旬の秋に食べたい!だいこんのおつまみレシピ5選

秋の野菜を代表する、だいこん。大きな根菜として身近な存在ですよね。火を通していないと固いですが、火を通していけば徐々に柔らかくなり、生で使う漬け物から煮込み料理まで、様々な料理の幅に定評があります。また、味が染み込みやすいのも特徴。他の食材の旨みや香りを十分に吸収してくれて、美味しさの多様性に溢れています。今回はそんなだいこんを使用した、秋に食べたいおつまみレシピを5つまとめてみました。

鶏肉との好相性「味しみ鶏だいこん」

味の染みただいこんは、ご飯のおかずにもおつまみにもなる人気のレシピ!こちらは鶏肉と一緒に煮込んで、肉の旨みが染み込んだレシピです。
具材はじっくりと煮込んでいるので、鶏肉もだいこんも柔らかくてジューシー。冷えても味が染み込んでいるため、美味しさはそのままで、つまむ手が止まらなくなりそうですね。
味付けには山椒や唐辛子、生姜を使用しているので、少しピリッと辛みのある締まった味わいとなっています。だいこんにしっかりと味を染み込ませる為に、よく炒めてから煮ると良いですよ。

変わり種フライ「だいこんのおつまみフライ」

フライドしたおつまみといえば、ポテトが定番。ですが、こちらのレシピではだいこんをフライにします。
ポテトフライトとはまた違った新食感が楽しめて、外はサクッと、中はジュワッとホクホクで、揚げたてが美味しい一品です。味付けはガツンとニンニク、醤油を使用しています。
また、海苔を使っているので風味も豊か。だいこんとの相性も抜群です。油の温度は乾いた菜箸の先をそこに当て、細かい泡がまっすぐ出る程度が適温です。

柚子香る「だいこんの漬け物」

おつまみの定番である漬け物。こちらは、だいこんの食感を生かした柚子香る漬け物です。
シャキシャキとした食感と柚子の爽やかな香りが、ご飯はもちろん、お酒のお供にもピッタリです。味付けは塩、砂糖、酢、柚子胡椒、柚子果汁とシンプルなものとなっています。
出来上がり直後も美味しいですが、さらに時間を置くと味がより染みて美味しいですよ。作り置きにもピッタリなので、だいこんが多く余っていたら一度に多くの量を仕込んでおくのも良いかもしれませんね。

定番の組み合わせ!「ささみとだいこんのさっぱり和え」

ささみとだいこんは定番の組み合わせですが、ポン酢と柚子胡椒を組み合わせれば、レンチンですぐできる簡単おつまみが作れます。
和食との相性がピッタリなので、和風の食事の付け合わせにおすすめの、おつまみレシピです。
味をしっかりと馴染ませる為に、だいこんの水気をしっかりと切ることがポイント。千切りしただいこんを、ささみとレンジで加熱して、調味料を加えるだけ。短時間で作ることができるので、気軽に作ってみてはいかがでしょうか。

ジューシーさが堪らない「だいこんのベーコン包み焼き」

だいこんをベーコンで包み焼きしたこちらのレシピは、ジューシーで晩酌のお供にピッタリのレシピ。
仕上げにトッピングする大葉がさっぱりとした香りを付け加えてくれて、それが味のアクセントになっており、見た目以上に食べやすい一品です。だいこんは表面に格子状の切れ目を入れることで調味料のタレが絡みやすくなります。
簡単な作り方ながらもボリューム満点な一品なので、晩酌にもう一品欲しい時におすすめです。肉と野菜を一緒に楽しめるので、お腹も満たしてくれそうですね。

いかがでしたか。だいこんは野菜の中でもポピュラーなもので、一年を通して比較的手に入りやすい食材。ですが、旬である秋に食べるのが一番のおすすめです。今回は、お酒のおつまみに家庭で作ってみたくなるようなものを選んでみました。ぜひ、作ってみてはいかがですか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部