たまねぎとベーコンのコンビ♪短時間で簡単&美味しいレシピ5選

甘みのあるたまねぎと、肉の旨みがたっぷりつまったベーコン、このふたつの食材の組み合わせは、焼く、煮る、蒸すなどさまざまな調理方法が合う相性の良いコンビです。 前菜からスープ、パスタまで、簡単かつ絶品レシピをセレクトしました。

レモンの香りで爽やかに『3種のきのこソテーバター風味』

まずはフライパンひとつで簡単に調理できるソテーをご紹介します。メインとなる食材はきのこですが、たまねぎの甘みとベーコンのコクがきのこの旨みを生かしてくれるうえ、たくさん野菜を食べられるのも嬉しいですね。
紫たまねぎを使うことで彩りが良くなるので、おもてなしメニューとしてもおすすめですよ。レモンの爽やかな香りをプラスしたことで、こっくりとしたバターに爽やかな風味をプラスしてくれます。
エリンギやまいたけは、手で裂くと味が馴染みやすくなるので、試してみてくださいね。

新玉ねぎシャキシャキ食感がやみつきに『ベーコンと新玉ねぎのスープ』

煮込んでとろとろになったたまねぎと、シャキシャキ食感のたまねぎ、1度で2つの美味しさが楽しめるスープがこちらのレシピです。たまねぎは薄切りにすることで火が通りやすくなるので、時短レシピとしても役立つ一品ですよ。
まず、ベーコンと玉ねぎを炒めて、水を加えたら調味料を加えてスープを作りましょう。あとはトースターで加熱するだけで完成のシンプルなレシピです。
忙しい時、いくつか料理を同時進行で作るときにも役立ちそうですね。小さな器に入れて作れば、おもてなしにもぴったりの簡単なごちそうスープに仕上がります。チーズをたっぷりとのせて、焦がさないよう焼きあげましょう。

たっぷりベーコンでワイルドに『玉ねぎの包み焼き』

見た目のインパクトも大きいたまねぎの包み焼きは1つで大満足の一品です。ベーコンは豪快に使って玉ねぎを覆い隠してしまうことで、うまみを中に閉じ込めることができますよ。
たまねぎは半分に切り、外側の大きい部分を使ってくださいね。残りはみじん切りにして合挽き肉と混ぜてタネを作ったら、中にモッツァレラチーズを入れます。ジューシーな肉の旨みととろけるチーズ、甘いたまねぎとベーコンが絡み合う豪華なメインディッシュです。
タネはチリパウダーとガーリックパウダーで味付けをしているので、そのままでも美味しくいただけますが、最後に焼肉のタレをかけるとお子さまも大好きな甘辛味になりますよ。

シンプル調理で素材の美味しさをいかす『新玉ねぎのペペロンチーノソテー』

にんにくの香りが立ち上るペペロンチーノ風味で、シンプルにたまねぎとベーコンをいただきましょう。調理時間は10分という簡単さなので、あと一品欲しいときや、おつまみにもぴったりですよ。
みじん切りにしたにんにく、5mm幅にしたたまねぎ、1cm幅にしたベーコンを炒め合わせるだけというお手軽さながら、味は絶品です。たまねぎは繊維に沿って縦に切ることで、水分が出るのを防ぐことができるので、水っぽさが気になる人はお試しくださいね。
また、炒める時間によってたまねぎやベーコンの食感も調整できるのでお好みを見つけてみましょう。

和と洋の美味しいハーモニー『しめじと玉ねぎの和風パスタ』

にんにく、たまねぎ、マッシュルーム、ベーコンと洋風の味付けに合う組み合わせで作るパスタですが、いつもとは趣向を変えて、和風味に挑戦してみてはいかがでしょうか。
15分で完成するので、時間がないお昼などにもオススメです。美味しさがアップするコツは、弱火でにんにくを炒めて香りを出すことと、たまねぎは飴色になるまで炒めることの2つにあります。
すべての具材を炒めたら、フライパンにパスタを入れて茹でていきます。味付けは、醤油と白だしが決め手になります。パスタと具材を混ぜ合わせたとき、パサつきが気になる時は茹で汁で調整をするので、パスタの茹で汁はすぐに捨ててしまわないように注意してくださいね。

洋風から和風まで、さまざまな味付けの中に、たまねぎとベーコンのうまみが滲み出たレシピをご紹介しました。
手軽に手に入る食材の組み合わせだからこそ、レシピをレパートリーに加えて普段のメニューに取り入れてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部