ご飯にもお酒にも合う!にんじんと豚肉の絶品炒め物レシピ5選

甘辛味から、鶏がらスープのシンプルな味付けまで多彩な味付けに合う、ジューシーな豚肉とにんじんの炒め物を5つピックアップしてみました。 他のおかずとのバランスを考えて、さて今日はどんな味で食卓を彩りましょうか。

栄養満点『定番料理八宝菜』

豊富な具材をたっぷりと食べられる中華の定番、八宝菜レシピです。野菜も柔らかくて食べやすいので、ご飯をたくさん食べるお子さまにも、ビールを飲みたい大人にもぴったりですよ。
豚肉だけでなくホタテ貝柱やイカからも旨みが出るので、味付けは薄めに調整してもいいですよ。イカは食感を良くする意味も含めて、格子状の切り込みをしっかりと入れて一口大に切ってください。
にんじん、きゃべつ、ホタテ、イカは切ったらすぐ炒めるのではなく、20秒ずつサッと茹でるのも美味しく仕上げるコツですよ。炒め始めたら手早さが大切なので、調味料はあらかじめ混ぜておきましょう。

ピリリと辛い甘辛味でビールが進む『豚バラと野菜のプルコギ風』

自宅で簡単韓国料理はいかがでしょうか。ビールはもちろんご飯も進む一品です。じゃがいも、たまねぎ、にら、にんじんと野菜もたっぷり!調理中からにんにくとごま油の香りがキッチンに広がり、食欲をそそります。
野菜はレシピにあるもの以外にも、お好みの野菜を入れてOKです。しいたけやピーマンは火が通りやすく、季節によってはれんこんやさつまいもなどの根菜類も意外とマッチします。炒める順番はじゃがいも、つけ汁で下味をつけた豚肉、たまねぎ、にんじん、しめじの順に。
ホットプレートを使っていますが、もちろんフライパンにコンロでも美味しく出来上がるのでご安心ください。

どこか懐かしい味わい 絶品!『豚ロースとカラフル野菜のソテー』

こってりとした味わいはご飯にぴったり!懐かしさを感じる秘密はケチャップ、ウスターソース、はちみつの味付けにあります。一見みそ味にも見えますが、食べたらその甘めの味にはまってしまいますよ。
豚ロースは軽く塩こしょうして、小麦粉を薄くまぶしておきます。たまねぎ、にんじん、豚肉、しょうが、しめじ、パプリカの順に炒めたら、調味料を入れて全体を良く混ぜます。仕上げにバターを入れることで、コクと旨みがさらに増しますよ。
今回のレシピは薄切り肉を使用していますが、豚カツ用の厚切り肉でも美味しくできるので、よりボリューミーにしたいときは試してみてくださいね。

ご飯や麺と相性抜群『豚ひき肉の辛味噌炒め』

おかずとしてだけでなく、ご飯や麺にのせて主食としても活用できる万能レシピがこちらです。野菜をみじん切りにすることでたっぷり食べることができるので、お腹も満たされます。
大根の葉、しいたけ、にんじん、ピーマンはみじんぎりに、味のアクセントになるにんにくとしょうがも一緒にみじん切りにしておきましょう。
豚ひき肉を炒めたら野菜を加えて調味します。豆板醤、甜麺醤、みじん切りのにんにく、しょうがを加えて全体に味をなじませましょう。さらに料理酒、チキンスープを加え炒めて、最後に塩、砂糖、しょうゆ、ごま油で味を調えて完成です。
3段階に分けて味付けすることで旨みがどんどん増しますよ!

黄金比率のねぎだれ『豚肉とたっぷり野菜のねぎだれ丼』

ジューシーな豚肉と野菜に、ねぎだれをかけていただきます。黄金比率を覚えておけば、このレシピ以外でも活用できるのがこちらの万能ねぎだれです。覚えておいて損はありませんよ。
作り方は小口切りにした青ねぎに酢、しょうゆ、砂糖、ごま油、すりおろししょうがを混ぜるだけ!とても簡単なのも嬉しいですよね。
下味をつけた豚こま肉と食感の違いを楽しめるようにカットした野菜を炒めたら、温かいご飯にのせてねぎだれをかけていただきましょう。上から白いりごまや唐辛子をふったり、卵をトッピングしたりというアレンジも楽しめますよ。

見ているだけでお腹がすいてきてしまいそうな、にんじんと豚肉の炒め物レシピをご紹介しました。
熱々が美味しい炒め物ですが、冷めても味はしっかりしているので、お弁当に入れてもみんな喜んでくれるメニューです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部