忙しい日でも大丈夫!簡単に出来るたまねぎと豚肉の絶品レシピ5選

冷蔵庫に豚肉とたまねぎを発見したら、今日はこれを使って一品レシピを作りませんか。前菜からメイン、お弁当まで5つのレシピを厳選しました。簡単に、手早く美味しいメニューは、たまねぎと豚肉のうまみをたっぷり味わえます。

夏にぴったり!「豚肉たっぷりしゃぶしゃぶサラダ」

食欲があまりわかない時やさっぱりとした食事がしたい時、サラダをメインにする女性も多いのではないでしょうか。
今回はタンパク質もたっぷり摂ることができる、あっさり味だけど豚肉のボリュームで大満足のサラダをご紹介します。
しゃぶしゃぶ用の豚肉はサッと茹でて、すぐに冷水で冷やししっかりと水気を切ります。長く茹でると固くなってしまうので注意してくださいね。赤みが消え、火が通ったくらいで引き上げましょう。
ドレッシングはゴマ油と柚子胡椒、すりおろしにんにく、ポン酢を混ぜて手作りすることで好みの味に調整できます。

甘辛味が食欲そそそる!簡単!「大根と豚肉のうま煮」

めんつゆの甘辛味に豚肉のうまみが溶け込み、そのうまみを大根がたっぷり吸ったうま煮のレシピをご紹介します。
想像するだけでご飯が進みそうなこのレシピは、副菜としてだけでなく、おつまみにもお弁当に入れても美味しくいただけます。沸騰したら丁寧にアクを取り除くことで雑味が少なく仕上がりますので、ひと手間かけてくださいね。
弱火で15分ほど煮込んで、大根の中までしっかりと味を染み込ませましょう。
冬は大根、夏はかぶに変更するなど、その時々の旬の野菜を入れても美味しくいただけます。もっとボリュームが欲しいときには、しめじやまいたけなどきのこ類をプラスするなどアレンジも楽めるレシピですよ。

お弁当にもぴったりのサイズ感「旨味凝縮 たまねぎの一口豚巻き」

まるで豚肉とたまねぎの串カツを食べたかのような満足感がある、一品をご紹介します。
串カツよりヘルシーとなれば、我が家の定番レシピとして採用したくなりますよね。
全体的に優しい味付けになっているため、たまねぎの自然な甘みと豚肉の旨みがじんわりと滲み出てくるのが楽しめます。お好みで七味唐辛子や柚子胡椒を添えて、おつまみとしていただくのもおすすめです。食べやすい一口サイズなので、お弁当に活用するのも良いですね。
たまねぎを巻いた豚肉は、巻き終わりを下にして耐熱皿に並べることで形を崩さずに仕上がりますよ。
料理酒をかけてふんわりラップをしたら、500Wのレンジで7分加熱すれば完成です。火を使わないのも簡単で嬉しいですよね!

豚バラがじわっとジューシー「スタミナ満点 豚肉の甘辛炒め丼」

焼肉のタレににんにく、にら、とスタミナたっぷり!食欲をそそる香りが調理中から漂う「豚肉の甘辛炒め丼」は、食べ盛りのお子さまやお酒のおつまみにもぴったりです。
にらはクタクタになりすぎないようタレと同じタイミングで最後に入れ、全体に味がなじむようザッと炒めましょう。
熱々のご飯の上にのせたら、中央に卵黄をそっと落として完成。糸唐辛子と白ごまをふっていただきます。
とろとろの卵黄が甘辛味に絡んで、満足感もアップしますよ。
たまねぎのシャキシャキ感が好きな方は、にんにくの少しあとでフライパンに入れるなど、お好みでタイミングを調整をしてくださいね。

ピクニックのおともに♪「クレソンとポークの簡単サンド」

天気の良い日は外ランチ!そんなときには野菜もたっぷりボリュームもあるサンドイッチを持ってお出かけしてみてはいかがでしょうか。
紫たまねぎを使って、彩り豊かに仕上げることでインスタ映えも抜群になりますよ。
豚肉に粉チーズと小麦粉を混ぜまぶしてから焼くので、クレソンの苦味と豚肉の相性が際立ちます。簡単なひと工夫によって、おしゃれでボリューミーな味わいに変身しますよ。
熱で水分が出てしまわないよう、ラッピングする際には具材も食パンも冷めていることを確認してくださいね。

どのレシピも調理時間は約15分と、忙しい朝や急遽もう一品欲しくなったときでも簡単に作ることができます。豚肉とたまねぎの甘みとうまみを上手に引き出したら、あとはお好きな野菜などを追加してアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部