秋が旬のかぶを使った、おすすめ和食レシピ5選

夏が終わり、少しずつ肌寒くなってくる秋。食事も冷たい料理から少しずつ温かい料理を口にしたくなってくるのではないでしょうか。かぶは和食との組み合わせが抜群で、温かい煮込み料理などが代表的です。今回は秋が旬であるかぶを使った、絶品の和食レシピを5つまとめてみました。

優しいかぶの味わい「鶏のそぼろあんかけ」

かぶと相性の良い、鶏のそぼろあんかけを組み合わせたこちらのレシピ。
煮込まれたかぶの口当たりは優しく、味噌でコクを出しているので、ほっこりとした味わいです。比較的短時間で作ることができるので、ご飯に合わせて品数を増やしたい時におすすめ!
鍋に、水、鶏肉、生姜を加えて沸騰させたら、調味料を加えます。味噌などの調味料を加えたら、水で溶いた片栗粉を流し入れてとろみをつければ完成です。
ひき肉は鍋に火をつけてから加えると固まってしまうので、沸騰する前の水の時点から入れましょう。

まるごとかぶが特徴「かぶのくりぬき煮」

大胆にかぶを丸ごと使った、くりぬき煮。あっと驚くようなおかずとして、おすすめのレシピです。
かぶを丸ごと使うので食材を無駄なく頂けます。使用する具材は、小ねぎ、海老、鶏挽肉と旨み溢れる食材ばかり。
かぶは蓋と皿の2つに切り分けて、茹でて柔らかくします。皿の方はくり抜いた中身をみじん切りにして具材と混ぜましょう。
具材を皿部分のかぶに肉詰めしたら、調味料をかけながら柔らかく煮込み、そのまま冷ませば完成です。
かぶは食べる時にもう一度温めてください。

意外な組み合わせが美味しい「酒粕和え」

マヨネーズとかぶを使った意外な組み合わせのレシピ。
酒粕がアクセントになる濃厚な和え物です。
使う食材はかぶときゅうりのみ、調味料も少ないので、気軽に作ることができそうですね。酒粕にだし汁を少し加えるとより一層風味が増します。
マヨネーズと酒粕を使った濃厚な味わいは、ご飯のお供や、酒のつまみにも相性が良さそうですね。
野菜が多く余っていたら、一度に多くの量を作って、作り置きするのもおすすめです。

かぶと油揚げの組み合わせ「豆乳味噌汁」

だしの旨みが具材の野菜にもしっかりと染み込んだこちらのレシピは、かぶと油揚げの豆乳味噌汁です。
具材はシンプルに、かぶと油揚げのみ。味付けは豆乳とだし、味噌で。かぶは丸ごと使うので、葉が付いているものを選んで購入するようにしましょう。
鍋を煮立たせ過ぎると味が濃くなってしまうので、注意を払って煮込んでください。
柔らかく煮込まれたかぶが、油揚げの食感と絶妙にマッチ!豆乳を使っているので、コクとまろやかさが抜群の味噌汁です。いつもとはひと味違う味噌汁はいかがですか。

とろみがかぶとマッチ「ばい貝の葛煮」

夏が終わり寒くなってきたら、少しずつ温かい食事が恋しくなってくる時期。
こちらのレシピは葛のとろみが体を温める、ばい貝と野菜の葛煮です。ばい貝、かぶ、うど、にんじん、椎茸と具だくさんで、お腹もしっかりと満たしてくれそうです。
カットした具材を煮込んだら、葛粉を溶かし入れ、とろみをつけます。仕上げに三つ葉を加えて、椀に盛って生姜汁をたっぷりと落とせば完成です。
葛はすぐに火が通るので、煮過ぎないように注意しましょう。
最後の生姜汁がアクセントになって、体をポカポカと温めてくれそうです。

どのレシピも、かぶの良さを生かした魅力溢れるレシピでしたね。
かぶは食べ応えもあり、しっかりと食事をとりたい時にもおすすめの食材です。和食は日本人に馴染み深い料理でもあり、旬の食材と組み合わせて作るのにピッタリです。様々なかぶのレシピ、秋に食べたくなるのは、どのレシピだったでしょうか。
気になるものがあれば一度お試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部