秋のきのこ料理、えのきを使った和食レシピ5選

お手軽価格で手に入り、あまりくせが無いので合わせる食材や料理を選ばない、えのき。スーパーで年中手軽に手に入りますが、旬の秋は、えのきが活躍するお料理がおいしい季節でもあります。 今回は、そんなえのきを使った和風のレシピを選んでご紹介いたします。

シャキシャキ食感が人気の照り焼き風「えのきの肉巻き」

まずは、豚肉と組み合わせた、メインのおかず向きの一品をご紹介します。
豚の薄切り肉に野菜を巻いた「肉巻き」は、大人にも子どもにも人気がある料理のひとつ。フライパンでじっくり焼き、照り焼き風の味をつけたものは、野菜が苦手な人にも食べやすい一品になりますね。
えのきは淡白なので、特に甘辛い味付けと合います。クルクルとひとつずつ巻かれた小ぶりなサイズは箸をのばしやすく、お弁当のおかずやおつまみにもぴったり。焼いて冷ますと硬くなりやすい肉も、合わせ調味料に混ぜる白ワインのおかげで硬くなりづらいですよ。

えのきとしめじの旨みを閉じ込めた 「豆腐のきのこあんかけ」

メイン向きのおかずレシピ、豆腐と組み合わせたあんかけ料理はいかがでしょうか。あんかけの温かいおかずは、肌寒い日も多くなる秋にぴったりの、心も体もほっと温まる一皿ですね。
きのこの旨みとシャキシャキした食感が閉じ込められた温かいあんの中に潜むのは、豆腐。豆腐そのままでもいいのですが、せっかくなのでちょっとひと手間かけて、水切りした豆腐に卵白と刻んだねぎを混ぜて、蒸し上げています。
このひと手間で、豆腐が熱々になる上、ふわふわした食感と風味がぐっと増すのでおすすめです。
大皿にもると冷めにくいですが、1人分ずつ小鉢に分けても小料理屋さんの一品のようでおしゃれですね。

えのきで作るごはんのとも「しらたき入りなめたけ」

食欲の秋、ごはんのともにぴったりな「なめたけ」を手作りしてみませんか。これひとつで、ごはんがもう一膳食べられそう。もう一品ほしいときにも活躍してくれますよ。
しらたき入りで、シャキシャキした食感が楽しめ、ローカロリーなのも嬉しいですね。
なめたけを作るというと、手間と時間が掛かるように感じるかもしれませんが、鍋に胡麻油を熱し、しょうが、えのき、しらたきを順番に炒め、調味料で味付けするだけです。
大人向けには、仕上げに七味唐辛子をかけると、味が引き立ちます。作り置きもできるので、えのきが安くなっている日の定番レシピになりそうですね。

えのきの味わいをじっくり楽しむ「えのきの梅かつおあえ」

箸休めやもう一品ほしいときに、あえるだけでパパっと作れる「えのきの梅かつおあえ」はいかがでしょうか。涼しくなってくる秋、夏の疲れが残る体に、梅の酸味と滋味、かつお節の旨みがしみわたるさっぱりとした一品は、旦那さまの晩酌のおつまみにもいいですね。
フライパンに、切ったえのきと酒を入れ、しんなりするまで炒めたら、ほぐした梅干、合わせ調味料、かつお節とサッと混ぜるだけ。
シンプルな料理だけに、えのきの風味をしっかり引き出すことがポイントです。コツは、えのきをじっくり炒めること。そうすることで、えのきの風味が際立ちますよ。

電子レンジで簡単!秋が旬のえのきをシンプルに楽しむ「きのこの煮びたし」

電子レンジで手軽に作ることができる、この「煮浸し」は、きのこだけでも主役になるレシピです。
ボリュームがあって、なおかつ上品に仕上がる一皿。一般に秋が旬のものが多いきのこは、種類を混ぜて使うことでさらに旨みを楽しむことができます。
えのきとしいたけを使い、出汁と合わせた調味料に浸して、電子レンジで加熱するだけ。しばらくそのまま置いて冷ますことで、味が染みこみます。
加熱しすぎるとクタクタした感じになってしまうので、加熱しすぎないように気をつけましょう。仕上げにレモンを搾ってかけると、グッと味が引き立ちますよ。

それだけでも、肉や豆腐と組み合わせても、晩ごはんのおかずにパパっと変身してくれるえのき。
旬の秋を楽しむ和食レシピ、ぜひ作ってみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【家がおしゃれBARに大変身♡】宅飲みの簡単おつまみレシピまとめよこさん
  2. 2子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部