お客さまも大満足!にんじんとチーズを使ったおもてなしレシピ5選

家で常備している食材でおもてなし料理をササッと作れたら、急な来客の時も安心ですよね。今回は、おなじみの食材、にんじんとチーズを使ったおもてなし料理をピックアップしました。野菜もたっぷりお腹も大満足のメニューでお客様をおもてなししてください!

ごちそうメニュー『カマンベールと牛肉のガトー仕立て』

登場するだけで、インパクト大!カットすると中からとろりと溶け出すチーズに、お客さまから歓声が上がりそうな一品です。
パプリカはレンジで加熱後、薄皮をむいて食べやすくしておきます。にんじんはピーラーでスライスして加熱しましょう。すき焼き用の牛肉を十字状に置き、塩胡椒をふったら、真ん中にカットしたパプリカとにんじんを並べ、その上にカマンベールチーズをのせます。さらに野菜を重ねたら、牛肉でチーズと具材をしっかりと包みましょう。
チーズが見えていると、焼いた時に溶け出してしまうので、牛肉は重ねて巻くことがポイントです。天板にクッキングペーパーを敷き、17分ほど焼いたら出来上がりです。

冷凍玉ねぎで時短!『オニオングラタンスープ』

簡単なのに食卓がぱっと華やぐごちそう、オニオングラタンスープ。たまねぎを飴色に炒めるのが大変、と感じてしまうかもしれませんが、半分に切って薄切りにして冷凍しておき、バターと一緒にレンジで加熱するだけで簡単に美味しいスープ用たまねぎになります。
加熱後はにんじんなどの具材と一緒に弱火で20分炒めましょう。焼き色がついたらたまねぎが飴色になるまでじっくり混ぜましょう。水を加えて味付けしたら、耐熱容器に注ぎ、焼いてにんにくをすりつけたバケットを2枚、チーズの順にのせて220℃に余熱したオーブンへ入れて15分焼きます。
チーズにこんがり焦げ目がついたら完成です。熱々なので寒い夜にいただいてじんわり体を温めてくださいね。

魚介の旨味を閉じ込めた『桜えびのビスク』

濃厚な魚介の旨みが口いっぱいに広がるおしゃれなスープレシピをご紹介します。
はじめにバターで干し海老を炒めることで芳醇な香りが楽しめますよ。あさりやにんじんなどの野菜を加えてしんなりするまで炒めたら、薄力粉を入れて粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜてなじませます。
煮立たせてから蓋をして、弱火で10分煮込めば具材が柔らかくなりますよ。粗熱がとれたらミキサーで撹拌をします。口当たりが良くなるように、できるだけなめらかになるように撹拌してくださいね。
鍋に戻して牛乳と生クリームを加えて温め、最後にチーズを入れて混ぜ合わせて完成です!

七夕らしくかわいく飾って『七夕の炊き込みちらし』

七夕と名前がついていますが、見た目もゴージャスな炊き込みちらしはホームパーティーにぴったり!
チーズとハムを星型でくりぬくことで七夕感を出していますが、好きな形にくりぬけば、その日のパーティーのテーマにぴったりのちらしが完成しますよ。
上にのせる具材は好みでアレンジしてみてくださいね。このレシピの一番のポイントは、何といっても綺麗に盛り付けること!お子さまと一緒に飾り付けをしても楽しいですよ。

ルーの欠片で味付け簡単!じゃがいものカレードリア

表面にのせた卵が可愛らしいカレードリアは、牛乳とチーズでまろやかに仕上げているので小さなお子さまでも美味しくいただけます。
じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに切って電子レンジで加熱します。加熱後は、竹串がスッと通るか確認してくださいね!潰し具合はお好みでどうぞ。溶かしバターを全体に混ぜたら、牛乳、塩、胡椒を加えることでリッチな舌触りになりますよ。
カレーの具材はにんじんのみですが、もっと具材が欲しい場合はピーマンやたまねぎなどを加えるのもオススメです。とろ〜り卵をからめていただきましょう。

テーブルに登場するだけで盛り上がりそうなにんじんとチーズを使ったメニュー、いかがでしたか。熱々のまま食卓に出すものも多いので、火傷などにはくれぐれも気をつけながら、美味しいご飯と一緒に楽しいひと時を過ごしてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部