パパっと気軽に作りたいチーズが効いたにんじんレシピ5選

もう一品作りたいけど時間がない…そんな時に嬉しい、短時間で気軽に作れるレシピをご紹介します。冷蔵庫からにんじんとチーズ、いくつかの材料を取り出したら、美味しい一品をさっと作ってしまいましょう。

肉汁を吸ったマッシュポテトが美味しい『ひき肉とマッシュポテトの重ね焼き』

ボリューミーな野菜たっぷりの一品がこちら。ほくほくのマッシュポテトに肉の旨みがじんわりと染み込んだスタミナグラタンです。
茹でるのに時間のかかるじゃがいもはラップで包み600Wの電子レンジで5分加熱して簡単にマッシュポテトを作ることができますよ。ひき肉の大きさと揃うよう、にんじんなどのの野菜はみじん切りにしてしっかりと炒めます。たまねぎが飴色になるまで炒めて甘みを引き出すのが美味しさのポイント。
実はこのレシピ、余ったらコロッケのタネとしても使えるのでお弁当のおかずを一緒に作ることもできますね。グラタン皿に具材を敷き詰めたらたっぷり粉チーズをふってオーブンで焼き上げましょう。

豆苗の食感が活きる 甘辛!『豆苗のレンチン肉巻き』

シャキシャキ食感が美味しい豆苗は影の主役。豚肉の旨みが野菜と混ざり、間に挟んだプロセスチーズの適度な塩気はおつまみにもぴったりです。
火を使わずに調理できるレシピなので、豚肉に食材をくるくる巻く作業などお子さまと一緒に楽しみながら作ってみてくださいね。
塩こしょうをふってお皿に並べ、ラップをしたら500Wのレンジで5分加熱しましょう。その間に大根おろしと刻みねぎ入りのタレを作ります。大根おろしはたっぷりとのせて一緒に食べることで、さっぱりとヘルシーにいただくことができますよ。ポン酢をかけて召し上がれ。

レモンの皮がアクセント『きのこと鶏ののミックスサラダ』

にんじんなどの色とりどりの野菜をたくさんのせて、目でも楽しめるサラダはきのこの旨みもたっぷり。
カットしたにんじんとほぐしたきのこ、鶏肉はラップをして電子レンジで5分加熱します。野菜の上に鶏肉を置くことがきちんと火を通すコツです。粗熱がとれたら、鶏肉は手でさいてほぐしましょう。
水にさらした紫たまねぎとオリーブオイル、粉チーズをまぜてレモンの皮・果汁を加えて全体を混ぜたら、お好みで塩、こしょうを加えてくださいね。レモンの爽やかな香りに、オリーブオイルと粉チーズの濃厚な味わいがベストバランスですよ。
このサラダは加熱しているので、たくさん野菜を食べることができるのも嬉しいですよね。

アンチョビ香る☆時短『カマンベールフォンデュ』

何かおつまみが一品欲しいな。というときにオススメなのがこちら、10分で出来上がるチーズフォンデュは、色とりどりの野菜を添えて、写真映えもバッチリですよ。
アスパラ、パプリカ、チコリ、にんじんなど好きな野菜を棒状または細切りにしたらさっと野菜を茹でましょう。茹で過ぎると食感を楽しめないので注意してくださいね。
カマンベールチーズに刻んだアンチョビをのせたらふんわりとラップをして、チーズが溶けるまで1〜2分加熱、熱いうちに器に盛って食卓へ!野菜にチーズをディップしていただきます。

食べ応えバッチリ!『牛肉とトマトの煮込みパスタ』

この本格パスタを簡単かつ美味しく作るコツは、トマトジュースを使用すること。牛肉とマッシュルームの旨みを消さずに、にんじんやたまねぎの甘さを引き出してくれます。
本格的なイタリアンに仕上げるために、麺にもこだわりましょう。平打ち麺フェットチーネは、濃厚なソースとの相性がGOOD。
具材を炒めて、牛バラ肉の色が変わったところでトマトジュースを入れましょう。ジュースの分量が1/3になるまで中火で15分ほど煮込んで味を凝縮します。そのままでも美味しいパスタの出来上がりですが、たっぷり粉チーズとパセリで彩りも味も格段にアップします!ディナータイムには、赤ワインと一緒にどうぞ。

電子レンジやジュースなどを活用することで、時間も短く、味も決まりやすいメニューを5つご紹介しました!おつまみに、お弁当の一品に、そしてもちろん食卓の定番メニューとしても活用できそうなレシピの数々を自分のレパートリーに加えてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部