豚肉とじゃがいもでおもてなし!特別な日の料理のレシピ5選

お客様を招いた特別な食卓や、ホームパーティーに欠かせないおもてなし料理。 うま味のたっぷり詰まった豚肉とホクホクのじゃがいもを使って、心づくしの手料理を振る舞いましょう。

彩り豊かで食卓が華やかに「肉じゃが風の温野菜サラダ」

豚肉と温野菜をじゃがいもを使ったドレッシングを付けていただく栄養満点のサラダをご紹介します。加熱方法は電子レンジのみなので、何かと準備が忙しいホームパーティーの一品に重宝しそうですね。
まずドレッシング作りから取り掛かりましょう。電子レンジで加熱して柔らかくなったじゃがいもをフォークで潰し、醤油、砂糖、顆粒の和風だしを混ぜ合わせます。
続いて温野菜を作りましょう。別のじゃがいもを切って電子レンジで加熱し、同様にアスパラガス、しめじ、にんじんを切って電子レンジで加熱します。続いて豚バラ肉と料理酒を耐熱ボウルに入れて、こちらも電子レンジで加熱します。
最後に温野菜と豚肉を皿に盛って、ドレッシングを添えてお召し上がりください。

中はホクホク外はサックサク「ポテトの肉巻きフライ」

お弁当のおかずにもおすすめの肉巻きのフライ。
お子さまに人気なお味なので、ママ友同士のパーティー料理にいかがでしょうか。形をキレイに揃えて見た目を整えると喜ばれますよ。
じゃがいもは皮付きのまま電子レンジで加熱して4等分の輪切りにします。豚もも肉の薄切りを1枚ずつ縦長に広げて置き、手前にじゃがいもをのせ、きつめに巻いていきましょう。これに薄力粉をまぶしつけ、溶き卵とパン粉を付けて揚げます。
カリッと揚がったら皿に盛り付け、キャベツの千切りを添えて出来上がり。ケチャップとウスターソースを混ぜ合わせたソースをかけていただきましょう。

アンチョビの塩気が絶妙マッチ「ホクホク!豚肉のアンチョビロール」

アンチョビの独特の味わいとマヨネーズのコクがじゃがいもの甘さを絶妙に引き立てる豚肉巻き。味噌とはちみつが隠し味となっていて、白ワインにも合う大人の味わいです。
カリッとした豚肉とじゃがいものホクホク感とのコントラストが絶妙ですよ。じゃがいもを加熱して潰し、アンチョビとたまねぎのみじん切りを加えて、マヨネーズと黒胡椒で味付けます。
次に潰して味付けをしたじゃがいもを豚バラ肉で包み、フライパンで炒めましょう。仕上げに味噌、はちみつ、みりんで味を調え、青ねぎの刻みを散らして出来上がりです。

ポップなビジュアルが映える!「巻き寿司風オムレツ」

挽き肉を混ぜ込んだマッシュポテトを、薄焼き卵でクルクルと巻いたオムレツです。
まず薄焼き卵を作っておき、続いて電子レンジで加熱したじゃがいもを潰してマッシュポテトを作ります。
次にフライパンで豚挽き肉を炒め、マッシュポテトに混ぜます。ラップの上に薄焼き卵を置いて、その上にマッシュポテトを敷き詰め、端から巻いて5cm幅の輪切りにしましょう。お皿に盛り付けて、ケチャップとマスタードを添えて出来上がりです。
ロールケーキを思わせるユニークな姿に、ゲストから歓声が上がることでしょう。

お手軽アジアンテイスト♪「春巻の皮で!サモサ風」

インドの軽食おつまみとして人気のあるサモサ。今回はホクホクの新じゃがと豚挽き肉を春巻の皮で包んで作りましょう。
まず電子レンジで加熱したじゃがいもを潰して、カレー粉、ローズマリー、ミックスビーンズ、塩胡椒を加えます。
続いて豚挽き肉とたまねぎのみじん切りを炒め、じゃがいもに混ぜ合わせて餡を作ります。
次に春巻の皮に水溶き小麦粉を塗って餡をのせ、三角形に折りたたんで揚げたら出来上がり。
お皿に盛ったらスイートチリソースをつけていただきます。

テーブルを優雅に彩ってくれる、うま味たっぷりの豚肉とじゃがいもを生かしたおもてなし料理はいかがでしたか。
見た目の華やかさはもちろん、舌がとろけるような美味しさで、グッと差を付けましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部