がっつり食べたいときに♪牛肉とたまねぎの炒め物レシピ5選

今日は一品でもボリューム満点ながっつりメニューを食べたい!という気分の時もありますよね。そんなときはちゃちゃっと作れる炒め物レシピがぴったりです。食べ盛りのお子さまも大満足できるレシピを5つご紹介します。

クセになるおいしいキムチ炒飯『牛こまともやしのキムチ炒飯』

箸が止まらないピリ辛メニューのキムチ炒飯は、ご飯とキムチだけでも美味しくできますが、ぜひ野菜と肉を追加してボリューミーに仕上げましょう。
味のポイントはすりおろしたたまねぎにあります。
はじめに醤油、砂糖、料理酒とよく混ぜ合わせてタレを作っておき、大さじ1を牛肉にもみ込み、肉にもしっかり下味をつけます。
卵は最後に加えるのではなく、先に火を入れることで、パラパラに仕上がりますよ。卵が半熟状になるまでフライパンで炒め、皿などに取り出しておきましょう。
牛肉、豆もやし、温かいご飯の順に炒めたら、タレを全体に混ぜ、キムチと卵を戻し入れて合わせたらアッという間に完成です!

具沢山でボリューム満点『ハヤシ風オムライス』

牛肉×たまねぎ×卵という黄金トリオのレシピをもう一品ご紹介します。
たまねぎと牛肉をバター以外の調味料と混ぜたら、上にバターをのせて電子レンジで3分ほど加熱するだけで、時短ハヤシ風ソースが簡単にできますよ。炒める、煮込むという手間がかからないというのはうれしいですよね。
ボリュームアップのために、ごはんにはしめじをプラスします。きのこのうまみと芳醇な香りが美味しさのレベルを一段上げてくれますよ。
牛乳を混ぜた卵液を熱したフライパンに入れたら、すぐに菜箸で手早く混ぜ、表面が半熟状になったら火を止めましょう。ふわとろオムレツの完成です。

マヨネーズが味の決め手。『子どももパクパク牛バラ肉の洋風牛丼』

定番の牛丼も良いけれど、今日はいつもと少し違う味を楽しみたいというときは、マヨネーズのコクと酸味を生かした洋風牛丼はいかがでしょう。
牛肉も薄切りではなくバラ肉を使うことで、より一層濃厚に仕上がります。調味料に10分間漬け置きし、肉にもしっかりと味をつけておきましょう。
たまねぎに火を通ったら牛肉を加え、汁気がなくなるまで強火で5分ほど炒め煮にします。タレは焦げやすいので、手早く仕上げることが大切です。
半分にカットしたミニトマトとレタスを添えれば、こってりした味付けもさっぱりといただくことができますよ。グリーンと赤の彩りも活かし、美しく盛り付けてくださいね。

朝ご飯やランチにもおすすめ『ドライカレーチャーハン』

カラフルな野菜をたくさん混ぜて、15分で手早く完成させるカレーチャーハンはお子さまにも大人気のレシピです。
しっかり冷ましておにぎりにすればお弁当にもぴったり。
ご飯は温かいものを使うことで味なじみがよくなるので、冷凍ご飯を使うときはしっかりレンジで温めてください。
野菜類は大きさを揃えておくことで炒める時間も短縮できますし、食べやすさと見た目の美しさも良くなります。
味付けにカレー粉だけでなく醤油もプラスすることで、香ばしさが加わります。
半熟に仕上げた目玉焼きを割りほぐし、カレーチャーハンに絡めながらいただきましょう。

食べ応えバッチリ!ボリューミーなパスタ♪『牛肉とトマトの煮込みパスタ』

おもてなしにも最適な、おしゃれなイタリアンをご自宅で作ってみてはいかがでしょうか。
ワインにも合う濃厚な味わいのパスタは、トマトジュースを使うだけで本格的な仕上がりになります。
平打ち麺のパスタであるフェットチーネは、ソースとよく絡むうえに見た目もおしゃれになるのでぜひご用意ください。
具材をすべて炒めたらトマトジュースを加え、ジュースが約1/3量になるまで中火で15分煮込みましょう。
たまねぎやにんじんといった定番野菜に加えてマッシュルームを入れているので、さまざまな味わいや食感が楽しめる一品です。

たまねぎと牛肉を炒めるだけでも、和風から洋風まで、メニューのバリエーションが豊かですよね。
ハヤシ風ソースや牛バラ肉の洋風煮込み、パスタソースはいざというときのために冷凍保存しておくのもおすすめです。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5晩酌に、おもてなしに!簡単に作れる♪人気のおつまみレシピ12選もちもち