にんじんならではの、ほっこりする甘さ♪簡単スープレシピ5選

和風から洋風まで、安価で手に入りやすく、栄養価も高いにんじんはさまざまな調理法に合う万能野菜のひとつ。 今回は、にんじんの甘さも引き立つ、スープのレシピをチョイスしてみました。 好みの味に合わせてレパートリーに加えてみてください。

根菜たっぷり食べごたえ充分なスープ『作りたい 根菜のトマトスープ』

一品で満足しそうな、食べるスープ。にんじんをはじめとする根菜をたっぷり使います。
歯ごたえのある食材が多いので、具材はあえて少し大きめにカットして食べごたえあるスープに。
うまみのアクセントになるベーコンと野菜は良く炒めることでコクがアップ!美味しさがスープにしみ出します。
白ワインと黒こしょうを使うことで、甘くなりがちなスープが少しだけ大人の味に。
具材はそれぞれ切り、ホールトマト缶も食感を楽しむために手でかたまりをざっとつぶして。
たまねぎ、ベーコンの順に炒め、にんにくの香りをたてたらにんじん、を加えて調味、最後にさつまいもを加えることで煮崩れを防ぎましょう。

じっくり火を通したシンプルスープ『ひよこ豆と人参のスープ』

野菜のうまみがスープにしみでたシンプルなスープは、体調が良くないときなどにもぴったりの優しい味。
香味野菜であるセロリを入れることで、食感や香りにアクセントがつきますよ。
顆粒だしなどはいっさい使用せず、味付けは塩と黒こしょうのみ。
ローリエ、ドライバジルなどのハーブ類の風味も漂わせて味に深みを出しましょう。
1cm程度の角切りにしたにんじんとセロリはしょうがと一緒に炒め、塩、ローリエ、ドライバジル、ひよこ豆と水を加えて3分程度沸騰するまで煮たら、弱火で15分ほどことこと煮込みます。
煮込むことでうま味がどんどんスープにしみ出していきますので、じっくり煮込んで。

満足感あるチャウダー風スープ『低カロリークラムチャウダー風スープ』

レンジを使うことで、クラムチャウダーが15分で完成!お手軽だけど本格的なので、おもてなしの一品にするのもオススメです。
にんじん、大根、たまねぎ、セロリはすべて1cm角に切り、塩、水、牛乳、水煮あさり、粗挽き黒こしょうと混ぜたらふんわりとラップをして、600Wの電子レンジで8分ほど加熱し、再度混ぜ合わせたら出来上がり!
火を使わないので、コンロが塞がっているときにもう一品作る事ができるのもとてもうれしいですよね。
美味しさと調理のコツはたったひとつ。野菜は丁寧に切って大きさをそろえること。
牛乳を豆乳に変えて、少しあっさりさせるアレンジも良いかもしれませんね!

レンジでチン&ミキサーで簡単『にんじんのポタージュ』

電子レンジで簡単調理可能なレシピをもう一品ご紹介。
薄切りにしたにんじんは塩、ブイヨン、スイートコーン缶と一緒に耐熱ボウルに入れ、500Wの電子レンジで12分加熱。粗熱をとって滑らかになるまでミキサーにかけます。
カリカリした食感が楽しいクルトンも手作りを。食パンの耳を落とし、5mm角に切り、サラダ油とバターを合わせて強火で1分加熱、カットしたパンを入れて1分揚げて油を切ったら完成です。
ミキサーにかけたスープは鍋にうつしてから中火で3分温めたら出来上がり。
器に盛ったらクルトンと仕上げの生クリーム、パセリをかけて召し上がれ。

人参の甘みが凝縮したやさしい口当たり『人参の洋風とろとろスープ』

シンプルににんじんの甘さを味わえるスープ。
美味しさの秘訣はひとつ。皮をむき、すり下ろしたにんじんをオリーブオイルで2分ほど油がまわるまで炒めること。
これによって、にんじんの甘みがぎゅっと凝縮されるので、欠かせないひと手間ですよ♪
炒まったら、水、洋風スープの素を加えてさっと混ぜ、煮立ったら弱火にして5分煮ます。塩、こしょうで味を整えましょう。
ここで完成にするとさらりとしたスープになりますが、今回はとろみも付けたいので、水溶き片栗粉を少しずつ加え、混ぜながらとろみを調節しましょう。
器に盛ったら彩り良く万能ネギをちらし、お好みでこしょうを振っていただきます。

スープに自然な甘さをプラスしてくれる、にんじんのレシピ、いかがでしたか。
どれもシンプルなものばかりだったので、お好みの野菜やきのこ、肉などを追加して、オリジナルのアレンジレシピに挑戦してみるのもオススメですよ♪

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部