サッと炒めておいしく作れる!じゃがいもと牛肉の炒め物レシピ5選

じゃがいもと牛肉のうまみと栄養がたっぷり、今回はフライパンひとつで手軽に作る炒め物メニューの数々をピックアップしました。ほくほくとしたじゃがいもの食感と、香ばしく焼いた牛肉のジューシーさがたまりません。勢いよくサッと作って、熱々のうちに召し上がれ!

香ばしマヨ醤油味♪「牛肉とじゃがいものマヨ醤油炒め」

具材を炒めるだけのシンプルな料理ですが、マヨネーズのコクで意外なほど奥行きのある味わいに仕上がっています。
まず、牛の肩ロース肉を細かく切って醤油を揉み込んでおきます。じゃがいもを細く切り、えのきは食べやすい長さに切ってほぐします。
フライパンにマヨネーズを入れてじゃがいもを炒め、続いて牛肉に薄力粉をまぶして加えましょう。さらにえのきを加え、火が通ったら黒胡椒とお好みでクミンをふって出来上がり。
わずか10分程度の時短レシピですが、おいしさは本格的です。

みんなが大好きな味「牛肉とじゃがいものバター醤油丼」

バターと醤油という王道の味付けによる、ボリューミーでやみつきになりそう丼です。
食欲旺盛な旦那さまや育ち盛りのお子さまがいるご家庭はぜひお試しください。
牛肉の切り落としを一口大に切って塩こしょうで下味を付け、フライパンにバターをひいて炒めます。5mmの棒状に切って水にさらしたじゃがいもと、斜め切りしたアスパラガスを加え、フライパンの端で醤油を煮立たせながら混ぜ合わせましょう。塩で味をととのえたら火を止め、ご飯にのせてバターを小さじ1のせたら粗挽き胡椒をふって完成です。

見た目もカラフル!「牛肉と細切り野菜のピリ辛ソテー」

豆板醤でピリ辛味に仕上げた一品。じゃがいもをはじめシャキシャキ野菜がカラフルで食欲をそそります。
細切りにした焼肉用の牛もも肉をごま油でサッと炒め、いったんお皿に取り出します。
千切りにして水にさらしたじゃがいもと、ピーマンとパプリカの細切りを炒めましょう。牛肉を戻して一緒に炒め、醤油・料理酒・みりん・砂糖・豆板醤・生姜のみじん切りで味を付けます。
仕上げに水とき片栗粉でとろみをつけて出来上がりです。牛もも肉は脂身の少ないものを選びましょう。

たっぷりミントが爽やか「牛挽き肉のモロッコ風炒め」

料理にアクセントをつけたい時に作ってみたい、粒マスタードが隠し味の変化球メニューをご紹介します。
まず牛挽き肉をかたまりで焼いて、うまみをギュッと閉じ込めます。続いてかたまりのまま塩こしょうで下味を付けた牛挽き肉を、フライパンにオリーブオイルをひいて焼きましょう。
焼き色がついたら裏返し、白ワインを加えてほぐしながら炒めます。太めの千切りにしてあらかじめ電子レンジで加熱したじゃがいもを加え、生クリームと粒マスタードを混ぜて、さらに塩こしょうで味を調えたら完成です。
お皿に盛って、目にも涼やかなミントをたっぷりのせましょう

しっかり味付けでご飯が進む「おいしい!牛肉となすの和風味噌炒め」

最後にご紹介するのは誰からでも喜ばれる和風味の一品です。
味噌・砂糖・醤油・料理酒・顆粒和風だしと水をボウルで混ぜ合わせ、あらかじめ味噌だれを作っておきます。味噌を使うことが風味をしっかりとまとめるポイントですよ。
フライパンに揚げ油を底から2cmほど入れ170℃まで熱し、一口大に切ったじゃがいもを素揚げにして取り出します。
フライパンに牛豚の合い挽き肉と、一口大に切ったなす、生姜のみじん切りを入れて炒め、後からじゃがいもを加えてさらに炒めて完成です。小ねぎを散らすと見栄えもよくなりますよ。

フライパンで炒めることで牛肉のうまみが引き立ち、シャキシャキほくほくとしたじゃがいもの食感と相まって、おいしさが倍増します。どれも食べやすいお味のものばかりなので、晩ご飯のおかずの定番に加えてはいかがでしょうか?

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部