お酒に合わせて楽しみたい!たまねぎ×卵のおつまみレシピ5選

自宅でお酒を楽しむ時に欠かせない美味しいおつまみ。ゆっくりお酒の飲む時は手間をかけずにササッとおつまみを作りたいですよね。 今回はたまねぎと卵を使った簡単に作れるおつまみを集めてみました。

ご飯がすすむみんな大好き『甘辛味牛皿の卵とじ』

お酒を飲む人も、飲まずにご飯を楽しみたい人も一緒に食べられるのがこのレシピの良いところ。甘辛味はビールにも焼酎にも、ハイボールにもぴったりです。
美味しく仕上げるコツは、牛肉とたまねぎを煮た際に出るアクをできるだけ丁寧に取ること。煮すぎると牛肉が硬くなってしまうので、アクが浮いてきたら中火に落として丁寧かつ手早く作業しましょう。
卵はとろとろの状態に仕上げたいので、火加減に要注意。中火で1分加熱し、半熟状になったところで火をとめて蓋をし、余熱で3分ほど蒸らして完成です。
とろとろ卵をからめて召し上がれ。しめの牛丼にするのも良いかもしれませんね!お好みで七味唐辛子を振れば、ますますお酒にマッチしますよ。

エスニック風味でいただくフライドエッグ『タイ風揚げ卵』

軽い飲み口のタイビールにぴったり合う、エスニックなフライドエッグ。調理時間約10分で本格的な味わいを楽しめます。
卵は好みの硬さに茹で、皮をむいたら中温にした揚油できつね色になるまで揚げます。上手に揚げるコツは箸で転がすこと!揚げ色が均一になるうえ、底に焦げ付かず綺麗に揚がりますよ。
唐辛子、あさつき、たまねぎを薄切りにしたエスニック風味の野菜と、鶏挽き肉と混ぜ合わせてソースを作ったら、パクチーをたっぷりかけて召し上がれ。

レモンの風味でさっぱりと!『サクサク!ズッキーニ揚げ』

ズッキーニのフライも美味ですが、このレシピの主役は自家製のタルタルソース。レモンとマスタードが効いているので、マヨネーズのこってり加減と揚げ物の重さを軽やかに感じさせてくれます。
卵は好みの硬さに茹でてつぶし、みじん切りにしたたまねぎ、マスタード、マヨネーズ、レモン果汁、ハーブソルト、パセリとよく混ぜてタルタルソースの出来上がり。
ズッキーニフライにたっぷりのせていただきましょう。ズッキーニは水分が多いのであらかじめ塩を振り、水分を取ってから揚げることでカラッと仕上がります。
季節に合わせた旬の食材とタルタルソースの組み合わせは絶品ですよ。

おやつにもおつまみにもどうぞ『カリカリ豚バラチヂミ』

簡単にできる本格的なチヂミはちょっとしたおやつにもおすすめ。食べ盛りのお子さまがいるご家庭にもぴったりです。
今回のメイン具材は豚バラ。生地のベースは薄力粉、醤油、塩、砂糖、卵、水なので専用の粉を購入する必要がないのも嬉しいですよね。
フライパンにごま油を熱したら、半量の豚肉を並べ入れ、肉の色が変わり始めたところでたまねぎなどの野菜を入れた液を投入、残りの豚肉を重ねて蓋をし、中火で7分蒸し焼きにしたら裏側も同様に焼きましょう。
ひっくり返す際は、崩れてしまわないように皿などを使い、上下を返して取り出し、滑らせるようにフライパンに戻すと上手くいきますよ。

トマトに旨みをけた、仏料理『トマトのファルシ』

肉や魚、野菜などの中に別の食材を詰めた料理、「ファルシ」。ピーマンの肉詰めなどもその一種ですね。今回ピックアップしたのはトマトを使ったファルシです。
丸ごとかぶりつきたくなるコロンとした見た目が可愛く、中には卵をつなぎに使ったジューシーな肉とたまねぎなどの野菜が詰まっています。
くるみが食感の良いアクセントになっているのもこのレシピの特徴です。くるみは食べやすいように粗めに刻んでくださいね。
器にするトマトは具材が離れてしまわないように、汁気を軽く拭き取って薄力粉をふってから具材を入れ込みましょう。お好みでタバスコや粒マスタードと一緒にどうぞ。

味のしっかりしたメニューはお酒との相性抜群!さらにどれもお子さまも一緒に食べられるメニューなので、取り合いにならないようにご注意くださいね。
一手間かけた美味しいおつまみで、今日も乾杯!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部