お酒に合う濃厚な味わいが魅力!チーズとトマトのおつまみレシピ5選

自宅でのんびりお酒を飲むときも、少し手の込んだ味のおつまみが欲しいと思うことはありませんか。そのまま食べても美味しいけれど、おつまみレシピでも活躍してくれるのがチーズですよね。粉チーズからピザ用、モッツァレラまで、手軽に買えるチーズをメインにお酒がすすむレシピを集めてみました。

色鮮やかで美しい『ズッキーニとモッツァレラのミッレフォーリエ』

イタリア語のミッレフォーリエは、フランス語ではミルフィーユのことです。重ね合わせることで美味しさがどんどん増していく、このメニューにぴったりの名前ですね。
ズッキーニとモッツァレラを同じ厚さにスライスすることで、重ね合わせたときの食感が良くなります。できるだけ均一にスライスし、5層に重ねましょう。
とろ〜りとのびるモッツァレラチーズと、柔らかいズッキーニのシンプルな味。酸味のあるトマトソースと爽やかな香りのバジルの葉を絡めていただきましょう。
白ワインと合わせて召し上がれ!

たらこチーズとプチトマトの相性が抜群『プチトマトのたらこチーズ和え』

さっぱりだけど濃厚なクリームチーズは、おつまみにぴったりですよね。
明太子とミニトマト、プチプチの食感が楽しめるこってり系おつまみなら、こちらのレシピをどうぞ。
明太子の塩けとクリームチーズが合わさり、オリーブオイルをかけて…。このままでも美味しいですが、今回は独特の香りで大人気のパクチーとナンプラーも合わせて、エスニックな香りのおつまみに仕上げてみました。
冷蔵庫から出したクリームチーズは、温まると切りづらくなってしまうので、冷えているうちにカットするのが美味しく仕上げるコツですよ。

ごろっとトマトでインパクト大!丸ごと!『トマトのポークロール』

トマトを丸ごと肉で巻いて、インパクト大!インスタ映えも抜群の、がっつり系おつまみをご紹介します。
トマトの中身はソースに活用できるので、無駄がでないのもうれしいポイントですよね。
くりぬいたトマトの中にピザ用チーズとフレッシュバジルを交互に詰め、カットするととろりと溶け出るチーズも食欲をそそります。自宅用はもちろん、おもてなしメニューとしてテーブルに登場させれば、サプライズ感たっぷりのメニューになりますよ。
黒こしょうを振って風味付けすれば、ビールにもワインにもよく合うおつまみになります。

カリとろ食感がたまらない『ポークオニオンステーキ』

ステーキを食べた満足感がありながら、野菜もたくさん食べることもできてしまうのがこちらの一品です。
グリルしたたまねぎの上に、肉とトマトをチーズを重ねるだけで絶品のオードブルになりますよ。たまねぎをなすやズッキーニ、かぼちゃなどに変更してアレンジしてみるのおすすめです。ブランデーの香り付けをして焼くので少し大人の香りが漂うこちらの一品。
苦手な方はオリーブオイルだけでオーブンに入れても十分美味しく仕上がります。お好みでどうぞ。
きれいに盛り付けるために、フライ返しを使うと崩れる心配も減るので試してみてくださいね。

カラフルなお食事ケーキ『ほうれん草のケークサレ』

おつまみとしてだけでなく、おやつやピクニックに持っていく一品にもぴったりなのが、塩気のある甘くないケーキ、ケークサレです。
トマトやほうれん草など色あざやかな野菜を入れれば、見た目もカラフル&キュートにでき上がりますよ。ホットケーキミックスを使うことで、手軽に15分程度でできてしまうのも簡単でうれしいですね。
入れる具材はお好みに合わせてチェンジOK!きのこなどもおすすめです。
チーズも香りの強いものや食感の楽しいものなど、ぜひ違いを楽しんでみてくださいね。

チーズの種類によって、さっぱりからこってりまでさまざまなおつまみレシピをご紹介しました。
お好みのものは見つかったでしょうか。熱々はもちろん冷めても美味しいレシピばかりなので、はじめに作ってテーブルの上を充実させればゆっくり晩酌を楽しめそうですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部