暑い日に食べたい!ちょっとおしゃれなミニトマトレシピ5選

暑い日は口当たりがさっぱりとしたものが食べたくなりますね。そんな時、さわやかな酸味が魅力の「ミニトマト」は是非とも活用したい食材です。料理に加えるだけで、見た目も可愛らしいアクセントになるだけでなく、鮮やかな赤色は食欲を刺激してくれます。さらに、トマトの旨味がギュッと凝縮した味は料理の美味しさに奥行きを与えてくれます。 今回は暑い日におすすめのおしゃれなミニトマトのレシピを集めてみました!

さっぱり塩味の冷たいおでん「冷やし塩おでん」

最初にご紹介するのは、冷やしおでんです。おでんと言えば冬の風物詩のように思われますが、ここ最近冷やしおでんはブームになっています。温かいおでんと同じく、冷やしおでんもだし汁がしみた野菜はしみじみとした美味しさです。旨味と甘みのバランスが良いミニトマトを加えることで、だし汁の美味しさにも一層深みが増します。冷蔵庫に入れておけば、常備菜のようにも活用できて、実は便利なメニューなのです。
今回は大根やがんもどきなどを入れていますが、具材のアレンジは自由自在。オクラやししとう、かぼちゃなどを入れても美味しいです。
暑い夏こそ、夏野菜がたっぷり食べられる冷やしおでんをどうぞ。

丸ごとミニトマト入りビタミンたっぷりゼリー「ミニトマトのとろりんゼリー」

見た目が可愛らしいこちらのゼリー。食欲のない時の前菜や、ちょっと甘いものが欲しい時のデザートにもぴったりです。
ほのかなはちみつの甘みがトマトの酸味と甘みを見事に引き立てて、トマト好きにはたまらない美味しさに仕上がります。バジルを添えれば前菜に、ミントを添えればデザートに。2つの顔を合わせ持つレシピで、ミニトマトの美味しさをご堪能ください。

さっぱり大人味「手羽中のレモンソテー」

次にご紹介するのは、レモンとトマトのダブルの酸味が効いた、さっぱりとした口当たりが夏にぴったりの一品です。手羽中に塩こしょうで味付けした後、皮目からパリッと焼き、レモンとトマトと一緒にサッとソテーしてできあがり!キリッとしたレモンの酸味と甘みにさわやかなトマトの酸味、2つの異なる酸味で手羽中を美味しくいただきます。レモンの苦味が出ないよう、短時間でサッと加熱するのが美味しさの秘訣です。
少し手間ではありますが、手羽中を焼く前に切り込みを入れるのは、是非取り入れていただきたいテクニックです。このひと手間で火が通りやすくなって、食べる時にもスルッと骨から肉がはなれて食べやすくなりますよ。

おろしポン酢でさっぱりと召し上がれ「マグロのさっぱりポン酢ステーキ」

次にご紹介するのは、おもてなし料理にも使えるおしゃれな見た目のレシピです。まずはマグロの刺身の表面をサッと焼きつけます。大根おろし、にんにく、かいわれ大根、ミニトマトをのせたら上からポン酢をかけ、薬味の効いたマグロステーキをいただきます。香ばしいにんにくと辛味の効いた大根おろしに、トマトがさわやかな酸味を足してくれるから、一口でさまざまな味が楽しめます。
にんにくは焦げやすいので弱火で加熱し、香りが出たらすぐ取り出してください。その後、マグロを焼く時は火加減を強火にチェンジ!中はレアに仕上げるのが美味しさのポイントなので、火を入れすぎないようにサッと30秒ほど焼き付けるのがポイントです。

すっぱ辛いタイの代表的スープ「トムヤムクン」

最後にご紹介するのは、タイの人気料理「トムヤムクン」です。ナンプラーと唐辛子、レモンが効いた酸っぱ辛いスープにミニトマトを入れて、味に深みをプラスします。暑い国で食べられている料理だけあって、夏バテしそうな時や食欲が減退しがちな時でも、さっぱりと美味しくいただけます。
えびは殻がついたまま焼くことで香ばしくなり、より本格的な味わいになります。唐辛子はお好みで調整してください。

ミニトマトを使ったさまざまなレシピをご紹介しました。ミニトマトは酸味と甘みがある上、旨味も多く、料理に彩りと美味しさをプラスしてくれる優れた食材です。和食にも洋食にも合うので、どんどん活用してください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部