甘いたまねぎとチーズを合わせて完成!簡単美味レシピ5選

余ったたまねぎがたくさんある!少しお腹がすいたから、何か食べたい。メニューにもう一品追加したい…そんなときに簡単にできる、たまねぎを使ったレシピをご紹介します。チーズと組み合わせたお子さまも大好きな味を選んでみました。

旬野菜をシンプル味で!『新たまねぎと新ジャガイモの青のりチーズ焼き』

大皿にたくさん作って好きなだけ好きなときに、お子さまがいる家庭ではとても助かるメニューをご紹介します。
新たまねぎと新じゃがいもが手に入る、旬の時期はもちろん、どちらも年間を通じて手に入り安い野菜なのでいつでも手軽に作ることができますね。
じゃがいもは千切りに、たまねぎは薄切りにしたらバターで炒めて塩と青のりで味付けをしましょう。青のりの香ばしさがあるので、塩は少なめでもOKです。耐熱皿に入れたらピザ用チーズを散らしてトースターで5分焼いて出来上がり!
お好みでケチャップやタバスコをかけたり、しっかり冷ましてお弁当の一品にするなど多彩なアレンジも楽しめるメニューです。

ジューシーな甘み溢れる『新玉ねぎのカラフル焼き』

じっくりと焼いたたまねぎには甘みがたっぷり。焼きたてのオードブルとして食卓の一品目にしたり、バーベキューに取り入れてみたりと、活用方法は多彩ですね。
こちらのレシピは串に刺していただくので、食べやすいところも魅力です。
たまねぎは皮をむいたら輪切りにする前に竹串を刺してから切ることで崩れにくくなります。フライパンにオリーブオイルを熱したらたまねぎが透き通るまで焼き、塩、パプリカパウダー、パセリをふって裏返し、裏側も同様に調味します。両面にこんがりと焼き色がついたら出来上がり。
粉チーズをふってお召し上がりください。なすやパプリカ、ズッキーニなどその時期の野菜を足して野菜串にするのもオススメです。

ふわふわ×とろ〜り食感『柔らかはんぺんのツナサンド』

小腹が減ったときには、変り種のサンドはんぺんを使ったサンドイッチに挑戦してみませんか。ふわふわの食感がクセになりますよ。
たまねぎはみじん切りにし、ハーブソルトをかけたら電子レンジで1分半加熱。火を使わずに調理できるのもこのレシピのうれしいポイントですよ。
はんぺんは穴があいてしまわないように注意しながら、具材を入れるための切り込みを入れます。冷めたたまねぎにツナ、マヨネーズを和えたら、スライスチーズといっしょにはんぺんにつめてトースターで5分焼いて完成です!
レタスやトマトを添えてヘルシーにいただいてみてくださいね。より満足感が欲しいときには、えのきなどきのこ類を追加すると噛みごたえがアップしますよ。

節約レシピだけどボリューミーでお手軽『カレー風味のマヨトースト』

カレー、マヨネーズ、チーズは相性バッチリの組み合わせですよね。お子さまも大人も大満足の一品です。
具材はシンプルにたまねぎとじゃがいも、ハムのみ。シンプルなうえ、手軽に手に入りリーズナブルなところもポイントです。
たまねぎは薄切り、ハムは5mm幅に、じゃがいもは輪切りにし電子レンジで加熱しましょう。食パンにバターを塗ったら、じゃがいも、たまねぎ、ハムを重ね、トースターで5分ほど焼きましょう。
トースターごとに焼き加減が異なるので、こまめに中をのぞいて、焦げないようにお気をつけください!

新玉ねぎのシャキシャキ感がやみつき!『ベーコンと新玉ねぎのスープ』

ヘルシーにお腹を満たしたい。そんなときにおすすめなのが、うまみがたっぷり染み出したスープ。
たまねぎの美味しさを前面に出したスープは、やさしい甘みがしみわたります。たまねぎを薄切りにすることで火が通りやすくなるので調理時間を大幅に短縮可能です。
ベーコンとたまねぎは薄茶色に色づくまで炒めて水とコンソメでシンプルな味付けに仕上げましょう。チーズに軽く焦げ目がついたら、とろ〜りスープの出来上がりです。

加熱してじっくりとたまねぎの甘さを引き出すか、生のままでシャキシャキ食感とほんのりとした辛みを楽しむか、たまねぎは調理法によって味も食感も大きく変わる食材。
その日のメニューやシーンに合わせて多彩なレシピを試してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部