洋食にもおすすめ!秋がおいしい、ごぼうの旬レシピ5選

寒くなってくると、なぜか根菜が食べたくなりますよね。食物繊維が豊富なごぼうは、きんぴらや煮物など和食のイメージが強いですが、洋風のレシピでもおいしくいただける食材なのです。今回は、旬のごぼうが大活躍する、洋食のレシピを選んでご紹介いたします。

カリッとごぼうにチーズの香ばしさ「ごぼうのパルミジャーノチーズ焼き」

ちょっとした前菜やおつまみ、お子さまのおやつにもパッと作ることができる、ごぼうが主役のこんな一品はいかがでしょうか。
出汁で柔らかく炊いたごぼうをオリーブオイルとにんにくでじっくり焼きつけ、仕上げにパルミジャーノチーズを振りかけて香ばしく焼き上げた「ごぼうのチーズ焼き」。
カリカリとしたチーズの衣と、ほっくりした歯ざわりに、じわっとごぼうの旨みが染み出します。にんにくの香りも食欲をそそりますね。
指でつまんで食べることができるので、持ち寄りパーティーや、おもてなしの一品にもぴったり。
旬のごぼうはみずみずしいので、素材の旨みを楽しむ、こんなシンプルな食べ方もおすすめですよ。

ごぼうのやさしい旨みがぎゅっと詰まった「ごぼうポタージュ」

ごぼうの旨みを丸ごと味わう、といえば、ポタージュスープ。
野菜のやさしい旨みと出汁をぎゅっと詰め込んだ調理方法ですね。
ごぼうは繊維質なので、「ごぼうでポタージュスープ!」と意外に感じるかもしれませんが、薄く切ってしっかり炒め、フードプロセッサーにかければ、クリーミーなスープに仕上がりますよ。
旬のごぼうは、それだけでもおいしいスープになりますが、お子さまにはこのレシピのように、玉ねぎとじゃがいもをベースにすると食べやすくなります。
ごぼうが苦手、という人でも、このポタージュスープなら食べられるかも。
温かくても冷たくても、おいしくいただけます。

ハーブが香る鶏肉とごぼうの洋風レシピ「ハーブチキンソテー」

ごぼうと鶏肉の組み合わせは、和食なら鶏ごぼうご飯などでおなじみですね。
今回は相性のいい鶏肉とごぼうで、洋風メインディッシュに挑戦してみましょう。ごぼうと鶏肉さえあれば、フライパンひとつで簡単に、満足感のあるおかずのできあがりです。
このレシピでは、チキンソテーの香り付けに生のローズマリーを使っていますが、手に入らなければドライハーブでも大丈夫です。にんにくとハーブで焼き付けた鶏もも肉と、下ゆでしたごぼうを炒めるだけ。旬のごぼうとハーブのよい香りが食欲をそそります。
ごぼうは酢を入れて茹でると変色を防ぐことができ色よく仕上げることができますよ。

残ったごぼうを活用!メインディッシュに「ごぼう入りポークケチャップ」

ほんの少し残ってしまったごぼうは、豚肉と合わせて、こんなメインの一皿に変身させてみましょう。
玉ねぎとパプリカも入っていろどり豊かなポークチャップは、野菜と肉のバランスも良く、ボリュームもたっぷり。
一皿で満足感のあるおかずになりますね。ケチャップ味の豚肉は、小さなお子さまも喜んでたべてくれるはず。ごぼうの食感がアクセントになり、くせになるおいしさです。
調味料は、肉にしっかり絡めるように炒めることで、旨みがアップしますよ。

味噌マヨベースのドレッシングが絶品「ごぼうと豚しゃぶのサラダ」

ごぼうはマヨネーズと相性が良く、サラダにもぴったりの食材です。
ごぼうと水菜のシャキシャキ感を楽しむサラダは、豚の薄切り肉のしゃぶしゃぶを合わせて、一皿で満足感たっぷりにしましょう。
肉を茹でた同じ湯でごぼうを下茹ですると、肉の旨みがごぼうに良く染み込みます。マヨネーズに味噌と酢を混ぜたドレッシングは、ごぼうにも水菜にも豚肉にも相性抜群、箸がどんどん進みます。
ごぼうのほのかな甘味の引き立つサラダは、さっぱりしたものが食べたい時におすすめです。

ごぼうの栄養は、皮の近くに多いと言われますので、洗う時に皮を削りすぎない方が良いですよ。シャキシャキのごぼうを使って、旬の素材を味わうレシピを、ぜひこの機会に作ってみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部