秋の旬の時期に食べたい!お子さまが喜ぶ「きのこ料理」5選

スーパーで見かけない時がないほど、一年を通して手に入れることができる食材のひとつ「きのこ」。今回は、秋の旬の時期に食べたいきのこをふんだんに使った、お子さまが食べやすい料理5選をご紹介していきます。きのこ嫌いのお子さまでも食べやすい味付けのものをまとめました。

ジューシーな鶏肉と相性抜群!「ほっくりさつまいもと色々きのこの簡単煮」

まず、一つ目にご紹介するのは、秋の味覚の2トップ、きのことさつまいもを鶏肉と一緒に煮込んで作るお手軽煮物です。
あらかじめ鶏肉はこんがりきつね色に焼いておくと、煮込んだ時にさらに風味が増します。
きのこは、まいたけやしいたけなど色々な種類を使うことでコクが増して、美味しく仕上がります。さつまいもは、物によって糖度が高い場合には、砂糖の量を調節すると良いでしょう。野菜嫌いのお子さまでも、食べやすい一品です。

秋を感じる濃厚スープ!「じゃがいもときのこのディッシュポタージュ」

ソテーしたきのこと、マッシュしたじゃがいもで作る濃厚スープを一皿に乗せた、お洒落で食べ応えのあるディッシュスープです。
きのこソテーは、マッシュルームの他に、しいたけやまいたけなど数種類を使い、さらにベーコンを加えることで程よい塩味と旨味がアップします。
最後に白ワインを加えて、味を調えていきましょう。お皿にじゃがいもの濃厚スープときのこソテーを盛り付け、仕上げにパセリを散らしたら出来上がり。
おもてなし料理にもおすすめのワンプレート料理です。

炊飯器一つで出来る!「きのことベーコンの簡単炊き込みご飯」

食欲の秋に、きのこがたっぷり入った炊き込みご飯はいかがでしょうか。
ご紹介する炊き込みご飯は、火を使わずに炊飯器一つで調理が出来るので、忙しい主婦の方にもおすすめです。
材料は、しめじ、ベーコン、米、合わせ調味料、だしの素のたった5つだけ。炊飯器に、材料を入れたら、あとは通常の炊飯モードで炊けば完成です。食べる際に、胡麻を加えると更に美味しくなりますよ。
子供が大好きなベーコンが入った炊き込みご飯は、育ち盛りのお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

きのこを使ってヘルシーに!「きのこ入りつくねの照り焼き」

ダイエット中の方やヘルシーな料理を探している方にもおすすめなレシピが、きのこをたっぷり使った、つくねの照り焼きです。
材料は、鶏ひき肉とねぎ、しいたけの3つの食材で、それらをよくこね合わせます。しいたけを細かく刻んでつくねに混ぜ込むので、きのこが苦手なお子さまでもパクパク食べてくれるかもしれませんね。
形成したつくねは、電子レンジで加熱して調理するので、火を使わず洗い物も少なく済みます。お子さまに人気の照り焼きはお弁当や作り置きのおかずにもぴったりなのでぜひ試してみてくださいね。

お子さまのお弁当に最適!「舞茸のベーコン巻き」

最後にご紹介するのは、調理時間が約10分の時短おかずです。少ない材料で手軽にできるのでお弁当のおかずや夕飯の食卓にもう一品欲しいときにおすすめです。
舞茸をほぐしたら、ベーコンにくるくると巻きつけて、あとはフライパンで焼くだけ。中までしっかり火が通れば出来上がり。
ベーコンの旨味がきのことよく合うので、きのこ嫌いのお子さまでも食べやすい味に仕上がっています。

今回は、秋の食材「きのこ」をたっぷり使った、お子さまも食べやすい料理5選をご紹介いたしました。
きのこは、食物繊維が豊富でヘルシーな食材でもあり、ものによってはクセがなく、様々な食材とマッチしやすいのも特徴です。
ご紹介した料理は、どれも簡単に作れるものばかりなので、秋の味覚を食べたいと思った際には、旬のきのこを使った料理を作ってみてはいかがでしょうか。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部