にんにくの香りが決め手、ブロッコリーを使った炒め物レシピ5選

簡単に作ることができる炒め料理は、アレンジを加えてバリエーションが楽しめるのも良いところですよね。使い勝手の良いブロッコリーを使って、色々な組み合わせを楽しんでみませんか。料理のレパートリーのマンネリ化対策にも、ぜひ今回ご紹介するレシピを参考にしてみてくださいね。

黒胡椒とにんにくをしっかりきかせて『豚肉と野菜のマヨガーリック炒め』

茹でたブロッコリーと下味を付けた豚のコマ切れ肉を、玉ねぎ、エリンギと一緒に炒めます。
このレシピのポイントは、炒める際に絡める特製ソースです。黒胡椒とにんにくが入ったマヨネーズソースが、香りはもちろん味にもしっかりスパイスを効かせてくれています。
最近料理がワンパターンになってきたなという時には、この特製マヨネーズを使った炒め物でいつもと違った味を楽しんでみてはいかがでしょうか。冷めても美味しいので育ち盛りのお子さまのお弁当レシピとしても重宝しそうですよね!

フライパンで炒めて仕上がりがきれい『鮭とブロッコリーの塩炒め』

鮭のピンクとブロッコリーの緑が映える炒め物です。
一口サイズに切った鮭は下味をつけて薄く焼き色が付くまで焼きます。ここでごま油を使うことで、香りが香ばしくなります。そこにブロッコリーとしいたけを加えたら、軽く蒸し焼きにして中まで火を通します。蓋を外してあらかじめみじん切りにしたにんにくと生姜を入れてさらに中火で2分。最後に調味料を回し入れたら、艶のある塩炒めの出来上がりです。
ブロッコリーは軽く蒸し焼きにすることで、芯まで火が通りやすくなり、食べる時の歯応えを失わずに仕上げることができますよ。鮭の旨みと絡まって、ブロッコリーの甘味がより一層ひき立つ一品です。

朝食の付け合わせにもおすすめ 『ブロッコリーのにんにくベーコン炒め』

にんにくの香りとベーコンの香ばしさで食欲が増す、バターを使った炒め物レシピです。
作り方はとてもシンプル。まずはバターに、にんにくの香りが染み出るようにじっくりと火を通します。細切りにしたベーコンを炒めたら、あらかじめレンジで加熱しておいたブロッコリーを投入します。
ブロッコリーは芯まで火の通った状態にしておくことで、炒める時間を短縮することができます。最後に調味料をまわし入れたら、香り立つブロッコリーの炒め物の完成です。
少ない食材でサッと作ることができるので、忙しい朝にピッタリですね!

生クリームのコクと旨みがマッチ『豚肉とブロッコリーのクリーム煮』

フライパン1つで出来るクリーム煮は、食卓の笑顔も温まる一品です。
野菜を乱切りして炒めたら、下味を付けた細切れ豚肉を小さなボール状に丸めて、同じフライパンの半分側で軽く焼き色がつく程度に炒めます。そこに調味料と合わせたクリームをかけて中火で1分煮込むだけでクリーム煮の出来上がりです。
クリームにはすり下ろしたにんにくが入っているので、深みのある味わいを楽しめます。ミートボール入りのクリーム煮がこんなに簡単に美味しく出来上がるなんて驚きですね!いつもよりゆったりとした休日のブランチに、お好きなパンと合わせて召し上がってみてはいかがですか。

チーズのとろみが食欲をそそる『 鶏胸肉とブロッコリーのガーリックチーズ蒸し』

トロ〜リチースににんにくの香ばしさ、そしてコーンの甘さが加わった、お子さまから大人まで喜ぶお味の料理です。
鶏胸肉は食べやすい大きさに切り、ラップをかけてめん棒などで叩きながら厚みを均一にしたあと、塩胡椒で下味をつけておきましょう。オリーブオイルとにんにくを香りが出るまで炒めたら、にんにくはいったん取り出して、鶏肉を焼きます。両面に焼き色がつくまで3分ほど焼きましょう。そこに具材を全部投入し、中火で蒸し焼きにします。
最後は塩胡椒で味を整え、取り出しておいたにんにくも一緒にざっと混ぜ合わせて完成です。
旨みが口の中いっぱいに広がって、クセになる美味しさですよ。

食べてみたいブロッコリーとにんにくの炒め物は見つかりましたか。肉とも魚とも相性の良いブロッコリー、味のバリエーションをストックしておけば、野菜の組み合わせなどで応用も効きそうです。毎日の献立作りにぜひ役立ててみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部