秋といえばさつまいも!思わず笑みがこぼれる絶品スイーツ5選

「石焼きいも~」と窓の外から声がすると、すっかり秋の気分になりませんか。そこで、加熱したさつまいもの優しい甘みが口いっぱいに広がる、そんな身も心もホッとするようなスイーツはいかがでしょうか。今回は、はちみつや生クリーム、フルーツなど、さつまいもと秋の味覚のマリアージュが楽しめるスイーツレシピを集めてみました。

はちみつとチーズが相性抜群!「手作りさつまいもチップス」

素材の甘味を生かした、さつまいもチップスがとても簡単に作れてしまうレシピのご紹介です。まずはさつまいもをスライサーで薄切りにしたら、水につけてアク抜きをします。その後、水気をしっかり切りましょう。水分が残ってしまうと、油で揚げる際にバチっと跳ねて火傷の原因になってしまうのでご注意を。熱した揚げ油でさつまいもをサッと揚げたら、油を切って皿に盛り付け、はちみつ、ミモレットチーズ、黒ごまを振って完成です。はちみつの甘さとチーズのしょっぱさがとても良く合いますよ。

クリーミーでとろける!見た目も可愛い「秋の果物とさつまいものムース」

秋の味覚をたっぷり味わえる、素材の味を生かした旬のスイーツを堪能しませんか。しっとりとしたさつまいものムースが、午後のティータイムを上品に演出しますよ。市販のスポンジ生地を使うので簡単なのに、本格的なデザートに仕上がります。さつまいもは濡れたペーパータオルを巻き、ラップで包んでレンジでチン。すると、蒸したかのように熱が通るので、覚えておきたい時短テクニックですね。また、フードプロセッサーでムース生地とさつまいもを撹拌した後に裏ごしするので、素早くなめらかな食感に近づきますよ。冷蔵庫でしっかりと冷やしてからお召し上がりください。ムースにはお好みでナシやカキ、イチヂクやブドウを添えても美味しく召し上がっていただけます。

甘みと酸味が絶妙に絡み合うタルトを召し上がれ「スイートさつまいも」

市販のタルトレットを使って作る、甘いさつまいものタルトはいかがですか。上に乗せるドライプルーンや、隠し味に入れるマヨネーズの酸味が絶妙にマッチしますよ。蒸したさつまいもをつぶしたら、生クリーム、牛乳、マヨネーズ、砂糖、レモンの絞り汁を合わせたものに入れ、よく混ぜ合わせます。ペースト状になったら絞り袋に入れて、タルトレットに流し込み、溶いた卵を表面に塗りましょう。こうすることで、焼いた時に美味しそうな照りが生まれます。さらに表面にフォークで溝を付けたら、刻んだドライプルーンを乗せ、オーブン加熱。更に盛り付けてミントを飾れば、フォトジェニックな焼き菓子が出来上がりです。

かぼちゃとさつまいもを使った豪華なスイーツ「パンプキンとフルーツのデザートグラタン」

秋の味覚が大集合!かぼちゃとさつまいものホクホクした食感を、瑞々しいフルーツと一緒に味わってみませんか。見た目にもインパクト大の彩り豊かなスイーツですので、お友達とのホームパーティーなどで振る舞ってみてはいかがでしょうか。ひと口大に切ったかぼちゃとさつまいもを蒸している間に、バナナ、リンゴ、オレンジ、カステラをカットします。マヨネーズ、はちみつ、牛乳を混ぜ合わせたら、用意した全ての具材とレーズンも加えます。耐熱皿に混ぜ合わせた具材を移して、オーブンで焼きましょう。最後にジャムをトッピングしたら完成。お好みで、緩めにたてた生クリームをトッピングしても美味しいですよ。

ド定番だけど食べる手が止まらない!安定の美味しさ「ひとくちスイートポテト」

甘くて美味しいスイートポテトは、さつまいもスイーツの定番。ご家庭によって作り方もまちまちかと思いますが、今回はコロコロした見た目が素朴で可愛い、お気軽につまんでいただけるスイートポテトのレシピです。トースターで焼けるのも時短となる大事なポイント。焼き上がったら鮮やかな色の皿に盛り付けると、色のコントラストが出てより一層美味しそうな見た目に仕上がりますよ。

パリッとした軽い口当たりのチップスから、しっとりしたムースなどさつまいもを使ったスイーツレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか。最近では、たっぷりと蜜が入った濃厚な甘みの安納いももスーパーで手軽に手に入るようになったので、レシピによってぜひ使い分けてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり