秋のおいしいだいこんで作る、お子さまも喜ぶおかずレシピ5選

冬が近づいてくるとおいしくなる、だいこん。どのような料理に使いますか。店先のだいこんもつやつやみずみずしくなり、つい手が伸びますよね。でも、だいこん料理は、お子さまに人気が無くて一本食べ切るのは大変…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、お子さまも喜ぶ、だいこんのおかずレシピをご紹介します。

手作りホワイトソースでシンプルに「だいこんとチキンのクリームスープ」

チキンの出汁がおいしいクリームスープは、野菜のほんのりした甘味を引き出し、お子さまが苦手な野菜も食べやすくする、便利な調理方法でもあります。
今回ご紹介するレシピは、具材はだいこんと鶏もも肉だけとシンプルですが、バターと薄力粉で手作りするホワイトソースと、たっぷり入った牛乳と生クリームで、すっきり、かつ濃厚なスープに仕上げます。
このレシピでは、だいこんは電子レンジで下ごしらえしてお手軽に調理できますよ。だいこんの葉も使い、彩りもきれいに仕上げます。だいこんを電子レンジで加熱したときに出た水分も、そのまま使いましょう。電子レンジを使わない場合は、炒めてもOKですよ。

ごま油としょうがが食欲をそそる「鶏むね肉とだいこんのぽかぽか煮」

しっかりと味の染みた煮物は、だいこんをおいしく食べる調理方法のひとつですね。だいこんは煮込むことで辛みやくせが抜け、旨みが増すので、お子さまも食べやすくなります。
伝統的な和風の甘辛い味付けが、ご飯にぴったりで、野菜をたくさん食べられるのも嬉しいですね。
このレシピのおいしさのポイントは、隠し味に入れる ごま油。野菜を炒めるのにごま油を使い、煮汁にも加えて煮込むことで、その香りに食欲がそそられ、箸が進みますよ。このレシピでは、鶏肉と相性のよい生姜の千切りを使い、味に深みをプラスしていますが、お子さまが苦手な場合は省略しても大丈夫です。

お子さまにも喜ばれるおしゃれな一皿「だいこんと豚肉のミルフィーユ蒸し」

次は、お子さまにも喜ばれる、とろけるチーズを使った一品をご紹介します。チーズとだいこんは、少し珍しい組み合わせに思われるかもしれませんが、実は相性抜群です。
薄くスライスしただいこんの間に豚肉を挟み、合わせ調味料とチーズをかけて作ります。電子レンジで手軽に作ることができることも嬉しいですね。
ちょっとしたおつまみとしても、お客さまのいるおもてなしのテーブルにも、違和感なく馴染むお子さま向けの料理は、重宝したいものですよね。
だいこんとチーズの白さが映える黒っぽいお皿に丸く並べれば、見た目もとてもおしゃれですよ。

フライパンひとつでもう一品「だいこんの豚肉巻き甘辛煮」

野菜を豚肉でクルクルと巻いて焼き、照り焼き風の味付けをした「豚肉巻き」は、お子さまに人気の料理のひとつではないでしょうか。
苦手な野菜も、肉で包んで焼くことで旨みと甘みが増してして食べやすくなるので、色々な野菜と組み合わせて使われる調理方法のひとつです。もちろん、だいこんとも相性抜群。半月状に切っただいこんを豚肉でくるりと包み、フライパンで焼き付けたら、合わせ調味料を加えて蓋をします。
煮ながら味をしみこませるので、だいこんの下ごしらえが必要なく、手軽に作ることができます。豚肉に小麦粉をふると焼き色が付きやすくなり、しっかりとたれが絡みますよ。
よく味が染みているので、お弁当にもおすすめです。

塩昆布とマヨネーズでお子さまにも食べやすい「だいこんとしらすのサラダ」

旬のみずみずしいだいこんは、サラダにしてもおいしいものですね。
シャキシャキの生だいこんをそのまま使うサラダも良いですが、特に、だいこんの千切りを塩もみして使うと、辛みやくせが抜けてお子さまに喜ばれるのではないでしょうか。
このレシピは、塩もみしただいこんをマヨネーズと塩昆布で和えて、小ねぎとしらすをのせれば出来上がり。
もう一品ほしいときや、生野菜が食べたいときに、パパッとつくることができる、おすすめレシピです。だいこんの水気を取るときに手で絞りにくければ、ペーパータオルを使うと水っぽくならずに仕上げることができますよ。

いかがでしたか。お子さまから「またあれが食べたい!」と繰り返しリクエストが来ると嬉しいですよね。ぜひこの機会に作って、お子さまのお気に入りのレシピを増やしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部