秋だからこそ食べたい!だいこんで絶品和食レシピ5選

薬味としておろしても、煮ても、焼いても美味しく食べられる「だいこん」。どんな調理方法でも美味しく食べられるだいこんですが、実は秋からが旬の食材ということは、ご存知でしょうか。今回は、秋だからこそ食べたくなるような、だいこんを使った絶品和食レシピをご紹介します。

だいこんに味が染みてほっこり「手羽元とだいこんの煮物」

少しずつ気温が下がってくる秋の季節に、ほっこり食べられるだいこん料理はいかがでしょうか。フライパン一つで簡単に本格煮物が作れるこのレシピは、洗い物が少なくて済むので忙しい時にもおすすめです。
煮る前に焼き色がつくまで炒めた鶏肉はとてもジューシーで、鶏の旨味が出汁に染みて、旬のだいこんの甘みが際立つ美味しさ。だいこんの茎も使って調理するので、素材の美味しさを存分に楽しめます。
だいこんの茎は、茹でて炒め物などでも美味しく食べられる便利食材なので、だいこんの先の部分を水につけて自分で育てて使い回すのも一つの手ですよ。ぜひ試してみてくださいね。

だいこんとカニカマの意外な組み合わせ「簡単だいこん甘酢」

シンプルな味付けで、材料を切って、ほぐして、混ぜるだけで、すぐに作れる和食前菜レシピをご紹介します。
少しだけだいこんが余ってしまった…そんな時に助かるこのレシピは、意外な組み合わせのだいこんとカニカマがあれば、家にある調味料で作れます。酢・砂糖・醤油で作る甘酢は、他の野菜でアレンジして作っても美味しく食べられるので、自分好みにアレンジしてみてくださいね。
米酢を使用する際は、砂糖の量を3/4に調整しましょう。ヘルシーなので、ダイエット中の人にもおすすめですよ。

少し余ってしまっただいこんで作れる「具沢山みぞれうどん」

昔から親しまれている、和食の定番麺料理の「うどん」。手軽に作れるので、家で作ったことがある人も多いのではないでしょうか。
少し余った具材を入れて簡単に作れるこのレシピは、野菜もたっぷりで、おろしただいこんと生姜で作るみぞれあんが、うどんと絡んで喉越しも楽しめます。
あんを作る時は、水溶き片栗粉を入れた後、とろみが出るまで火にかけましょう。あんの固さは好みで量を調整してみてくださいね。うどんは冷凍麺でも、乾燥麺でも代用可能です。

おつまみにもぴったり!「牛すじとだいこんの土手煮」

味噌やみりんでじっくりと煮込んで作る土手煮を、圧力鍋を使って簡単に作れるレシピのご紹介です。甘辛い味で、お酒のアテにもぴったりのこのレシピは、具材の処理をして煮込むだけで作れるので、忙しい人にもおすすめ。
しっかりと味が染みただいこんと、やわらかい牛すじがクセになりますよ。セリの代わりに万能ねぎを使用してもOK。
好みでこんにゃくやにんじんなどの野菜を加えても美味しく食べられます。圧力鍋がない場合は、煮込む時間を調整してみてくださいね。

だいこんの美味しさ100%「ベーコン巻きだいこんステーキ」

秋が旬のだいこんの美味しさが存分に味わえる、見た目もかわいいこちらのレシピ。
柔らかくなっただいこんと、濃厚なベーコンの相性は抜群で、料理酒・醤油・砂糖で味付けした甘辛い味が、ご飯にとても良く合うので、メインのおかずとしても喜ばれます。
電子レンジ調理で、時間短縮できるのも嬉しいですよね。材料も揃えやすく、とても簡単に作れるので、もう一品欲しい時や、お酒のアテが欲しい時にもおすすめですよ。だいこんの大きさは、好みでアレンジしてみてくださいね。

前菜で使えるレシピから、メインの料理としても活躍するレシピまで、旬のだいこんを使って作れる和食レシピをご紹介しました。様々な調理方法で使える食材なので、料理の幅も広がりそう。秋が旬の食材のだいこんで、和食料理にぜひ挑戦してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部