深まる秋に!旨みと香りが詰まった、ごぼうのおつまみレシピ5選

ごぼうは、秋が深まるにつれて風味が増していく野菜。料理によって切り方を変えることで、さまざまな食感や風味が出ることはご存知ですか。定番のきんぴらごぼうはもちろんのこと、幅広いバリエーションのおつまみを作ることができます。 牛肉の旨味や根菜と相性抜群であることも、ごぼうならでは。今回は、ごぼうの持ち味を生かしたおつまみレシピをご紹介します。

ピーラーを使った簡単ささがきでOK 「牛肉とごぼうの柳川風」

江戸時代から愛されてきた下町の味「柳川鍋」。本来はドジョウを使いますが、家庭料理では牛肉に変えて柳川風おつまみとして楽しみましょう。
ごぼうの調理と言えば、ごぼうに縦に切り込みを入れ回しながら削るようにカットする、ささがきが基本ですが、このレシピではピーラーを使えば大丈夫。手間も時間もグッと省けます。
だしに調味料を入れて、水にさらしたごぼうを加えたら牛肉、溶き卵を入れて蓋をします。卵が半熟状態になったら、みつばを散らしましょう。木の芽を添えると雰囲気もアップ!
ご年配の方に人気のメニューなので、旦那さまのご両親が訪れた時に振る舞ってみてはいかがですか。

これを食べなきゃ秋が始まらない!?「れんこんとごぼうのきんぴら」

ごぼう料理の代表と言っても過言ではない、きんぴらごぼう。根菜が豊富な秋こそ、きんぴらの味を堪能できる季節です。
ごぼうに組み合わせる野菜は、れんこん、にんじん、エリンギの3種類。ちくわも加わるので、ボリュームのあるきんぴらです。
それぞれ材料を切り、しんなりするまで炒めたら、調味料を入れて汁気が無くなるまで煮ます。ごま油、一味唐辛子、いりごまを振って出来上がり。
少し濃い目の味付けになっているので、ビールや日本酒と良く合います。

お家で居酒屋気分が楽しめる「シャキシャキごぼうのモツ煮込み」


寒空の中、仕事から帰ってきた旦那さまを、男性に人気の居酒屋メニューでお迎えしませんか。
もつ料理が初めての方でも、煮込みなら失敗も少なく気軽に挑戦できますよ。
コツはアクを丁寧に取り除くこと。材料も調味料も特別なものは一切なく、簡単に完成します。
ごぼうの食感を楽しめる出来立てはもちろんのこと、冷蔵庫で一晩味を染み込ませると、また格別な美味しさです。
心を込めた一品に、旦那さまの疲れもふき飛んでしまうはず!

赤ワインと一緒に食べたいおつまみ「ゆでごぼうのゴルゴンゾーラ和え」

秋になるとボジョレーヌーボーの解禁日が近づいて、赤ワインと合わせる料理が気になり始めますね。
肉料理と相性がいい赤ワインですが、ごぼうとゴルゴンゾーラチーズを使ったおつまみもおすすめです。
にんにくをオリーブオイルで炒めて、生クリームとゴルゴンゾーラチーズをとろりとするまで溶かします。火をかけたままチーズソースと茹でたごぼうを和え、塩と胡椒で味を調えましょう。
ホクホクのごぼうと香り高いチーズソースが、大人な晩酌タイムを演出してくれますよ。

はんぺんとごぼうのコンビネーションでカリッと美味しい「ふわふわごぼう天」

冷たいビールにふわふわのはんぺんと食感のあるごぼうで、カリッとしたおつまみ天ぷらはいかがですか。
はんぺん、溶き卵、調味料とフードプロセッサーで混ぜ合わせたら、ごぼうを加えます。大葉で巻いて水溶き片栗粉をつけたら、きつね色になるまで揚げましょう。醤油、すりおろし生姜、カットレモンはお好みで添えてくださいね。
大葉の代わりに海苔を使うと、磯の香りが漂う香ばしい天ぷらになりますよ。

ごぼうを使ったおつまみレシピ5選をお届けしました。ビール、日本酒、ワインに合わせて、たくさんのごぼう料理が楽しめます。
いつものきんぴらごぼうから一歩踏み出して、新たなごぼうの魅力を発見してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部