ほっこり豚肉とたまねぎの旨みたっぷり煮物レシピ5選

豚肉とたまねぎの甘みとうまみを上手に引き出すなら、煮物レシピはいかがでしょうか。お子さまも大好きな優しい味と、お酒にも合う5つのレシピを集めました。シーンや気分に合わせてセレクトしてみてくださいね。

みそ風味がご飯にもよく合う「みそ肉じゃが」

いつもの味付けの肉じゃがや煮物と違うアレンジを楽しみたいというときに試していただきたいのが、日本の発酵食品「みそ」を活用したレシピです。少し入れるだけで、味が格段にまろやかになりますよ。
野菜はそれぞれ切り、調味料と一緒に強火で5分加熱、豚肉としらたきを加えてさらに5分加熱します。
味を全体に行き渡らせるために、みそを溶き入れてから、水溶き片栗粉を回し入れ、とろみで味を絡めていきます。全体を強火で2分加熱しながら混ぜ、少しとろみがついたところで火をとめて器に盛りましょう。
お好みで七味唐辛子をかけても美味しくいただけます。

バジルとナンプラーで新感覚肉じゃが「驚き! 豚肉と野菜のアジアン煮」

肉じゃがのアレンジレシピ二つ目は、エスニックなテイストをプラスしたものをご紹介します。
ナンプラーの風味と爽やかなバジルの香りは、お酒のおつまみにもおすすめです。
時短のためたまねぎ、にんじん、じゃがいもは切ったあと600Wの電子レンジで3分加熱しましょう。手間も軽減されるのはうれしいポイントです。香りの飛びやすいバジルは、具材に味が染み込んだあとで加えてサッと煮ましょう。
温泉卵をトッピングすることで、よりまろやかな味になりますよ。

体に染みる温かさ「レタスのミルク豚汁」

冬になると食べたくなる豚汁を、洋風仕立てにしてみました。
レタスを加えることでこれまでの豚汁にはない新鮮な食感になるうえ、野菜をたっぷり食べたいときにもぴったりの一品です。
たまねぎと豚肉はじっくりと煮込みますが、レタスはシャキシャキとした食感を残したいので、味噌を溶き入れて弱火で煮たあと最後に入れてください。一口大にする際も、包丁ではなく手でちぎった方が食感を楽しめます。
最後に粉チーズと黒胡椒で味を調えましょう。
牛乳の優しい甘さと味噌のコクは様々な具材に合うので、きのこや旬の野菜などお好みで足してオリジナルレシピを楽しんでください。

なめらかなクリーム煮「豚こまのクリーム煮」

バターのコクと牛乳で仕上げるクリーム煮は、薄力粉を全体にからませて上手にとろみをつけるのが美味しく仕上げるコツです。薄力粉をフライパンに入れるときもまんべんなく少しずつふりかけ、混ぜるときも一ヶ所に集中しないように具材すべてに行き渡らせてください。
塩、胡椒、顆粒コンソメはすべて牛乳と混ぜておくので、パパッとすばやく調理ができますよ。
ご飯はもちろんパンなどを添えていただくほか、とろみを弱めにしてパスタソースにしたり、耐熱皿に入れてグラタンにしたりと様々なアレンジも楽しめるレシピです。

野菜をたっぷり使ったヘルシーピザ「ラタトゥイユのピザ風」

カラフルな野菜をたくさん使って華やかな見た目に仕上げた、お子さまにも喜ばれそうなレシピがこちらです。
今回はたまねぎをはじめとした野菜をメインに、豚肉は薄切りを使っています。豚肉をブロック肉に変えると、よりボリュームアップすることができますよ。お好みに合わせて肉の種類を変えてみてください。
蓋をして蒸すことで野菜に早く火が通ります。最後に輪切りにしたピーマンとピザ用チーズをのせて3分蒸し煮にし、チーズがとろけたら完成です。
お好みでタバスコをかけても美味しいですよ。

たまねぎと豚肉を使った煮物といっても、メインの調味料を変えるだけでたくさんのアレンジを楽しめます。
すべての具材の美味しさが混ざり合う、煮物ならではの美味しさを存分に楽しみましょう。煮込むことで野菜も柔らかく、食べやすくなるので野菜が足りないかもと感じたときにもぜひどうぞ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部