秋の食卓に!ごぼうを使ったおいしいレシピ5選

季節を問わず献立に活用されるごぼうですが、旬の季節は秋。ごぼうが一番おいしく食べられる時期におすすめの、ごぼうを使ったレシピを集めてみました。サラダからご飯ものまで、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

こってり風味がおいしい「ごぼうの味噌マヨサラダ」

ごぼうは、こってりした味付けとよく合いますよね。まずは、味噌とマヨネーズを使ったごぼうサラダのレシピをご紹介します。
アク抜きをして茹でたごぼうに、醤油、砂糖、ごま油をからめます。粗熱を取ってマヨネーズと味噌を加えて混ぜ、七味唐辛子をふって出来上がり。
醤油、砂糖、ごま油は、ごぼうが温かいうちにからめるのがポイント。そうすることで、味がよく染み込みますよ。
味噌とマヨネーズのこってりした風味が、食欲をそそります。もちろん白ご飯とも相性ぴったり。ご飯をもりもり食べたいお子さまや旦那さまにも喜んでもらえそうです。

秋の雰囲気を取り入れた「ごぼうと炒り豆腐の炊き込みご飯」

定番人気の家庭料理、炊き込みご飯。ごぼうを使って秋らしく仕上げてみましょう。
ささがきにしたごぼうをごま油で炒め、茹でて水切りをした豆腐を加えて、さらに炒めます。米に塩、醤油を加えて水加減をし、炒めた豆腐とごぼうを加えて炊いてください。
器に盛ったら仕上げに焼き海苔をちぎって散らします。お好みで七味唐辛子をプラスして。
豆腐にきつね色の焦げ目がつくまで、しっかり炒めるのがポイントです。塩と醤油のシンプルな調味料ながら、味がご飯と具材に染み込んでおいしいですよ。秋の行楽や、運動会などの行事にもおすすめのメニューです。

定番メニューにボリューム感をプラス「牛肉とごぼうのきんぴら」

ごぼうのきんぴらに牛肉を合わせて、ボリュームと食感の両方を楽しめる一品に。
フライパンで千切りにしたごぼうとにんじん、牛肉を炒め、煎り酒と水を加えます。汁気がなくなるまで炒めたら出来上がり。仕上げにごま油や煎りごま、一味唐辛子を加えてもおいしいですよ。
味のポイントは煎り酒。煮切った日本酒に鰹だし、昆布だし、梅酢を加えた調味料です。2種類のだしを使うことで、味にグッと深みが出ます。
定番メニューも、一手間かけることで本格的な仕上がりに。シャキシャキしたごぼうと、ジューシーな牛肉は、噛めば噛むほど味が出る組み合わせ。ぜひ歯ごたえを楽しみながら味わってみてください。

ごぼうのシャキシャキ食感を楽しむ「野菜と鶏肉の甘辛つくね」

ごぼうの食感が食べごたえたっぷりの、野菜と鶏肉のつくね。お子さまもおいしく食べられる、甘辛い味付けのレシピをご紹介します。
まず、醤油、みりん、砂糖を混ぜ合わせたものに、にんじんとごぼうを合わせて下味をつけます。これを絞ってボウルに入れ、鶏ひき肉、玉ねぎ、卵、片栗粉、調味料を加えてよく練ってください。丸く形を作って焼き、調味液と水で煮詰めたら完成です。仕上げに青ねぎを振りかけて。
ごぼうとにんじんに下味をつけることで、中までしっかり味のしみたつくねになりますよ。献立のメインにも、お弁当のおかずにもぴったりの一品です。

ほっこり風味の「牛肉とごぼうの柳川風」

醤油とみりんの甘辛風味とふわふわの卵がマッチした、牛肉とごぼうの柳川風。
だしを沸かした鍋に、料理酒、醤油、みりんを入れて火にかけます。ささがきにしたごぼうと牛肉を加えながら煮立て、溶き卵を回し入れ、蓋をしましょう。卵が半熟状になったら三つ葉を散らします。最後に器に盛り、木の芽を添えて。
三つ葉と木の芽が、風味と彩りをプラスしてくれます。しっかりした味付けなので、白ご飯とも相性抜群。ご飯の上にのせても素敵ですね。頼れる主菜メニューとして、毎日の献立で活躍してくれそうです。

秋が旬のごぼうを使ったおいしいレシピを、5つ紹介しました。
ごぼうは食物繊維が豊富で、健康や美容に気を遣う人にとっても嬉しい食材。シャキシャキのごぼうを、ぜひ様々なメニューで楽しんでみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり