ジューシーさがWで味わえる!トマトとベーコンの簡単レシピ5選

甘酸っぱいトマトと、旨みたっぷりのベーコン。どちらも美味しさのキーワードになるのはジューシーなところです! シンプルだけど、とことん美味しい簡単レシピがあれば、忙しいときでも心配することはありません!

ベーコンのうま味とトマトの酸味がマッチ『スライストマトのカリカリベーコンサラダ』

調理時間は10分以内、超シンプルだけど素材の美味しさを引き出した絶品のサラダレシピをご紹介します。トマトをたっぷり食べることができますよ。市販のドレッシングでも、十分美味しくできあがるのもうれしいですよね。
トマトは縦半分に切ってヘタをとり、横7mm幅の半月に切り、美しく器に盛りつけます。ベーコンはフライパンでカリカリに炒めましょう。柔らかめがお好みという方も、このレシピは是非クリスピーなベーコンに挑戦してみてくださいね。
油がたくさん出るので、ペーパータオルでしっかりと油を切ってくださいね。トマトの上にベーコンと小口切りにした小ねぎをのせていただきましょう。ドレッシングの味を変えて、アレンジを楽しむのもいいですね。

フレッシュトマトであっさりと『ラタトゥイユ』

トマトの水煮缶を使いじっくりと煮込むラタトゥイユも野菜がたっぷり食べられる人気のメニューです。でも今回は、フレッシュなトマトを使った具材の味を楽しめるレシピをご紹介します。
トマトはミニトマトを選ぶのがポイントです。なすの紫、パプリカの黄色、ベーコンのピンク、トマトの赤など見た目も楽しい一品です。
野菜はそれぞれ食感をいかした形に切り、なすはカットしたあとオリーブオイルであえておきます。熱したフライパンでにんにくの香りが立ったら、ベーコンから炒めはじめましょう。
具材をすべて炒めたら味付けは塩、こしょう、オレガノでシンプルに仕上げて、あっさりラタトゥイユの完成です。

大根を使ったヘルシーラザニア『大根のオープンのラザニア』

材料を重ねて、小さなまんまるラザニアを作ってみましょう。大根はできるだけ薄く切りたいので、スライサーを使うと簡単に薄くスライスできますよ。
ラザニア風にするコツは、ベーコンとトマトソース、鶏肉を炒め合わせること。また、水気が出ると美味しさも半減してしまうので、スライスした大根はキッチンペーパーではさんでしっかりと水気を切りましょう。大根、ベーコンと鶏肉のトマトソースを順に重ねたら、上からパラリと粉チーズをかけていただきましょう。
より食べやすさを求めるなら、大根の上に具材を細長く置いてくるりと巻いてしまうのもおすすめです!一口でパクリといただけますよ。

熱々こんがりジューシートマト『トマトのホットサラダ』

トマトを焼くことで甘みが増したホットサラダは、器としてもトマトを活用できるレシピです。コロンとしたキュートな見た目はおもてなしレシピとしても活躍してくれます。
にんにくとベーコンはみじん切りにして粉チーズ、パセリ、パン粉と一緒に混ぜ合わせておきましょう。パン粉を加えることでカリカリの食感に仕上げることができます。天板にアルミホイルを敷きトマトを並べたら、調味料をかけてから具材をのせ、オリーブオイルを回しかけたら準備完了!1000Wのトースターで表面がこんがりするくらいまで、10分程度焼いてくださいね。
パン粉はできるだけ細かいものを選ぶときれいに仕上がります。

トマトでさっぱり簡単アレンジ!『インスタントトマトラーメン』

ジャンクなインスタントラーメンをヘルシーに!野菜をたっぷり入れたトマトラーメンの美味しさにハマってしまうかもしれませんよ。おすすめは塩味のインスタントラーメンです。
にんにくはみじん切りに、ほうれん草とベーコンは食べやすい大きさに切ります。オリーブオイルでにんにくを炒め、香りがしてきたらトマト缶と水を加えて煮ます。ふつふつしてきたら麺を加え、指定の茹で時間まで煮たら、粉末ソースを加えて混ぜ合わせましょう。
ほうれん草とベーコンはここから炒め始めると麺が伸びてしまうので、麺を茹でるのと同時進行で!オリーブオイルで炒めたら、麺の上に乗せ粉チーズをふるいかけて召しあがれ!

トマトとベーコンを使った、シンプルで見た目もきれいなレシピの数々は、簡単にできるのに美味しさはお墨付きです!
おもてなしやおつまみにもぴったりなので、シーンに合わせて作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部