みんな大好き!じゃがいもと豚肉の炒め物レシピ5選

炒めるとうまみと香りがアップするじゃがいもと豚肉。シンプルな調理方法だけに、素材自体のおいしさがストレートに楽しめて、ご飯のおかずにも、お酒のお供にとしても喜ばれるメニューばかり。 手軽に作れるのもうれしいですね!豚肉とじゃがいもを使ったレシピをマスターして食卓のレパートリーを増やしてみませんか。

じゃがいものシャキシャキ食感『豚バラとじゃがいもの塩炒め』

口の中に入れるとじゃがいものシャキシャキとしたリズミカルな食感がクセになるメニューがこちら。
隠し味にかつおぶしを使いますが、基本的にシンプルな味付けなので、素材そのものの味でを生かして調理しています。
じゃがいもを千切りにして水にさらし、水気をペーパータオルで拭いておきます。豚バラ肉の薄切りを表面がカリッとするまで中火で炒めたら、次に先ほどのじゃがいもを加えて強火で炒めます。塩・胡椒・料理酒で味を調え、最後にかつおぶしを入れてひと混ぜして出来上がりです。

中華風の甘辛味がご飯に合う『マーボーじゃがいも』

中華の王道、甘辛い麻婆味の、豚挽き肉とじゃがいもの炒め物です。
よく洗い皮付きのまま2cm角に切ったじゃがいもをフライパンで揚げます。いったんじゃがいもは取り出しておきましょう。
次に、ごま油に生姜・にんにくのみじん切りと豆板醤・甜麺醤を加え、香りが立ったら豚挽き肉を入れてポロポロになるまで炒めます。
続いて長ねぎのみじん切りを混ぜて、醤油・料理酒で味をととのえてください。次に水溶き片栗粉を入れてとろみが出たら、じゃがいもを加えて混ぜ合わせて完成です。

バターの味わいがリッチな『じゃがいもと豚肉のソテー』

リーズナブルな豚バラ肉でも、バターの香りとコクを加えてワンランク風味がアップ!節約メニューでもリッチな味わいが楽しめるレシピです。
水にさらしたじゃがいもの細切りを有塩バターで炒めます。火が通ったら5cm幅に切った豚バラ肉を加えてさらに炒めましょう。豚肉にも火が通ったところで、味噌と塩胡椒で味をととのえます。
火を止めて器に盛り付けたら、長ねぎを散らして出来上がり!
味噌とバターの取り合わせが深い味わいを生むので、ほかに食材の余り物があれば一緒に加えて炒めても美味しいですよ。

スパイシーなうま辛炒め『じゃがいもの和風カレー炒め』

誰からも喜ばれる和風カレー味にアレンジされた炒め物メニューです。
まず少量のカレー粉、2倍濃縮のめんつゆ、玉ねぎの粗いみじん切りをよく混ぜ合わせて和風カレー味のたれを作っておきます。次にじゃがいもを5mmの棒状に切って水にさらしておきましょう。アスパラガスを斜め切りに、パプリカを5mm幅に切ります。
フライパンで豚挽き肉をポロポロになるまで炒め、じゃがいも・アスパラガス・パプリカを加えていきます。
最後に、和風カレー味のたれをなじませたらお召し上がりください。

XO醤の風味が味の決め手『豚ロースのXO醤炒め』

干しエビや干し貝柱のうまみ成分が独特のコクを出すXO醤を使った、味わい深い一皿です。
まず豚ロース肉の細切りをフライパンで炒めます。いったん豚肉を取り出し、フライパンの残った油へじゃがいもの細切り・さやいんげん・パプリカを順番に加えて炒め、こちらも取り出しておきましょう。
フライパンに生姜、長ねぎ、XO醤を入れて風味を出し、豚肉と野菜を戻し、オイスターソース・酢・醤油・砂糖・鶏がらスープの素・水溶き片栗粉などで味をととのえたら出来上がりです

じゃがいもと豚肉を切ってフライパンでサッと炒めるだけのメニューですが、他に余っている食材を追加したり、味付けを工夫してみたりすることで、見違えるほどぐっと魅力的な料理へと仕上がりますよ!
応用しやすいメニューばかりなのでぜひ試してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部