じゃがいもが簡単に大変身!インスタ映えするじゃがいも料理5選

季節を気にせずに手に入りやすいじゃがいもは、食卓にはかかせない野菜です。しかし、いつでも食べられる野菜だからこそ、インスタ映えからはほど遠い地味な見た目が多いことも…。今回は、キレイでかわいく、そして簡単にできるじゃがいも料理を紹介します。

じゃがいもといったらこれ!「牛肉とじゃがいもの醤油煮」

じゃがいもといえば、煮物はかかせません。味が染みた肉とほくほくとしたじゃがいもを想像するだけで、お腹が空いてきそうです。
手軽に、そして見た目の彩りが豊かなこちらのレシピ。牛肉、じゃがいも、たまねぎが煮えたら、最後にスナップえんどうと黄色のパプリカをいれて煮えたらできあがりです。
お好みで、しいたけやエリンギを加えてもおいしくいただけます。

心も体もぽっかぽか。「簡単ミネストローネ」

食欲がない朝、スープだけでも食べたいときに作りたいのが、「簡単ミネストローネ」。
こちらのレシピのポイントは、野菜とソーセージの大きさを小さくすることです。野菜は味や食感をよくするために、同じ1cm角で切りましょう。そしてソーセージも5mmほどの輪切りにしてください。
野菜とソーセージを炒めたら、トマト缶をいれて弱火で10分ほど煮れば完成です。調味料の砂糖はお好みで調整してください。
疲れが取れない憂鬱な朝も、トマトの赤い色を見れば心も体も元気が出てきそうです。

時短調理で手軽にできる!「じゃがいもときのこのキッシュ風」

本格的なキッシュは、パイ生地やタルト生地を用意しなければいけないため、手作りでと考えてもあきらめてしまうことも多いのではないでしょうか。手軽にキッシュを食べたい方におすすめなのがこちらのレシピです。
「キッシュ風」となっているとおり、本格的なキッシュとは違います。その違いは、パイ生地やタルト生地を使わないことです。耐熱皿で代用することで、キッシュをつくるハードルも下がります。
もう1つこのレシピの特徴が時短できること。オーブンで焼く前に野菜類をレンジで加熱することで、オーブンで焼く時間も短くできるのです。ぜひ時短調理で気軽にキッシュを作ってみてくださいね。

見た目だけで食欲をそそられる!「海老のテルミドール」

家族との特別な日に、そしてお友達を呼んだホームパーティに、簡単に作れる一皿があったら嬉しいですよね。簡単に、そしてじゃがいもをオシャレな料理に変身させたのが「海老のテルミドール」です。
見た目が華やかに見えるためには、海老の切り方がポイントです。殻ごと背中側から切れ目をいれてください。じゃがいもはレンジで柔らかくしてマッシュ状に潰し、調味料を加えて混ぜるだけ。
最後に、切れ目をいれた海老の背中にマッシュ状にしたポテトを入れ、チーズをのせたあとオーブンで焼きます。こんがり焼けた海老のテルミドールは、テーブルをにぎやかにしてくれますよ。

余ったポテトが可愛いオヤツに!「じゃがいものプチスイートポテト」

季節に関係なく食べられる野菜じゃがいもは、料理に使いやすい分ついつい大目に買って余ってしまい、使い方に迷うこともあるでしょう。そんな時に、余ったじゃがいもをおいしくいただけるレシピをご紹介します。
こちらのレシピはレンジで柔らかくしたあと、つぶして丸めて焼くだけと簡単にできます。
小腹が空いたときやお子さまのおやつを手作りしたいとき、そして、お子さまと一緒のクッキングにも最適です。

じゃがいも料理の定番の肉じゃがからオシャレなキッシュ風まで、簡単にできて見た目がカワイイ料理を紹介しました。インスタ映えも抜群です。地味な印象が多いじゃがいもも、レシピによって大変身できます。簡単で美味しくできるレシピで、じゃがいも料理のレパートリーを増やしてみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部