インスタ映えなどんぶりも簡単にできる!どんぶりレシピ5選

どうしても自分で作るとマンネリ化しやすいどんぶり。インスタ映えとはほど遠いと感じてしまうでしょう。脱マンネリ化するために、今回は手間がかかっているように見えるどんぶりを、簡単に作れるレシピをご紹介します。

野菜もしっかり食べよう!「きんぴらごぼうの豚バラ丼」

「美味しいから」「野菜をたくさん食べたいから」ときんぴらごぼうを作ってみたものの、最後には食べ飽きてしまうことはありませんか。
食べ飽きてしまったきんぴらごぼうを主食に変身させてしまうのが、「きんぴらごぼうの豚バラ丼」です。
タレにコチュジャンを使うことで、食べ飽きてしまったきんぴらごぼうを違った味で楽しめます。
味付けのときに1つだけ注意していただきたいのが塩加減です。もともときんぴらごぼうは、しっかり味がついています。きんぴらごぼうの味付けによっては、塩辛くなってしまいますから、味をみながら塩加減を調整してください。

タレが絡んで食欲アップ!「丼まぐろのみそ風味どんぶり」

お魚のどんぶりで手に入りやすく使いやすいのが、まぐろです。
まぐろのどんぶりはいろいろありますが、食べやすさとインスタ映えを求めるなら粘りのある長いもと合わせた「丼まぐろのみそ風味どんぶり」です。
長いもをどんぶりで食べるときはすりおろして食べることが多いかもしれませんが、こちらのレシピでは切って使います。そこで、どんぶりをさらに美味しくいただくためのポイントが切り方です。まぐろと長いもを同じ大きさで小さく切ると、たれが絡みやすくなります。

ほろ苦いゴーヤがたまらない!「ゴーヤの肉味噌炒め丼」

いつもと違って苦味のきいたどんぶりが食べたいときにおすすめしたいのが、「ゴーヤの肉味噌炒め丼」。ゴーヤの緑と唐辛子の赤がポイントになる、インスタ映えどんぶりです。
ゴーヤはお湯で3分ゆでたあと、食べやすくするために5mm角のさいの目に切ります。そして、甘辛く味付けした豚ひき肉に、ゆでたゴーヤを加えて炒めたらできあがりです。
ゴーヤの苦味はわたに含まれていますので、苦味を取りたい方はスプーンでこそげ取るようにするときれいにわたを取り除くことができます。
多めに作れば作り置きのおかずとしても使える、一石二鳥のどんぶりです。

お家で手軽に贅沢丼!「かきのピリ辛照り焼き丼」

贅沢に、そしてごはんも美味しく食べられるのが「かきのピリ辛照り焼き丼」です。
かきを美味しくいただくために、気をつけたいことが2つあります。
1つは下処理をしっかりとして臭みをとること。大根おろしを汁ごと加えて洗うと、かきの臭みをとることができます。また、かきが縮むのも防げますよ。
もう1つが火の通し加減です。ご存知のとおり、かきは火を通しすぎるとかたくなってしまいます。火加減には十分注意しましょう。
この2つのことを守れば、お家でも贅沢なインスタ映えどんぶりの完成です。

ハワイアンテイストでオシャレに!「サーモンのポキ丼」

材料を混ぜるだけなのに、見た目もおしゃれでハワイの雰囲気を味わえるのが、「サーモンのポキ丼」です。
ポキはハワイ料理のことで、切り身の魚に調味料や海藻、野菜を混ぜた料理をいいます。このポキをご飯の上にのせたのが、ポキ丼です。
ポキ丼にもいろいろなレシピがありますが、こちらのレシピはサーモン、玉ねぎ、そして、ふのりと材料が少ないため、はじめてポキ丼を作る方におすすめしたいレシピです。
味付けに使うチリパウダーがなければ、一味唐辛子で代用できます。ぜひ自宅でハワイの雰囲気を味わえるインスタ映えレシピを作ってみてください。

少し手間を加えてアレンジできるどんぶりから贅沢などんぶりまで、簡単にできるレシピをご紹介しました。これで、インスタ映えからほど遠かったどんぶりも自宅で再現可能です。きれいな見た目とは違って、簡単で美味しくできるどんぶりレシピに挑戦してみてください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5晩酌に、おもてなしに!簡単に作れる♪人気のおつまみレシピ12選もちもち