味料をじっくりと煮詰めて味を染み込ませた、こちらのレシピ。
ついつご飯が進んでしまいそうですが、大根と一緒に食べることで満足度も高くなり、食べ過ぎ防止にも役立ちます。
薄力粉をまぶしてから閉じ目を下にして焼くことで、豚肉がはがれてしまう心配もありません。
焼き目も美味しさのポイントになるので、煮詰める前に豚肉は裏表しっかり焼き付けてくださいね。
白いりごまや七味唐辛子との相性も抜群ですが、意外にマヨネーズとの相性も抜群です。ぜひ試してみてください。

カリじゅわとろんのさっぱりメニュー『揚げずにつくる豚肉の揚げ出し風アボカドおろしのっけ』

ジューシーな豚肉にコクのあるアボカドで深みをプラスした、こちらのレシピ。豚肉をフライパンに入れたら、何度も触らないようにしましょう。
両面をそれぞれこんがりと焼き色がつくように一度ひっくり返すだけ、これが余分な油を吸い込ませないコツです。切ったアボカドに大根おろしを混ぜ電子レンジで加熱するだけで、揚げ出し風の濃厚な味わいになる不思議なレシピ。
レモン汁を最後にもう一度かけて、よりさっぱりとした味にするのもいいですね。

ご飯が進むレシピも、大根と合わせたり作り方をひと工夫するだけで違った味わいになりますよね。
豚肉も大根も、季節を問わず手に入れやすい食材なので、何かもう一品欲しいなというときに活用してみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部