たまねぎの優しい甘みが美味しい簡単に出来るスープレシピ5選

加熱することで甘みがぐんと増したたまねぎは、生のシャキシャキとした食感とはまた違う、とろりとした食感も魅力のひとつですよね。今回は、時間がなくても簡単にできるたまねぎのスープレシピを5つご紹介します。

ベーコンのうまみがなじんだ『スナップえんどうと玉ねぎのカレースープ』

スナップえんどうの食感が楽しめる、野菜の甘みやベーコンのうまみが馴染んだ優しい味付けのスープは、カレー風味をプラスすることでお子さまも食べやすい味になります。
薄切りにしたたまねぎは、はじめに炒めることで甘みもアップしますよ。
具材を入れたら弱火で5分煮るだけという簡単さは、忙しいときや、あと一品欲しいというときにもぴったりですね。
スナップえんどうは、食感を残すために、煮すぎないよう注意してください。カレー粉の味とベーコンのうまみをいかすために、塩、胡椒は少なめで調整するのがおすすめです。

和風スープでいただく『丸ごと肉詰め玉ねぎ』

1品で満腹になるボリューム感と、ビジュアルのインパクトも大きいごちそうスープ「丸ごと肉詰め玉ねぎ」をご紹介します。
たまねぎは上下1cmを切り落とし、外側2〜3枚を残してスプーンで中をくり抜きます。くり抜いた部分も無駄にせず、肉と一緒に中にギュッと詰めてくださいね。
さらりとしたスープのままでもサッパリと美味しくいただけますが、水溶き片栗粉を加えることでとろみがつき、甘みが凝縮されますよ。
お好みで小ねぎと糸唐辛子を散らしていただきましょう。あっさりとした和風スープで、たまねぎの甘みを堪能してください。

小さい子供も美味しく楽しめる『じゃがいものミルクスープ』

口当たりがよく、ミルクの甘さも優しい味わいのスープは、体調が優れない日や小さいお子さまでも食べやすいレシピです。
皮をむいたじゃがいもとたまねぎはすりおろすことでとろみが出るので、食感も楽しめるスープに仕上がりますよ。
顆粒のコンソメと牛乳を入れたら、煮立たせないように気をつけながら中火で加熱してくださいね。コクと風味は有塩バターと粉チーズでプラスしてください。
豆乳を使えば、牛乳よりもさっぱりとした味わいが楽しめます。
パンなどを添えれば朝食としても活躍してくれるレシピです。

かぼちゃの甘みが嬉しい『ねぎだく!かぼちゃの味噌汁』

和食のスープといえば、そう、味噌汁ですよね。
加熱具合をお好みで調整して、シャキシャキとした食感を残したたまねぎか、トロトロにしたたまねぎにするか、お好みで簡単に調整できるのもうれしいですよね。
たっぷりと具材が入っており、野菜の甘みが楽しめるうえに食べ応えもあるので満腹度が高い味噌汁です。
具材を追加するなら、豆腐や油揚げなどこってりした具材がよく合いますので、試してみてくださいね。

冷凍たまねぎで時短もできる『オニオングラタンスープ』

たまねぎを半分に切り、厚めの薄切りにして冷凍しておくことで、時短&簡単にオニオングラタンスープを作ることができるレシピです。
冷凍たまねぎはバターを入れて600Wのレンジで6分加熱することで、フライパンで炒めて飴色にする工程がとても楽になります。
スープのうまみを吸い、もちもち食感になるバゲットは、トースト後温かいうちににんにくを擦り付けておくと美味しさがアップしますよ。
耐熱容器にスープを入れ、バゲット、チーズをのせたら15分オーブンでチーズに焦げ目がつくまで焼くだけで、簡単に濃厚なオニオングラタンスープの出来上がりです。

たまねぎは、洋風から和風まで、さまざまなスープレシピで大活躍してくれますね!
簡単かつシンプルな具材のレシピも多いので、冷蔵庫の中にあるお好みの具材を追加してご家庭のオリジナルアレンジも楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部