秋の味覚エリンギを楽しみ尽くす!和食レシピ5選

エリンギは肉厚な食感と、くせのない味で色々な料理にうまく馴染む便利な食材です。そんなエリンギの旬は秋。 今回は、旬のエリンギの魅力を楽しみ尽くす和食レシピをご紹介します。どのレシピも気軽に作れるので、どんどんチャレンジしてみてくださいね。

手軽に楽しむ秋の味覚「エリンギバター炒め」

まずは、シンプルな調理で素材を味わい尽くす、エリンギバター炒めのご紹介です。
手軽にできて、冷めても美味しいので、おかずが物足りない時や、お弁当の一品など、便利に使うことができますよ。
作り方は、フライパンでバターとにんにくを熱し、エリンギと塩を入れて炒めます。バターを加えて香りが出たら、オレガノを入れれば出来上がりです。
火を通しすぎると、エリンギの食感が失われるので、火加減には注意してくださいね。ベーコンやじゃがいもを入れたり、バターの代わりにマヨネーズを使っても美味しいですよ。

さっぱりと楽しむ秋の味わい「豚バラとエリンギの梅しそ巻き焼き」

続いて紹介するのは、ジューシーでボリューム満点、ご飯のおかずにもおすすめの「豚バラとエリンギの梅しそ巻き焼き」です。
一口食べると豚肉とエリンギの柔らかな食感、後から梅としそ爽やかな風味がたまらない一品です。
作り方は、エリンギ、しそ、刻んだ梅干しを豚肉で包み、炒めれば出来上がりです。
焼いていて中身が出てしまわないよう、具材を入れすぎずに巻くのがポイントです。梅干しの代わりに、チーズを入れたり、甘辛い味付けにしたりしても美味しいですよ。

ギュッと詰まった秋の味覚!「エリンギ・しめじ・まいたけの無限きのこ」

レンジで簡単に作れる「無限きのこ」をご紹介します。
ごま油の風味と、しっかりとした味付け、きのこの食感でご飯が進む一品は、常備菜としてもおすすめです。
作り方は、ツナ、コンソメ、塩胡椒、ごま油、ほぐしたきのこを和えて耐熱皿に乗せレンジで加熱。ねぎとごまをふれば出来上がりです。
味付けにはちみつを使ったり、ツナの代わりにベーコンやウインナーを使っても美味しく作れますよ。熱々でも冷めても美味しいやみつきメニューです。

秋の味をたっぷり楽しむ!「鶏肉とエリンギの味噌炒め」

続いて、旬のきのこと鶏肉の食感を楽しむ「鶏肉とエリンギの味噌炒め」をご紹介します。
箸が止まらない一品。作り方は、鶏胸肉とエリンギを炒めて火が通ったら、なめこ、味噌、料理酒、醤油、砂糖の合わせ調味料を入れ、カシューナッツを入れて炒め、かいわれを乗せたら出来上がりです。
片栗粉の代わりに、なめこでとろみをつけているのもポイントです。きのこの種類を変えれば味わいも変わるので、ぜひ試してみてくださいね。

口の中いっぱいに広がる秋の旨味!「焼きエリンギとまいたけのおろしあえ」

最後に、秋の旨味を目一杯味わう一品をご紹介します。焼いたきのこは、旨味がギュッと凝縮していて、まさに秋の味覚そのもの。
シンプルな調理なので、もう一品欲しいという時に便利に使えるメニューです。
作り方は、大根おろしは水気を切って、レモン汁とオリーブオイルと混ぜておきます。エリンギとまいたけを炒めて塩胡椒で味付けしたら、先ほどの大根おろしと和えて、最後に刻んだ甘酢生姜を乗せれば出来上がりです。
きのこはしめじや、えのきなどを加えても美味しいですよ。箸休めやお酒のおつまみに幅広く使える一品、いかがですか。

まさに秋の味覚、エリンギの魅力を楽しむメニューをご紹介しました。
エリンギはいろいろな調理法に使える便利な食材なので、今回ご紹介した以外のレシピにもどんどん挑戦すれば、さらに秋の味覚を楽しめます。ぜひ作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部