ヘルシーだけどパンチも欲しい時に!たまねぎとチーズのサラダ5選

サラダ=生野菜というイメージもあるかもしれませんが、最近では様々な食材ミックスしたごちそうサラダが人気を集めています。今回は、その中でもたまねぎとチーズを使った目もお腹も大満足のサラダを集めてみました。

カリッとナッツが香ばしい『チョップドサラダ』

今や専門店もできるほど大人気なのが、具材をすべて細かく刻んだ「チョップドサラダ」。
野菜の種類が豊富で、食べやすい大きさに食材のサイズ感が揃っているので、たっぷり量が食べられると大人気のサラダなのです。今回はそんなチョップドサラダに鶏肉とナッツを入れてアクセントを加えたサラダです。
鶏肉は電子レンジで加熱して1cm角にカット。その他の具材も同様の大きさにすべてカットします。たまねぎは自家製ドレッシングに活用。すりおろして、粗みじんにしたプリトマトとミックスして爽やかな味付けに仕上げました。
具材を器に入れて、ドレッシングをかけたら、ナッツ、粉チーズをふりかけて召し上がれ。

満足サラダ『ソーセージと玉ねぎのさっぱりサラダ』

ソーセージの香ばしさに、たまねぎときゅうりが絶妙にマッチするこちらのレシピは、ビールやワインにも合うおつまみサラダです。
色合いを美しく見せるため紫たまねぎを使っていますが、いつものたまねぎでも美味しく出来上がりますよ。
味の馴染みを良くするためにもソーセージは1cm幅の斜め切りにカットしましょう。きゅうりは千切り、たまねぎは繊維の方向にスライスします。ソーセージはフライパンで炒めます。しっかり焼くとよりおつまみ感がアップ!
ドレッシングと具材を混ぜ合わせたら、最後に粉チーズを混ぜていただきましょう。チーズと酸味のあるドレッシングか絡みイタリアンな雰囲気のサラダに仕上がっています。

レモンバターが新鮮な味わい『新玉葱とカマンベールのソテーサラダ』

おつまみサラダや、お弁当にもおすすめなのが、たまねぎの甘さを引き出したソテーサラダ。
クセのあるカマンベールチーズはお好みのチーズにかえてみても良いかもしれませんね。
こちらのレシピでたまねぎを焼くときは、“じっくり”と。両面を中火で5分ずつ焼いて焼き色をつけましょう。
カマンベールチーズはたまねぎの上やすき間において蓋をしましょう。弱火で3分程度でとろ〜りとしてきますよ。
皿に移したらそこに塩、唐辛子、バターを入れて炒め、レモンを加えてから煮立たせます。
濃厚なのにさっぱり風味のドレッシングをかけて召し上がれ。

見た目もきれいで前菜に最適『色鮮やか!ナスとトマトのサラダ』

バルサミコ酢をアクセントにした、シックな色合いのサラダは、おもてなしメニューにしてもぴったり!
主役はなすですが、トマトと絡んだみじん切りのたまねぎが香りと食感がサラダの味を引き立てています。
口に入れると感じるバルサミコ酢の芳醇な香りが、お手軽メニューとは思えないような風味に仕上げてくれています。
また、絶妙な塩気を感じさせるオリーブも欠かさずに入れたい食材のひとつです。
ピザ用チーズは加熱せずにいただきますが、お好みで仕上げに少しだけトーストしてチーズを溶かしても美味しそうですよね!
そのまま食べるほか、クラッカーなどにのせてフィンガーフードにしてもGOODです。

クリームチーズを混ぜ込んでこってり!『かぼちゃマッシュサラダ』

かぼちゃの甘みに濃厚なクリームチーズの風味がまるでデザートのようなサラダは、お子さまも大好きなマヨネーズが味の決め手。薄切りにして入れたたまねぎの食感と味が、爽やかなアクセントになっています。
潰すのに少しだけ手間が必要なかぼちゃは、電子レンジを600Wで5分加熱することで、茹でる時間も不要になるので是非活用しましょう。
レンジから出してつぶしにくいと感じたらさらに加熱してくださいね。
たまねぎは辛すぎないように塩もみしてから水にさらすのがオススメ。上から砕いたナッツをふりかけることで、さらに新しい食感をプラスできるので試してみてくださいね。

サラダといっても、合わせる具材や調理方法によって本当に多彩なレシピがありますね!
今回のレシピは意外とお酒にも合うものばかり。飲みたいけれど、ヘルシーなおつまみが欲しい。そんな時にもおすすめですよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部