玉ねぎを鶏肉と合わせてボリューミーに!簡単レシピ5選

玉ねぎは煮る、グリル、マリネ、炒めるなど野菜の中でも使い勝手が良く、季節を問わずに手に入れやすい食材です。 そんな玉ねぎと鶏肉を合わせてヘルシーに、簡単にできるおすすめレシピをご紹介します。

香ばしいくるみが決め手『鶏肉と玉ねぎのオーロラあえ』

切って、混ぜて、揚げるだけという簡単な3ステップで鶏肉と玉ねぎを使った色鮮やかなメインメニューが出来上がります。
ケチャップとマヨネーズを混ぜたオーロラソースの甘酸っぱい味はお子さまでも食べやすい味ですよ。くるみのカリカリとした食感と香ばしさが味のアクセントになった一品です。
パプリカは赤だけでなく、黄色やオレンジなど色をミックスして鮮やかに仕上げるのもおすすめですよ。
鶏肉はフォークを刺して味がしみこみやすいようにひと工夫してからよく揉み、片栗粉をまぶして揚げましょう。お好みでクルトンを入れると、サクサク食感がプラスされる上、ソースとの相性も良いので試してみてくださいね。

肉と野菜のうまみを凝縮『鶏肉とパプリカのコンソメ蒸し焼き』

1つめのレシピと同様、鶏肉、玉ねぎ、パプリカを使ったレシピですが、こちらはあっさりと蒸し焼きにしたメニューです。
鶏肉は一口大に、玉ねぎとパプリカは1.5cm角に切ってフライパンに順に入れ、炒めてから蓋をし、味付けするだけという簡単調理です。カラフルな野菜を使うことで見た目も華やかに仕上がりますよ。
味付けに使う固形スープの素は、混ぜやすくするため、きちんと砕いてから使用しましょう。また、玉ねぎは透明になるまで炒めることで甘みがアップして、コンソメ味との相性もより良くなります。味が薄いと感じたら最後に塩、胡椒で調整してください。

南国の香りでさっぱり!『タイ風チキンサラダ』

女性に人気の香味野菜、パクチーを使ったエスニックなサラダをご紹介します。玉ねぎと鶏肉の組み合わせが南国の味に変身しますよ。色合いを考慮して、このレシピでは紫玉ねぎを使用してみるのもおすすめです。
パクチーは2cmほどのざく切りにし、玉ねぎは薄切りにしてから水にさらして辛みを抜いておきましょう。レンジで加熱して手でほぐした鶏肉と野菜、ドレッシングを混ぜ合わせるだけであっという間に出来上がりです。
レンジ加熱なので、火を使わずに調理できるのも嬉しいですよね。鶏肉は粗熱が取れたあと手でほぐすことで味がしみやすくなりますよ。

特製わさびドレッシングで!『ささみと玉ねぎの和風サラダ』

南国風サラダも良いけれど、こちらはさっぱりとした和風のサラダです。わさびをピリリと効かせて、おつまみとしても楽しめる一品に仕上げました。
調理時間10分と手早く作ることができるので、副菜をもう一品追加したい時にいかがでしょうか。鶏のうまみを余すことなく使い切るレシピなので、ささみは、レンジで加熱の際に出た蒸し汁もドレッシングに活用してくださいね。
玉ねぎは塩を振って水にさらすことで、辛みが抜けて味の馴染みもよく、食べやすさもアップします。辛いのがお好きな方はわさびを増量してもOKです。

だし香る優しい味わい減塩!『和風あんかけ玉ねぎ』

食材をとろりと包み込むあんかけは体を温めたい時にもぴったりのメニューです。鶏肉の旨みと玉ねぎの甘みをあんにとじこめることで、ご飯もすすむ一品になっていますよ。
塩は控えめに、だしの旨みを引き出して調理するので、減塩メニューとしても活用してくださいね。玉ねぎは落し蓋をして、だしでじっくりと煮込むことで中まで味を沁み渡らせましょう。鶏挽き肉のあんにすりごまを少々加えることでより風味が良くなりますので是非試してみてくださいね。
ごま油としょうがの風味もアクセントになり、飽きずにいただけます。

和風から洋風まで、簡単にできる玉ねぎと鶏肉のレシピをご紹介しました。玉ねぎは生のままか加熱調理か、鶏肉はどの部位を使うかによってレシピの広がりは無限大!
今日、何かもう一品ほしいなと感じたら鶏肉と玉ねぎレシピにトライしてみてください♪

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部