秋が旬!しいたけの副菜レシピ5選

秋になると、しいたけを代表とする各きのこ類が旬を迎えます。今回は数あるきのこ類の中でもポピュラーなきのこの一つである、しいたけに注目。副菜として作ってみたくなるようなレシピを、5つ探してまとめてみました。

だしが決め手!「しいたけの煮びたし」

秋が旬のきのこ。独自の香りと食感が癖になるきのこを、だしをしっかりと染み込ませた煮びたしにしたのがこちらのレシピです。
レンジで簡単に作れるので、洗い物も少なく時短にもなります。えのきとしいたけをカットして下準備。
耐熱容器にカットしたきのこと調味料を入れて混ぜて、レンジで加熱します。ラップをかけたまま冷まして味を染み込ませ、汁ごと器に盛り付けましょう。仕上げにレモン汁をかければ完成です。
電子レンジで加熱し過ぎると美味しさが半減してしまうので、気をつけましょう。

きのこ料理の定番「しいたけのホイル焼き」

きのこをメインに使った料理を代表する、ホイル焼き。
味付けは定番の醤油とバターで、香ばしさが堪らない一品です。
ホイル焼きといえば、オーブンを使って焼き上げるイメージが強いですが、こちらのレシピではフライパンを使って焼くので手軽に作ることができます。
しいたけ、えのき、エリンギ、まいたけ、しめじと5種類のきのこを使っているので、食べ応えも抜群!
包んだホイルの口が少しあいてしまっても、蓋つきフライパンならしっかりと焼き上げることができるので問題ありません。

しいたけをさっぱり美味しく!「きのこのマリネ」

まいたけ、えのき、しいたけをたっぷりと使ったこちらのマリネは、さっぱりした味付けなので食欲がない時にも食べることができそうです。
旬のきのこをたくさん食べられるレシピは、とても魅力的ですよね。
作り方は簡単!食べやすく分けたきのこをサラダ油、酢、塩、胡椒と耐熱ボウルで混ぜ合わせて電子レンジで加熱します。粗熱がとれたら、味が馴染むまで冷蔵庫で冷やせば、あっという間に完成。
レシピの分量を3倍で作ると、それぞれがきのこ1袋ずつの量となり、作りやすいです。

しいたけとコーンの組み合わせ「しいたけのかき揚げ」

しいたけの味にコーンの香ばしい甘みが好相性、サクサクとした食感が堪らないしいたけのかき揚げです。
材料はシンプルにコーン、玉ねぎ、しいたけ、にんじんのみ。
味付けも塩のみなので、素材の味を存分に味わうことができるかき揚げです。かき揚げは油の温度を高温にしすぎると揚げる時にバラバラになってしまう心配があるので温度調整に気をつけましょう。
様々な具材を手軽に、一度に楽しめるかき揚げは、ご飯にもピッタリ!熱々の美味しいうちにお召し上がりください。

濃厚なソースが堪らない「しいたけのごまチーズ焼き」

濃厚なソースが堪らないこちらのレシピは、しいたけとチーズの意外な組み合わせの、ごまチーズ焼きです。
しいたけとチーズの他、同じく香りが良い食材のパセリとごまを使っているので、香り豊かな仕上がりとなります。
上手に作るポイントは焼き加減。オーブンで焼く際は途中で様子を見て、焼き色が強くなったらアルミホイルを被せるのがおすすめです。チーズが熱くトロトロのうちが、美味しく食べるベストなタイミング。
チーズ好きには堪らない一品ですね。

今回は、秋が旬の美味しいしいたけを使ったレシピを紹介しました。どのレシピも美味しそうなものばかりで、食欲をそそられますね。
しいたけはだしのもととしても多くの人に知られていますが、焼いたり、煮たりと加熱することで独自の旨みが染み出てくる食材です。ヘルシーでもあり、いつもの食事の中に組み合わせたいレシピばかりですね。しいたけを手に入れたら、こちらのレシピを作ってみてはいかがですか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部