お酒がすすむ味を厳選♪たまねぎとチーズのおつまみ5選

ビールやワインを片手にちょっと濃厚なおつまみが食べたい!そんな時にぴったりな、たまねぎとチーズのおつまみレシピを厳選しました。自宅用はもちろん、ホームパーティーにもぴったりのおしゃれな見た目のものばかりなのでレパートリーに加えてみてくださいね。

ピザ生地はカリカリのじゃがいも!『ポーク&コーンのカリカリポテトピザ』

冷凍のピザ生地を使ってつくるのも良いけれど、家にじゃがいもがあれば、ぜひこのレシピを試してみましょう!
見た目もキュートで味も絶品。お子さまにも大人気のボリューミーなピザです。
豚肉は細かく切り、ケチャップ、マヨネーズ、醤油、胡椒と混ぜて揉み込み下味をつけます。生地となるじゃがいもは少しずつ重ねて放射状に広げるときれいな円形を作れます。
木べらで押し付けながら焼いて、じゃがいも同士をくっつけることをお忘れなく。たまねぎ、肉の順にのせたら、コーンとチーズを散らして蒸し焼きにしていきます。
とろ〜りチーズとシャキシャキたまねぎ、ほくほくじゃがいもの美味しさを口いっぱいで堪能してください。

オリーブオイル&チーズがワインに合う『なすのマヨネーズ焼き』

たまねぎの甘みにトマトの酸味、マヨネーズのコクにねっとりとしたなすの食感が絡み合うイタリアンテイストのおつまみはワインと一緒にいただきたい味。シュレッドチーズの塩気が効いているので、塩は少なめでもOKです。
炒めた野菜は多めに作ってパスタのソースなどにリメイクしても美味しいですよ。器にはなすの皮部分を使うので、そのままパクりと食べることができるのも楽しいですよね。
パルメザンチーズをたっぷりとふりかけて焼く際は、香ばしさも楽しむために少し焦げ目がつくくらいまで焼くのがおすすめ。200℃に予熱したオーブンで13分が目安です。

カリとろ食感がたまらない『ポークオニオンステーキ』

野菜そのものを器のようにするレシピをもう一品ご紹介します。甘くとろりとしたたまねぎに肉やトマトをのせて、見た目もかわいらしいたまねぎステーキを作ってみましょう。
火を使わないので、コンロがふさがっている時でも一品追加できるのもうれしいポイントです。手早く作るために、調理をはじめる前にオーブンを230℃に予熱することをお忘れなく。
ブランデーとオリーブオイルはたまねぎの両面に塗って香りをつけます。たまねぎの上に豚肉、トマト、チーズと重ねることで崩れにくくなり、味のしみも良くなります。
フライ返しを使うことできれいなまま盛り付けることができるので、試してみてくださいね。

香ばしさがクセになるおつまみ『オニオングラタントースト』

材料はたまねぎとチーズとバケットだけなのに、香ばしさとさまざまな食感がクセになって、ついつい何個も食べてしまいそうなレシピです。
美味しさの秘密は細かくカットしこんがりと揚げたフライドオニオン。甘さと香ばしさが絶品です。多めに作って、サラダなどにパラりとかけるのもおすすめですよ!
180℃の油で薄いアメ色になるまで7〜8分揚げ、5分ほど置いて粗熱をとったら塩、粗挽き胡椒で味付けをしてくださいね。バケットにも美味しさを染み込ませたいので、たまねぎは油をきらないほうが、コクがアップしますよ♪

チーズのコクで満足感アップ『お手軽!ひとくちオムライス』

お酒を飲んだあとに何かちょっとだけお腹にたまるものが食べたい…そんなときにはコクのある味と甘酸っぱいケチャップライスが美味しいひとくちオムライスはいかがでしょう。
ミニサイズですが、具沢山なうえ生クリームを加えてコクのある味わいで満足感を得られますよ。
生クリームを混ぜた卵は丁寧にかき混ぜることで、フライパン離れが良くきれいな薄焼きになるので試してみてくださいね。
多少崩れてしまうこともありますが、ラップに包んでキュッと丸くまとめたら、お弁当メニューにもなりますよ。
お好みで、さらにケチャップをかけたり、タバスコをかけてみたりとアレンジも楽しんでみてください。

小さめサイズながら、濃厚な味を楽しめる玉ねぎとチーズを使ったおつまみを揃えてみました。
お子さまも好きな味のメニューも多いので、たくさん作って大人はおつまみに、お子さまはパーティーメニューとして楽しむなど、味付けに少し変化をつけて2パターン用意するのも良さそうですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部