しいたけを使ったインスタ映えするレシピ5選

旨みたっぷりのしいたけですが、見た目がすこし地味なのでインスタ映えしないと残念に思ってはいないでしょうか。今回はそんなしいたけを使った、インスタ映えするレシピを集めました。しいたけが主役級の活躍をしているものから、名脇役ぶりを存分に発揮しているものまで様々です。

大見出しごろごろ入ったさつまいもときのこが秋を呼ぶ!「絶品!秋野菜のクリーミードリア」

さつまいもや、しいたけをはじめとしたきのこがごろごろ入ったドリアは見るからにクリーミー!ほっこりとしたその見た目は、インスタ映えしないはずがありません。
一口食べればそこはもう秋です。さつまいものほのかな甘みときのこの風味がよく合います。
薄力粉と牛乳で丁寧に作ったなめらかなソースが、さつまいもときのこの素材をいっそう引き立てます。耐熱皿にチーズと一緒に盛ってトースターで焼けば、香ばしさもプラスして美味しさ無限大です。

しいたけ、まいたけ、えのきがたっぷり「いろいろきのこのマリネ」

きのこ好きのハートを撃ち抜く、きのこオンリーのマリネです。何かもう一品ほしいというときに、短時間で簡単に作れるのもうれしいですね。
味付けはサラダ油、酢、塩、胡椒とシンプルですが、しいたけ、まいたけ、えのきのそれぞれの旨みで美味しくいただけます。酢が効いていてさっぱりとしていますよ。シコシコ、シャキシャキと色々な食感を楽しめるのもいいですね。
こちらのレシピでは冷やしてマリネにしていますが、温かいままレタス、トマト、キュウリなどの生野菜にかければドレッシング替わりになります。
また温サラダのように食べることもできますよ。きのこは他にもしめじやエリンギ、マッシュルームなど好きなものを使ってくださいね。

スフレのようなボリューミーなつくねがインスタ映え!「しいたけの鶏つくね詰め焼き」

しいたけの肉詰めというと、しいたけの厚みから少しはみ出す程度のボリュームが普通ですが、こちらのレシピではまるでスフレのようなボリューム感です!
白米を片手に食べたくなりますよね。ぶつ切りにして焼き目をつけた付け合せの長ねぎや、照りのあるとろみあんも食欲をそそります。また、しいたけの軸をみじん切りにしてつくねのタネに混ぜ込んでいるので、しいたけを余すことなく味わえます。
笠は肉厚な食感を、みじん切りの軸は旨みを楽しめます。焼くときは肉の面から焼いて旨みを閉じ込めるのがポイントです。

紅葉を思わせるおいなりさん「栗ときのこのいなり寿司」

紅しょうがや枝豆がインスタ映えする、彩りのあるおいなりさんです。
中に詰めた炊き込みご飯には栗、しいたけ、しめじ、えのきがたっぷりと入っていて、秋の味覚が満載です。甘く煮た油揚げともよく合います。運動会やハイキングなどのお弁当に持っていけば、さらに秋を満喫できますね。
油揚げは開くのに手こずることがありますが、麺棒などで叩いておくと開きやすくなりますよ。また、しっかり味の付いた油揚げが好きな方は、煮た後に一晩寝かせておくと味がよく染み込みます。

手間暇かけた感がインスタ映え「レンジでふっくらイカ飯」

きれいに切られた断面から見えるぎっしり詰まった米が、イカの旨みをたっぷり吸って美味しそうに色づき食欲をそそります。
枝豆やにんじんなどの具材も彩りを添えています。しいたけは香りと旨味を、エリンギは食感のアクセントを加えています。こんなに手の込んでいそうなレシピが、電子レンジでできてしまうのですから驚きですよね。
インスタ映えを狙うには、出来上がったイカ飯をきれいに切ることが大切です。冷めて形が固まってから切ると崩れにくくきれいに切れますよ。

改めてしいたけのレシピを集めてみて、しいたけの底力を見たような気がします。ときにはどっしりと器の役目を果たし、ときには小さく見えないけれども味を支える縁の下の力持ちとなります。見た目は地味ですが、実力は本物のしいたけ。インスタでもスポットを当ててみて下さい。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部