忙しい日に頼れる食材!秋が旬のじゃがいもお手軽レシピ5選

フライドポテトやポタージュ、サラダに煮物など、姿を変えながら世界中で愛されているじゃがいもは、どんな調味料とも合わせやく、レシピの種類も数えきれないほど。時間がなく手間をかけたくないときも、じゃがいものお手軽メニューが味方になってくれます。 そこで今回は、大人からお子さままで、みんながきっと喜ぶ厳選じゃがいもレシピのご紹介です。

食材はじゃがいもとさやえんどうのみ!「簡単じゃがいも煮物」

予定より遅い帰宅になり、家には家族がお腹を空かせて待っている…そんな状況は誰しも経験があるのではないでしょうか。ペコペコのお腹をいち早く満たしてあげるには、このレシピがぴったりです。
材料をすべて入れたら、グツグツと煮るだけ。じゃがいもに染み込む醤油の香りが台所いっぱいに広まるので、出来上がり待機中の家族も期待しながら楽しく待ってくれますよ。
煮あがるまでそのままにしておけるので、その間にもう一品作ることができますね。

朝食や夜食にも!じゃがいもで腹持ち満点「シーフードポテトポタージュ」

胃が疲れたまま迎えた朝や、小腹がすいた夜食におすすめのレシピが、こちらのポテトポタージュです。
溶かしたバターにたまねぎを加え、潰したじゃがいも、シーフードミックス、水、牛乳、固形コンソメを入れてひと煮立ち。塩、胡椒で味付けをして、仕上げに生クリームでとろりとさせましょう。
シーフードがアクセントになった、あったかポテトポタージュで、体が芯からポカポカになりますよ。

お誕生会やホームパーティーにもお役立ち「じゃがいものツナ卵のせ」

お料理はもちろん、掃除や飾り付けなど、たくさんの準備が待っている、お誕生会やホームパーティー。限りある時間を有効に使うためにも、前菜メニューは、じゃがいもに頼りましょう。
茹でたじゃがいもを輪切りにして並べたら、その上にツナ、半熟卵を乗せてドレッシングをかけたらお終い。
食べやすい一口サイズで、見た目も可愛らしい一品です。お子さまに人気のメニューなので、お誕生会では多めに作っておくと良さそうです。

じゃがいもを皮のまま丸ごとオーブンへ!「アコーディオンベイクドポテト」

皮が付いたままのフライドポテトは、歯応えと味に深みがでますよね。同じようにオーブン焼きでも皮付き調理がおすすめです。
アコーディオンのようにじゃがいもをカットしたら、バジル、チーズ、ハムを順番に挟み、オリーブオイルと塩、胡椒をかけてオーブンに入れましょう。のんびり待っていれば、ホクホクのベイクドポテトが完成します。
皮むきの手間もなく美味しく食べられるなんて、なんだか一石二鳥ですね。
見た目も豪快なベイクドポテトは、お食事マナーを気にせず、ガブリと頬張って食べてくださいね。

じゃがいももソースもレンジにかけるだけ「アンチョビポテト」

最後にご紹介するのは、お子さまにも任せられそうな、お手軽調理法のレシピです。
レンジでじゃがいもを加熱して皮を剥いたら、一口大にカットしておきます。次は、バターに刻んだアンチョビを加えレンジでチン。このソースと黒胡椒、パセリをじゃがいもの上からかけて、ホクホクのアンチョビポテトの完成です。
プレーンじゃがいもに塩気のあるアンチョビバターがよく絡み、ビールや白ワインの肴としてもピッタリです。
お子さま向けに塩気を加減するには、アンチョビの量を調節するといいですよ。

秋が旬のじゃがいものお手軽レシピは、いかがでしたでしょうか。
じゃがいもは、最適な保存方法であれば長期の保管が可能な心強い食材です。上手にストックして、お買い物や料理の時間が取れないような忙しい日に、このお手軽レシピを参考にして乗り切りましょう!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部